挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

223/4820

適任者

《サイド:西園寺つばめ》

うぅ…。

眠たいわね…。

さすがに徹夜明けで報告書をまとめるのは無理があったと思うわ。

だけど仕事を途中で放り出すのは趣味じゃないのよ。

それに仕事を後回しにするのも好きじゃないの。

だからやるべきことをやり終えてから休むつもりでいたんだけど…。

さりげなく時計に視線を向けて見れば、
すでに時刻は午前9時を回っていたわ。

最後に睡眠をとったのは何時だったかしら?

そんな疑問さえ浮かんで来るわね。

ただでさえ慌ただしかった昨日だけど。

私達はそれ以前からも拘束結界の準備に時間を追われていたから、
まともに睡眠を取れた記憶がなかったわ。

ここ数日間、まともに寝ていないのよ。

そんな状況だけど。

書類の山が私の眠りをまだまだ妨げようとしているの。

「一体、何時になったら終わるのかしら?」

ルーン研究所の受付の奥にある休憩所。

そこで今。

書類の山を睨みつけるように眺めているところよ。

先程、天城総魔と美袋翔子を所長室に案内して、
そのあと彼等が帰っていくのも確認したから、
今のところこの研究所には職員以外は誰もいないはずよ。

そして、この研究所にあまり来客はないわ。

そのせいで当分は誰も来ないだろうと思っていたのよ。

なのに…。

そう思っていたのに、あっさりとその予想は崩れ去ったわ。

『コツンコツン…』と、階段を下りて来る足音が聞こえきたからよ。

職員の誰かかしら?

視線だけ向けてみる。

けれど姿を見せたのは職員じゃなくて制服を着た男子生徒だったわ。

「おはようございます」

礼儀正しく頭を下げて挨拶をする人物。

彼が御堂君だと気付いた私は急いで立ち上がって彼に歩み寄ることにしたわ。

「何か御用かしら?」

用件を問い掛けてみると。

「その、実験がしたいと思いまして…」

御堂君は頭を上げてから答えてくれたわ。

「…あらあら…」

言葉を詰まらせてしまうわね。

どう対応するべきかしら?

現在、実験関係の職員はほとんど眠りについているはずよ。

会場の事後処理に巻き込まれていたせいでこの時間は力尽きていることは間違いなしでしょうね。

先に撤収していた職員も似たような状況よ。

ここ数日の疲れが限界に達して倒れ込んでる現状だし。

正直に言えば私も早くお布団の中でゆっくりと休みたい気分だったわ。

そんな状況にあって彼の実験に協力出来そうな職員といえば…

候補は『一人』しか思い浮かばないわね。

瞬時に考えをまとめて、彼に話し掛けてみる。

「現在はほとんどの職員が休憩してるから大規模な実験は難しいけれど、そうでなければ直接『所長』に相談していただけるかしら?」

「あ、はい。分かりました」

素直に返事をしてくれる御堂君を眺めながら、心の中で歓喜の声をあげてみる。

普段ぐーたらでまともに仕事をしない黒柳所長が適任だと思うからよ。

みんなが疲れているこういう時にこそ、
所長らしく仕事をしてもらわないと割に合わないわ。

そう思うから所長も限界に達していることを知っていながら、
あえて御堂君の面倒を押し付けることにしてみたのよ。

「場所は分かるかしら?多分、所長室にいるはずなんだけれど…」

「あ、はい。大丈夫です。通い慣れてますから」

「そう。じゃあ、任せるわね」

通行の許可を出してから、私は休憩所へと戻ることにしたわ。

そんな私の後方で。

「失礼しました」

礼儀正しく挨拶をしてから所長室へと歩きだす御堂君。

その後ろ姿を一度だけ確認した私は、
再び書類の山に向き合うことにしたのよ。

「今度こそ…」

震える手を酷使しながら気力の限界まで報告書を書き進めることにしたわ。

1秒でも早く終わらせて寝るんだから…。

その意思だけで仕事を続けていく。

意識が途切れるのはまあ、時間の問題でしょうけどね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ