挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

222/4820

遭遇

《サイド:御堂龍馬》

特風会を離れたあと。

僕と沙織は魔術研究所にたどり着いた。

玄関を通って内部に足を進めてみる。

そして研究所に入ってすぐにある狭い受付の前で、一旦沙織と別れることにした。

「ここでお別れかな?」

「ええ、そうね。またあとで時間が合えばお昼でも一緒に食べに行きましょう」

「そうだね。僕の方はそんなに時間がかからないと思うから、お昼までには済ませられると思うよ」

「分かったわ。それじゃあ、お昼に食堂で待ち合わせしましょう」

「ああ。じゃあ、またあとで」

離れていく沙織を見送ることにした。

沙織は回復系魔術を専門に行う研究室に向かってるはずだ。

その背中を見送ってから、
僕はルーン研究所に向かうことにしたんだけど…。

それぞれの方角に向かう道の途中で予想していなかった人物と遭遇してしまう。

『天城総魔』と『美袋翔子』の二人がいたんだ。

彼等は地下のルーン研究所へと続く階段を登って、研究所の中を歩いてくる。

魔術研究所の通路は結構暗いからはっきりとは見えないけれど。

黙々と歩く彼に並ぶ翔子は楽しそうに微笑んでいるように思えた。

そんな二人の姿を僕はじっとみつめていると。

向こうも僕の姿に気付いたらしく。

二人も足を止めて僕に視線を向けてくれていた。

さて…と。

どう話し掛けるべきかな?

少し悩みながらも、二人に歩み寄ることにしてみる。

まずは挨拶からかな。

「やあ、おはよう」

「………。」

天城総魔は無言のままだけど。

「おはよう龍馬。調子はどう?」

翔子は笑顔で挨拶を返してくれた。

「僕は健康そのものだよ」

答えて翔子と微笑み合う。

「二人揃ってどうしたんだい?」

「え~っと、ね…。」

僕から視線を逸らした翔子が彼に視線を向けた。

その仕草はどことなく困っているように見えてしまう。

もしかしたら聞かない方が良かったのかな?

余計なことを聞いてしまったかな?って思ったけれど、
何かを訴えるかのような翔子の目に気づいた彼は無言のまま小さく頷いてた。

「いいの?」

問いかける翔子に彼は再び頷いてる。

そんな彼の行動を確認してから、翔子が僕に振り返った。

「えっと、ちょっとルーンに関して気になることがあったから、黒柳所長に話を聞きに行ってたのよ」

ああ、なるほどね。

先程の確認は僕の質問に答えていいかどうか?という問い掛けだったようだね。

それに対して彼は隠す必要はないって判断したんだと思う。

それが一連の流れだろうね。

目を合わせるだけで気持ちが通じ合う二人。

それだけでも彼と心を通じ合わせる事の出来る証だって言えると思う。

僕もそうなりたいと思うけれど、今はまだ早いかな?

とりあえずは話を続けることにしてみた。

「力を封印した影響に関してかな?」

「う~ん。どうなのかな~?それもあるけど、それはあんまり気にしてないというか…。どう説明すれば良いのかも分かんないんだけどね」

翔子は分からないと言って首を傾げている。

どうやら翔子自身はあまり詳しいことを知らないのかもしれないね。

そう判断して、彼に視線を向けてみた。

「何か収穫はあったかい?」

「いや、あまり進展はないな。思った以上に情報が少ないようだ。仮説から先へ進むには自分自身で実験を進めるしかないと言われたからな」

仮説と実験、か。

彼が何を考えて何を行おうとしているのかは分からないけれど。

その言葉には興味を惹かれるものがあった。

だけどそこに僕が参加することは出来ないと思う。

今はまだ彼は僕に対してそこまで心を開いてないっていう雰囲気があるからね。

だけど隠すつもりはないという意思も感じてしまう。

だからかな?

「興味があるなら、直接黒柳に聞いてみればいい」

彼は地下に視線を向けながら僕に情報をくれたんだ。

堂々とした態度だね。

一体何をしていたのか興味があるけれど…。

それを詮索するというのは気が引けるかな。

どうするべきだろう?

一瞬だけ頭を悩ませたけれど。

その間に彼は歩みを進めて僕の横を通り過ぎて行ってしまう。

「あ!?ちょっと、待ってよ!!」

慌てて彼を追い掛ける翔子を僕は黙って見送っていた。

どうしてかな?

それ以上何も言えなかったんだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ