挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

219/4820

崇拝

《サイド:美袋翔子》

はうぁ~。

話が難しすぎるわ…。

それが正直な感想かしらね?

だけど。

少しだけなら何となく理解出来た気もするわ。

要するに特性をそのまま発動するんじゃなくて、
個別に発動することが出来るかどうかっていう話よね?

たぶん、そういうことだと思う。

まあ、厳密に言うとちょっと違うかもしれないけどね。

大体そんな感じかな?って私は解釈したわ。

でもね~。

よくこんな難しい事ことを考えられるなぁ~って思う部分もあるわ。

ここにくるまで難しいことは全然考えてなかったし。

話を聞いた今でも完璧に理解出来たとは思わないからよ。

説明を受けても理解できないくらい私には手に負えない話だったの。

力を封印した影響でルーンが使えなくなったことは事実で、
現状としてどうなったのかを知りたいくらいには考えていたけど。

その結果としてこんな難しい話になるなんて全く思ってなかったわ。

だからそれだけで、やっぱり総魔はすごいって思ってしまう。

たった一晩でここまで考えるなんてすごくない?

私なんて成美ちゃんと楽しく過ごすことしか考えてなかったのよ?

ただでさえ私には理解出来ない書物を解読したうえに、
私には到底思い付かないような仮説まで作っちゃって…。

本当に総魔は凄いと思う。

尊敬と言うか…
憧れと言うか…

これはもう崇拝すうはいっていう感じかも?

そんな複雑な気持ちで総魔をしっかりと見つめながら。

黙って話の続きを聞く事にしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ