挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月6日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

209/4820

ある意味…

《サイド:美袋翔子》

う~ん。

通い慣れた男子寮…って言うと変な感じに聞こえるわね。

だけど。

毎朝ここに来てるせいで何となく見慣れた感じがあるのよね~。

とりあえず今日も男子寮の門の前で総魔が出て来るのを待つことにしたんだけど…。

この状況ってどうなのかな?

完全に待ち合わせって感じよね?

でも、何の約束もしてないから待ち合わせとは言えないのよね~。

勝手に待ってるわけだし。

ある意味…ストーカー?

うぅ~ん。

そうじゃないと信じたいけど、どうなのかな~?

見方次第よね?

だけど、やってることはそういうことなのよね~。

でもまあ…。

尾行と監視を言い出すと今更っていう感じもするわよね。

散々迷惑をかけてきたわけだし。

こうして待ってるだけなら別にいいわよね?

なんて、色々と考えちゃうんだけど。

最終的にどう思うかは総魔が決めることだから私があれこれ考えてもしょうがないわよね。

出来ることならさくっと寮の中に入って直接総魔を迎えに行きたいんだけど、
さすがにそれはできないわ。

男子寮に女子が入ることは禁じられているから、直接内部に入ることは出来ないのよ。

まあ、大人の都合ってやつよね。

ただ、私の場合。

諜報部の責任者としてあらゆる場所に立ち入る権限があるからその気になれば入ることはできるんだけどね。

だけどそのためには他に風紀委員の仲間が必要なのよ。

さすがに私一人だけで男子寮に突入するのは認められていないわ。

風紀上の問題とも言えるけど、
男の子の部屋に女の子が入るのは色々とまずいってことよ。

だから逆に女子寮に男子が入る事も出来ないんだけど、
だからといって寮の前で待ってるのが問題ないかといえばそうとも言い切れないのよね~。

色々と男女の仲を勘繰られるっていうのもあるんだけど。

それ以前の問題として、立場的に風紀委員の私が堂々と男の子を待ってるっていう状況が宜しくない気がするのよ。

昨日までなら『任務だから』の一言で押し通せたんだけどね。

今はそうじゃないのよ。

単純に好きな人を待ってるだけの恋する女の子的な立ち位置なの。

この状況を知り合いに見られるとわりと本気で恥ずかしい気がするわ。

でもね。

それでもここで総魔を見失うと探し出すのが結構難しいと思うのよ。

最終的には風紀委員の仲間に協力してもらって捜索することはできるんだけど。

それも公私混同って感じがするじゃない?

だから無理やり協力してもらうわけにはいかないし。

適当な言い訳を考えるのもどうかと思うのよね。

特に総魔の場合。

捜索しようと思ったら結構本気で包囲網を構成しないとそうそう簡単に発見させてくれないのよ。

実際に尾行を振りきられかけた私としては数さえ揃えれば捜索できるなんて思えないし、楽観もしていないわ。

ちゃんと自分で考えて行動しなきゃいけないっていうことを嫌っていうくらい実感させられてるわけだからね。

他人任せにできる余裕はないって思うのよ。

で、まあ、そう考えて寮の入口付近で待機してるわけだけど。

門の向こうに視線を向けても全然知らない男子達がいるだけで肝心の総魔の姿は見えないわ。

いつ出て来るのか分からない上に寮にいるかどうかさえも判明してない状況だから、
ここでただじっとしてるのが正しいのかどうかさえ分からなくなってくるんだけど…。

だからって直接確認しに行きたいって思っても中に入ることは出来ないしね~。

誰かに話を聞こうにも、総魔のことを知っている生徒なんて圧倒的に少ないと思う。

たぶん。

私達以外に総魔と関わりのある生徒なんていないんじゃないかな?

強いて言うなら美春くらい?

それでも知り合いっていう程度でしょうし、
そもそも女子だから男子寮にはいないわ。

…となると。

誰も思い浮かばないのよね~。

友達がいないって言ってしまうと寂しい感じがするけど、
総魔はそんなことを気にしてないでしょうし。

多分、私達でさえも総魔にして見れば知り合い程度なのかも知れないわ。

だから不安になってしまうのよ。

総魔にとって私達は必要のない存在なんじゃないかな?って思ってしまうから。

だから不安になるの。

総魔はそんなことを口にしたことはないんだけど。

本当は迷惑に思ってるんじゃないかな?って思っちゃうのよ。

実際問題、総魔は私達のことをどう思ってるのかな?

はっきり聞いてみたい気持ちと、
答えを聞くのが怖いって思う気持ちが混ざり合って複雑な気持ちになっちゃうのよね~。

今ここで待っていることさえ総魔には迷惑なんじゃないかな?って考えちゃうくらいだしね。

こんなふうに誰かに気を使うような考え方なんて、
今まで一度もしたことがなかったような気がするわ。

う~ん。

いつからこんなふうに考えるようになったのかな?

ただ待っているだけなのに、自然と緊張が込み上げてくるのよ。

そしてどうしていいのかが分からなくなってくるの。

総魔に会いたいとは思う。

だけど迷惑だなんて思われたくないとも思うの。

そんな両極端な葛藤かっとうで不安になる心。

徐々に逃げ出してしまいたくなる私の視界に…

不意に総魔の姿が映ったような気がしたわ。

「…総魔…?」

自分でも驚くほどの勢いで総魔を探してた。

何十人といる生徒達の奥の方で動く一人の男子。

総魔の姿を捉えて、私の緊張は一気に高まっていったのよ。

どうしよう!?

って言うか、どうすればいいの!?

いつものように話し掛けたほうがいいかな?

それとも時間を置いて様子を見たほうがいいかな?

うあ~、どっちが正解なの!?

悩み、戸惑う私の心。

怖がる必要なんてないって思い込もうとしてもね。

体は緊張で動かないの。

総魔に会いたいって思う気持ちと迷惑をかけたくないって思う気持ち。

二つの心が揺れ動いて、身動きが取れなくなってしまったのよ。

その間にも総魔は歩みを進めて私の方へと近づいて来てる。

そして私達の距離はすぐに縮まってしまう。

だから当然のことなんだけど、門の前で立ち尽くす私の姿に総魔は気付いてくれたわ。

視線を向けて、私を見つめる総魔がすぐそこにいるの。

ただそれだけのことで私の心は自分でも訳が分からなくなりそうになってしまったわ。

ど、ど、ど、どうしよう!?

なんて話しかければ良いのっ?

激しく慌てる心はもう冷静になんてなれない。

何を考えればいいのかさえ考えられないの。

そんな私にゆっくりと歩みを進めた総魔がすぐ側にまで近付いてきてくれたわ。

そして…。

「毎朝待っているつもりか?」

私の行動に対して質問してきたのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ