挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月5日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

183/4820

力の均衡

《サイド:天城総魔》

何度も交わる二振りの剣。

がむしゃらに振り回された聖剣の刃を魔剣で難なく受け止めたてみせたのだが、
おそらくその一瞬の攻防に賭けていたのだろう。

御堂が反撃に出た。

「ジャッジメント!!!」

再び発生する星のきらめきだが、先程の展開とは違うようだ。

今回は俺に向けてではなく、試合場全土に向けて発動させている。

光り輝く御堂の体の目前に巨大な光が現れて、
全方向に向けて星のきらめきが放たれたのが分かった。

時間を稼ぐための無差別攻撃か?

まずは地震を対処するために俺の動きを止めようと考えたのだろう。

回避不可能な無差別攻撃によってこちらを牽制し。

試合場に向けて攻撃を仕掛けようとしている姿が見えた。

悪くはない判断だ。

間に合えば、だがな。

御堂にとっては手加減なしの攻撃のつもりだろう。

星のきらめきによる無差別攻撃によって周囲一帯に破壊の嵐が試合場全土に巻き起こるはずだ。

だが、それを黙って見過ごすつもりはない。

そうさせないために御堂の隙を見逃してまで圧縮魔術を保管していたのだからな。

「お前はまだ、俺を甘く見ているようだな」

「甘く?それは、どういう…」

意味を問われる前に宣言する。

「一度目にした魔術なら自由自在に使えることを覚えておけ」

御堂の考えの甘さを指摘してから圧縮魔術を展開してみせる。

「ジャッジメント!!!」

「なっ!?」

すでに習得していた魔術を発動させたことによって御堂の表情が凍りつく。

「そんなっ…!?」

御堂が自ら考案した独自の魔術であり、
最強の魔術でもあるジャッジメントを俺が使用したことが信じられない様子だ。

目の前の事実を見て表情を青く染める御堂だが、
俺の魔術が御堂の劣化版などということはない。

単なる物真似では実現出来ない本物同等の威力によって、
互いのジャッジメントは共に相殺し合ってあっさりと消失する。

「そんなバカな…っ!?」

驚愕に彩られる龍馬の表情だが、俺は冷静な態度のままで魔剣を構える。

「言っておくが、驚いている暇などないはずだ」

有無を言わさず、御堂へと切り掛かる。

「全力で攻めると言ったのを忘れるな」

「くっ!」

魔術が失敗した事実を即座に切り捨てて。

御堂はもう一つの魔術を発動させてきた。

「グランド・クロス!!!」

聖剣が光輝き。

前方に向けて突き刺すような極光が放たれる。

「吹き飛べっ!!!!!」

思いを込めて力を解放する御堂だが、その攻撃さえもすでに見切っている。

「無駄だ」

同質の光を放ち。

向かい来るグランド・クルスの光を切り裂いてからさらに加速する。

「まさか、グランド・クルスまでっ!?」

再び極大魔術が相殺されたことで戸惑う御堂だが、
俺はすでに攻撃態勢に入っている。

「お前の力、そのまま全て返してやろう」

再びグランド・クルスを魔剣に纏わせて全力で御堂に斬りかかる。

「滅べっ!」

「くっ!?」

必死の抵抗を見せて振り上げる御堂の聖剣の刃と上空から振り下ろす魔剣の刃がぶつかり合った。

『ガキィィィィィィィィン!!!!!』

これまで以上の激突音が鳴り響き、一瞬だけ両者の動きが止まった。

だが、それは本当に一瞬だけだ。

力の均衡はすぐに崩れ。

一方が急速に追い込まれていく。

「ぐっ、うう…」

必死に押し返そうとする御堂の抵抗が結果に結びつくことはない。

もうすでに、結果は出ているからな。

「お前の負けだ、御堂。」

「違う!まだだっ!!!」

気力だけで耐え凌ごうとする御堂だが、
その思いが叶わない事は聖剣そのものが物語っている。

「残念だが、もう終わりだ」

魔剣と交わり合う聖剣が徐々に光を弱めていく。

「まっ、まさか…!?」

「そう、そのまさかだ」

「くっ!!!」

徐々に追い込まれている事実に御堂は気づいただろう。

これまでに奪われた魔力と攻撃によって失った魔力。

それらの影響によって俺の魔力が御堂を完全に越えたということにだ。

いや、正確に言うなら御堂の魔力が俺を下回ったと言うべきか。

魔剣に抵抗する事が出来ずに、御堂の聖剣が刻一刻と力を失っていく。

その状況に御堂は気づいた。

「僕の…力が…」

全てを支配するはずのエンペラーソードが、今はソウルイーターに喰われようとしている。

「まずい…っ!!」

逃げ出そうとする御堂だが、
身動きの取れない状態では逃げることさえできない。

頭上を抑えられ。

試合場に押さえ込まれている今の御堂は数分前の俺と同じ状況だ。

違うのは互いの立場が逆転したということだけだ。

「ここでお前は沈む。逆転はもう…不可能だ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ