挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月5日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

174/4820

外出禁止

《サイド:黒柳大悟》

試合開始まで残り2時間をきったな。

時刻は既に午後5時を過ぎている。

まもなく日が暮れるだろう。

俺は現在、先行して第1検定試験会場にいる。

理由は研究所の幹部達を呼び出して集合をかけているからだ。

試合後を考慮して拘束結界の準備を進める為でもあるのだが、
幸いなことに天城君や御堂君達はまだ姿を見せていない。

まあ、予定よりも早く来る理由はないから当然か。

とは言え。

こちらの準備もあまり進んでいないからな。

時間はあっても順調とは言えないだろう。

幹部達に任務を与えてから僅か数時間しか余裕がなかったということもあって、
まともに準備を進める時間が足りなかったと思う。

もう少し余裕があればそれなりの形になったかもしれないが、
出来なかったことを悔やんでも仕方がないだろう。

今は出来る事を精一杯やるしかないからな。

さしあたって拘束結界の準備を整えるしかないんだが…。

西園寺君達はまだだろうか?

会場の入口で待ち続けていると。

しばらくしてから。

観測班の峰山みねやま
分析班の藤沢ふじさわ
制作班の大宮おおみやの3人が部下を率いて会場に到着した。

「お待たせしました」

「よし!来たか!大宮はすぐに準備に取り掛かれっ!」

「分かりました!!」

即座に部下を引き連れて試合場へと駆け出していく大宮達を見送る。

そして次に峰山へと視線を向ける。

「西園寺君はどうだ?」

「まだもう少し時間が必要です。開始時刻までには間に合わせますが、今はまだこちらに来れる状況ではありません」

…そうか。

やはり時間が足りないようだな。

仕方がない。

「それなら藤沢君の方はどうだ?」

「おおよその解析は完了しています。あとは観測班側での結果次第で微調整が必要かと思います」

ふむ。

この短時間ではやはり無理があるか。

だが、文句を言っている暇もない。

「出来る限りの準備を始めよう」

残り時間を気にしつつ。

峰山と藤沢君の二人に新たな指示を出す。

「もう一度検定会場を封鎖する。ただし今回は入場を無制限として退場のみを禁止とする!!」

外部からの進入をせき止めてしまえば異変に気づかれてしまう可能性があるからな。

外部からの進入を全て受け入れて、
会場からの外出だけを禁止しておけば情報が外に漏れる心配はないだろう。

「会場の出入り口に職員を配備して外出に規制をかけろ!!これは学園の許可を得た正式な任務だ!!遠慮はいらない!徹底的に情報を封鎖しろ!!」

「了解しました!!」

検定会場の情報封鎖に向けて動き出す峰山と藤沢。

ここまでしても完全に情報を封じ込めるのは不可能かもしれないが、
時間さえ稼げればそれで良い。

今から人払いを行っていては時間的に間に合わないからな。

だから今回は入場に制限をかけることを諦めて退場だけを禁じる方法をとった。

これなら時間に追われることがないからな。

今から試合終了までのおよそ2時間を外出禁止にする。

その厳命の下で各係員達を強制的に引き止めて、
偶然居合わせた生徒達を強引に足止めする事にした。

その突然の行動に抗議する者も出てくるが、そんなことに構っているヒマはない。

僅か2時間だけだと説得しながら、会場の入口を封鎖していく。

残された時間はあと僅かだ。

俺達は着実に準備を進めて行くことにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ