挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月5日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

152/4820

溢れる笑み

《サイド:黒柳大悟》

この数日間。

ずっと寝る間も惜しんで悩み続けてきたこの問題に彼はどんな答えを導き出すのだろうか?

今はただじっと待ち続けている立場だが、
実際に待っていた時間は僅か数分だっただろう。

黙って様子を見ていると、不意に彼の瞳が開かれた。

「おおよその理論は完成した。まずは実験がしてみたい」

彼の言葉を聞いた瞬間に。

俺は無意識のうちに立ち上がっていた。

「見せてもらおう」

自然と笑みが溢れるのを抑えきれない。

この研究所において最高の頭脳を持っていると自負する俺を彼が超えるのかどうか?

その答えが知りたくて仕方がなかった。

「準備を再開させろ!」

扉の外に向かって大声で指示を飛ばした瞬間に。

「分かりました!」

西園寺君が応えてくれた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ