挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月5日

140/4820

総魔の弱み

《サイド:北条真哉》

はっ!

なるほどな。

どおりで戦い方が消極的だと思ったぜ。

やたらと消極的に戦う総魔を見ていたことでようやく弱点に気づいた。

正確に言えば弱点という表現は正しくないかもしれねえが、
総魔の弱みに気づいたという意味では正しいはずだ。

あいつが必死に隠している事実。

それはあいつの魔力が『思っていたほど高くねえ』ってことだ。

当初の予想ではあいつの魔力は俺よりも圧倒的に高いと思い込んでいた。

それこそ俺の魔力をあっさりと飲み込んでしまうくらいに考えていたんだが、
その予想は間違っていたようだ。

総魔の魔力は想像していたほど多くなかったからな。

少ないとは言わねえが、脅威と感じるほどじゃねえな。

翔子並の魔力は感じるが、この程度なら恐れる理由にはならねえ。

ただ単純に魔力が多ければいいっていう話でもねえし、
もしもそうならすでに沙織が学園1位になっているはずだからな。

だが現実はそうじゃねえ。

魔術や魔力以上の才能が重要視されるんだ。

だからこそ俺は学園2位であり、
沙織よりも格上の存在として周囲に認められてるんだからな。

現状ならまだ俺のほうが魔力は上だ。

吸収の能力に関して何も知らないからだが、
単純に一晩では魔力が戻り切らなかったのだろうと判断することにした。

そして今ならまだ魔力の総量は『あいつを上回っている』と結論をだした。

今ならまだ狙えるはずだ。

両手で携えるラングリッサーを構え直して、
この数分の攻防で得た情報を基に俺と総魔の実力を比較し直す。

すでに総魔は俺の特性に気付いたかもしれねえな。

だが俺はまだ本当の意味での全力を出してねえ。

特性から生み出される本当の力を気付かせない為に、
わざと手加減して行動していたからな。

だが、もしも総魔が俺の能力に気付いているのなら、
もう力を隠す必要はねえだろう。

俺の能力を甘く考えている間にぶっ飛ばしてやるぜ。

今ならまだ油断しているはずだからな。

ルーンを持つ手に魔力を込める。

全力で突撃してやる!!

最強の一太刀を入れるために。

ラングリッサーの真の力を解放する。

…その瞬間に…。

俺の手に握られたラングリッサーが、
熱気すら感じさせるほどの微細な振動を起こした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ