挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

127/4820

事実上

医務室を出てから数分後。

私と龍馬は学園の中庭に移動しました。

当然と言えば当然なのですが、校舎の外は夜の景色です。

見上げてみると沢山の星の光がきらめいているのが見えます。

とても綺麗だとは思いますが、
今はのんびりと眺めている時間はありません。

移動が優先です。

龍馬と二人で中庭を進んでいきます。

ただ、学園内を歩いていると時々不思議に思うことがあります。

お昼でも夜でも気温の変化がないからです。

本来なら4月の夜はまだまだ肌寒い季節ではないでしょうか?

ちゃんと上着を着なければ風邪をひきかねない気温だと思います。

ですが。

学園内に限って言えば、季節の変わり目という感覚は存在しません。

広域魔術である気温調整魔術『フラワー』によって安定した温度調整が行われているからです。

真冬でも真夏でも。

昼でも夜でも。

学園内において気温の変化はほとんどありません。

魔術によって自動的に調整されているからです。

例え町が雨で濡れようとも。

国中に雪が降り積もろうとも。

学園内の気候は一切左右されません。

常に快適な気温が維持されるようになっているからです。

そのおかげで夜9時を過ぎた時間であっても肌寒いということはありません。

快適な気温が保たれているからです。

研究所で生み出される魔力によって、
学園内は夜でも絶やす事なく明かりをともし続けられています。

今、私達がいる中庭もそうです。

幾つも建ち並ぶ街灯によって明るく照らし出されています。

特に学園の中庭は数多くの花壇や植木が整備されていますので、
学園自慢の休憩所として大切に手入れがされています。

なので街灯も多く、暗くて何も見えないということはありません。

昼間に訪れれば数多くの生徒達が食堂がわりに食事に訪れますし、
夜になればあちらこちらに恋人達の姿が見られる場所でもあるからです。

そんな中庭の中心にある最も良く手入れされている綺麗な円形の花壇。

その周辺は街灯のおかげで特に明るくて見通しが良いせいか、
恋人達が集まることはほとんどありません。

目立ってしまいますからね。

人気の少ない場所では恋人達が愛を語らったりするそうですが、
見通しの良い花壇の側に備え付けられているベンチには今のところ誰もいないようでした。

「とりあえず、ここでいいかな?」

「ええ、どこでもいいわ」

今は恋人同士の語らいをしたいわけではありませんから。

堂々と見通しの良い場所を選んだ龍馬に微笑みを浮かべながら頷きます。

そして花壇を取り囲むように幾つも配置されているベンチの一つに二人で腰掛けました。

状況的には夜のデートという感じがありますが、
私達の目的は天城君に関する話し合いです。

気を抜くことはできません。

「さて、と。色々と聞きたいことはあるんだけど、とりあえず気分はどうだい?」

「私なら大丈夫よ。多分、翔子と同じじゃないかしら」

天城君との試合後。

医務室で目覚めた翔子が絶好調だと言っていた意味が今ならよく分かります。

自分でも驚くほど調子がいいからです。

「多分、彼の治療の影響で回復魔術が体の中に残存しているんだと思うわ。実際にどういう方法なのかは聞いてみないとわからないけれど、強制的な治療によって起きるはずの副作用を排除するために持続性のある魔術を残しているんじゃないかしら?」

「へー、なるほどね。僕は回復魔術がそれほど得意じゃないから詳しいことはわからないけれど、もしもそうなら翔子や沙織が助かった理由が納得できるよ」

「ええ、私も概念がわかるだけで理論までは分からないけれど、多分、そういうことだと思うわ」

方法は分かりませんが、推測は間違っていないと思います。

そう思える程度には魔術の知識を蓄えているつもりだからです。

「私なら大丈夫よ。たぶん、副作用が完全に消え去るまでは普段よりも調子がいいように感じられると思うから」

「そうか、それなら心配いらないね」

私の体調が良くなった事を理解してくれたようで、
龍馬は本題に入る事にしたようでした。

ただ、いくら心配がないとは言え、
あまり遅くまで時間をかけるわけにはいかないと判断してくれたのでしょうか。

「さっそくで悪いけど、彼の話を聞かせてくれないかな?」

龍馬は手短に話を進める事にしたようです。

「一応、話は聞いてるよ。彼と戦ったそうだね」

龍馬に問い掛けられたことでコクリと頷きます。

そして頭の中で話べきことを整理することにしました。

「どうだった?」

「…そうね。」

何から話せばいいのでしょうか?

何を話すべきでしょうか?

色々と考えてはみましたが、結論はすぐに出てしまいます。

なぜなら。

話せることが何もないからです。

「ごめんなさい。正直、今でも良く分からないの」

何も思い浮かびませんでした。

いえ、思い浮かばないというのは違いますね。

幾つか思うことはあるのですが、
話す必要があるほどの内容ではないというべきでしょうか。

翔子や北条君が調査した内容はすでに報告書にまとめて龍馬に届けてあるはずです。

なので私は報告書にない情報を龍馬に伝えなければならないのですが、
新たな情報と言える事柄が何も思い浮かばないのです。

調査は失敗したのですから当然ですね。

何も言えません。

自分の失敗を改めて感じてしまったことで、自然とため息を吐いてしまいました。

「天城総魔。彼の力を分析しようと思ったけれど、結局何も出来なかったわ」

悔しさを感じて俯いてしまいます。

当初の目的であった天城君の調査は進展がなかったからです。

例え私が負けてもあとに繋ぐことのできる情報を引き出す事さえ出来れば戦う意味はあると考えていたのですが、試合の結果は惨敗です。

新しい情報を得るという目的は失敗しました。

むしろ、翔子のほうが頑張っていたのではないでしょうか?

異常なまでの強さを持つ天城君ですが、
それでも攻撃する事が可能であるという事をすでに翔子が実証しています。

そして霧の結界の限界という分析も完了していたはずです。

だから私が出来たことと言えば、
アルテマも相殺が可能だということが実証できたことでしょうか?

ですがそれは、あくまでも今回だけでしかありません。

次も相殺できるという保証はどこにもないからです。

アルテマとは複合魔術の総称なので、
常に全く同じ力を持っているわけではないはずです。

その内容は常に変動するものだと思います。

翔子の時と比べてみれば、
私が受けたアルテマは2倍に近い破壊力を秘めていたように思います。

ですから。

全く同じ構成というのはあまり見れないと思います。

ありとあらゆる魔術が複雑に絡み合って発動する大規模魔術なので、
一度耐え切れたからといってもう一度相殺できるかと問われれば、正直答えは分かりません。

上手くいく可能性もありますし、
失敗する可能性もあるはずです。

常に変化する公式を最短時間で解き続けなければならないのと同じ状況ですね。

そんな無茶が100%成功する保証はどこにもありません。

そして。

最も恐れるべきルーンと言えるソウルイーター。

この力を押さえる方法は現時点では存在しないと言えるでしょう。

触れれば即座に魔力を失ってしまうからです。

それでも強引な対処方法を考えるとすれば、
天城君を上回る魔力によって力付くで押さえ込むことくらいです。

それなら実現可能かもしれません。

ですが翔子と私には出来ませんでした。

おそらく北条君でさえ不可能だと思います。

唯一それが出来るとすれば龍馬ただ一人だけなのかもしれません。

理事長にとっても最後の切り札であり、
学園内において最強の生徒が龍馬だからです。

おそらく龍馬だけが天城君と対抗できる人物だと思います。

だからこそ、龍馬に視線を向けて小さな声で謝ることにしました。

「ごめんなさい。私には何も出来なかったわ」

本当に謝ることしか出来ませんでした。

ですがそれでも龍馬は私の努力を認めてくれるようです。

「いや、そうでもないよ。すでに真哉からある程度の話は聞いているからね。沙織との試合によって彼の限界値は明らかになったそうだよ。それだけでも十分すぎるほどの意味はあるんじゃないかな」

もっとも考慮すべき天城君の限界。

それだけは明らかになったようです。

「彼の魔力が尽きたの?」

私は試合中に倒れてしまったので詳しい経過は知らないのですが、
北条君からの報告によって龍馬はすでに話を聞いているようでした。

「ああ、彼の魔力は間違いなく底をついたよ」

私に力を分け与えたことによって、
天城君の魔力は限りなく0に近づいたそうです。

それはつまり、天城君の魔力が私以上ということでもあります。

私の魔力を完全に回復させたのですから、
単純に計算しても私より少ないということはありえません。

その前提を考慮したうえで考えるとすると。

『私と翔子に分け与えた魔力』と『試合と治療に消費した魔力』を加算すれば、
おおよその推測は可能になるでしょうか?

他の試合の細かい情報はありませんが。

単純に考えても天城君の魔力は翔子の軽く3倍程度。

私と比べても倍以上ある事になると思います。

あくまでも単純な目安でしかありませんが。

それぞれの魔力を比較した場合。

天城君を10とするなら。

私は5~6、
翔子なら3~4、
龍馬なら4~5という計算になるでしょうか。

魔力の総量だけで言えば龍馬よりも私が上ですので、
私を上回っている時点で龍馬よりも魔力が上回っているのは間違いありません。

現時点でも差があるという状況で、
もしも北条君との試合で魔力を吸収した場合。

天城君の魔力が龍馬の3倍にまで拡大する可能性があると思います。

その可能性を考えれば北条君との試合の結果次第では学園最強の龍馬といえども一切油断出来ないでしょうね。

いまだに未知数の力を持つ天城君の魔力の総量を知る事は出来たようですが、
それだけとも言えるからです。

彼の実力までは分析しきれていないのが現状です。

魔術の実力と共に分析力や判断力に一目おかれる私に与えられた大賢者の称号ですが、
それほどの称号を持つ私でさえも把握できない存在が天城君なのです。

事実上『調査は不可能』という事が証明されてしまいました。

そうなれば、出来る事はあと一つだけです。

直接戦って実感することだけしかありません。

情報収集が出来ないのなら、あとは直接戦うしかないのです。

その結論にたどり着いたのでしょうか?

龍馬は話を終えて立ち上がりました。

「話を聞かせてくれてありがとう。せっかくだから寮まで送るよ」

私の手を引きながら、龍馬は女子寮へと歩きだしました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ