挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

114/4820

出来る人間の言葉

右手で杖を持って、左手を天にかざす。

まるで祈るような仕種だ。

気品と美しさを兼ね備えた沙織の姿は神聖な巫女のようにさえ思える。

「大賢者の名の下に…」

ついに沙織の攻撃が始まるようだ。

「全ての力を今ここに!!」

魔術の詠唱を終えた沙織が惜しみなく魔力を開放する。

最上級魔術の乱舞とでも言うべきか?

しっかりと俺の姿を見据えながら、
展開した魔術を解き放ってくる。

「全ての『属性』をもって、あなたの力を見定めます!」

掲げた左手と構える杖の先端から次々と放たれる数々の魔術。

そのどれもが驚異的な破壊力を持っているのは間違いないだろう。

並の魔術師なら即座に崩れ落ちるであろう威力を感じさせる凄まじい攻撃だ。

翔子の光の矢と同様かあるいはそれ以上。

これらの攻撃を受ければ致命傷は避けられないだろう。

…だが。

放たれる攻撃がどれほど強力であろうとも、
それが魔術である限り対処は可能だと思う。

どんな魔術が襲って来ても魔剣で斬り裂けばいいからな。

この程度であれば霧すら必要ないだろう。

破壊力は翔子よりも上だ。

魔術の精度も申し分ない。

ありとあらゆる点において翔子よりも格上だと認める。

だが、一点だけ翔子に劣る部分がある。

それは『速度』だ。

速射能力においては翔子が大きく上回っている。

だからこそ翔子の攻撃は回避できなかった。

魔剣による迎撃が追いつかなかったからだ。

だが沙織の魔術は違う。

どれほどの高威力であっても、当たらない攻撃に意味はない。

この程度の攻撃速度であれば十分に対応できる。

沙織の魔術は迎撃が可能な範囲内に思えるからな。

だから現時点では霧を生み出す必要がない。

…とはいえ。

次から次へと魔術を発動させて、
あらゆる属性を使いこなす才能は賞賛に値するだろう。

魔術師としての格は間違いなく最上位だ。

これまで対戦した相手の中で最も手ごわい相手といえるはずだ。

大賢者と呼ばれる沙織の実力は決して伊達だてではない。

「恐ろしいほどの構成力だな」

全ての魔術に無駄がないからだ。

ありとあらゆる魔術が次へと繋がっていく。

単独で発動しているにも関わらず、
複数の連携を感じさせる技量はまさしく賢者の才能というべきかもしれない。

「魔術の技術に関してはそれなりに自信を持っていたのだが、この状況ではあまり偉そうなことは言えないな」

魔術の技量においては沙織に負けるだろう。

その事実を素直に認めたのだが、
沙織は異なる感想を抱いたようだ。

「羨ましいほどの反射神経ですね。今まで沢山の人達と戦ってきましたが、ここまで魔術が通じないのは初めてかもしれません。」

そうだろうか?

「慣れればそうでもないだろう?」

「いえ…私には無理そうです。」

「できないと思えばできない。ただそれだけだ」

「それは出来る人間の言葉ですよ」

「その言葉をお前は誰にも言われたことがないのか?」

「………。」

大賢者という称号を得た沙織も十分すぎるほど平凡を逸脱しているはずだ。

俺の反応速度を羨ましく思うのは勝手だが、
沙織の才能を羨ましく思う者達も数多くいるだろう。

「俺からすればこれほど多彩な魔術が使いこなせることのほうが羨ましいと思う」

「そうでしょうか?当たらない攻撃に意味はありません」

「そこを工夫するのが戦いというものだ」

「それこそ強者の発言ではないですか?」

「余裕を見せているのはお互い様だろう?」

羨ましいと言いながらも次々と大魔術を発動する沙織の攻撃に一切の手加減は感じられない。

試合前に宣言していた通り。

全力で魔術を展開しているのだろう。

それでも魔力が減少しているように思わせない沙織こそ、
余裕を見せているように思えてしまう。

「話しかけて油断させる作戦か?」

「…いえ。ただ純粋に悔しいと思うだけです」

圧倒的な威力を込めた魔術を惜し気もなく連発する沙織だが、
それでもかすり傷一つ作れないことを悔しく感じているようだ。

「ここまで悔しいと思えたのは初めてかもしれません」

試合開始からすでに5分以上経過しているだろう。

その間に放たれた魔術は実に30に及ぶと思われる。

それでも何一つとして魔術が当たらないでいるからな。

悔しがるのも当然かも知れない。

「こんなにも歯がゆい思いは初めてです。」

沙織の体に秘められた魔力は翔子を大きく上回るだろう。

正確な差はまだ分からないが、
北条と比べても沙織のほうが上に思える。

魔力の内包量だけを見るなら、
研究所で見た青年よりも上かもしれない。

それほどの魔力を持つ沙織だが、
どれほどの魔力を持っていたとしても魔術の能力は変わらない。

誰が使ったとしても、
等しく同じ効果を生み出すのが魔術だからな。

使い手によって魔術の効果が変わることはない。

だからこそ今までありとあらゆる魔術を切り裂いてきた魔剣には、
いかなる魔術も通じないと言える。

どんなに強力な魔術を使ったとしても、
決して当たることはないはずだ。

「やっぱり、魔術戦では不利ですね…。」

沙織が徐々に焦りを見せていく。

今はまだ魔力に余裕はあっても、
それはあくまでも今の話だ。

無駄に魔術を放ち続ければ、
いずれ必ず魔力が底をついてしまうことになるからな。

その瞬間に沙織の敗北は決定するだろう。

沙織は魔術を使うほど魔力を減少させるが、
俺は吸収した魔術で魔力を増すことができる。

この差は大きい。

長期戦は圧倒的に沙織が不利だ。

だからこそなんとか状況を好転させなければならないと考える沙織だが、
なかなか決定的な一手が打てないでいるようだな。

「正面突破が無理ならこの魔術で!ヴァジュラ!!」

一瞬の閃光。

沙織の杖が輝きを増した直後に杖の先端に生まれた光の塊が炎のようにうねりながら直進し始める。

そして魔剣の射程圏内に入った瞬間に、
広範囲に拡散しながら俺の体を包み込んだ。

「これならどうですか!?」

おそらく沙織にとっての切り札だったのだろう。

この魔術なら通じると考えていたのかもしれない。

今までの流れを変えて、
変則的な動きによってかく乱攻撃に出た沙織の魔術は、
ついに魔剣の迎撃をすり抜けて確かな一撃を与えてくれた。

「ちっ!」

油断していたつもりはなかった。

だが、俺の予想を超えた魔術の動きに反応しきれずに沙織の魔術を受けてしまうことになった。

今の攻撃は翔子が初手に放ったチェックメイトと同質の攻撃だったように思える。

速度は劣るが能力は同等だろう。

いや、動きを読ませない変則的な軌道は翔子以上に厄介だったかもしれない。

「なるほどな。それがお前の力か」

沙織の能力を甘く見ていたようだ。

防御特化だと思っていたが、それは間違いだった。

沙織の力は『無効化』だけではなかったからな。

「もっと早く気づくべきだったな」

すでに情報は揃っていたにもかかわらず、
それでも答えにたどり着けていなかった。

これまでの言動によって沙織の能力が防御特化だと思い込んでいたからだ。

だが、沙織の能力は防御特化ではなかった。

「ようやく気付いたようですね。」

「ああ、やっと理解できた。」

あらゆる魔術を『相殺する力』とは、
逆転させれば、あらゆる魔術を『発動できる力』とも言える。

相手の魔術を相殺しながら相手の弱点を突く。

的確に攻守を切り替えながら対戦相手を翻弄する。

それが沙織の戦い方なのだろう。

「つまり、それが大賢者の力か」

「ええ、そうです。ありとあらゆる魔術を使える者。それが大賢者の絶対条件です」

防御の才能があるだけでは足りない。

攻撃の才能もあってようやく得られる称号。

それが大賢者なのだろう。

俺が能力の意味に気づく前に先制攻撃を狙った沙織の一撃は確かに有効な一手だったと思う。

幸い致命傷には至らなかったものの。

あと数秒、対応が遅れていたら敗北していたからもしれない。

だが、今回は耐えしのげた。

そして今の一撃によって沙織が無効化だけに頼らずに攻撃力も兼ね備えている事が理解できた。

「なるほどな」

これなら3位も頷ける。

翔子が勝てないのも当然だ。

攻撃特化の翔子では相性が悪すぎるだろう。

万能型には安定した強さがあるからな。

揺らめきながら消え去る光の炎。

その内部に俺はいるわけだが。

火傷を負いながらも炎の影響から耐えしのいだことで、
軽傷ですんだ俺を見ていた沙織は唇を噛み締めているようだった。

「これでも、倒せないのですね…。」

今まで何人もの生徒達を戦闘不能にしてきたであろう魔術が通じなかったことを悔しく思っているようだな。

いや、その程度ではないか。

おそらく魔力を吸収された可能性が高いことを理解しているのだろう。

最悪の可能性に気づいている沙織は焦りをあらわにしている。

打つ手なし、か?

実際にどうかは分からないが、どうやらここまでのようだな。

「そろそろ限界か?」

「う…っ。」

図星だったようだ。

切り札さえ通じなかったことで攻撃手段が限られてきたのだろう。

先程まで見せていた余裕が今では完全に消え去っている。

「お前の実力は認めるが、戦いの相性が良くないようだな」

現時点での俺の能力は防御特化だ。

魔剣は攻防一体ではあるが、
どちらかと言えば防御能力を重視しているからな。

魔力の吸収を主軸としている。

だからこそ、あらゆる魔術に対して防御性能が高いということになる。

特に沙織の場合。

俺との相性は最悪と言えるだろう。

沙織の攻撃は強力だが単発系が多い。

翔子のように連射するような攻撃は得意ではないように思える。

広範囲、高出力、高威力。

どれも素晴らしい才能だが、
魔剣の前では本来の能力を発揮できていないようだ。

俺の吸収の能力に対抗できていないからな。

その事実が互いの差として表れてしまっている。

おそらくこのまま試合を続けても俺の運動能力を上回る連続攻撃で攻撃を続けた翔子のような戦い方は沙織には出来ないだろう。

俺の隙を突いて背後や側面から攻撃を当てるという作戦が沙織には出来そうにない。

運動能力において、沙織は人並みの実力しかないようだからな。

かく乱や奇襲はできない。

もっと別の方法で攻撃する方法を考える必要があるのだが、
その方法を探るために沙織は頭を悩ませているようだった。

「どうした?諦めるか?」

ゆっくりと接近しながら問いかけてみると沙織は逃げるように距離をとろうとする。

「いえ!戦うと決めた以上、最後まで諦めたりしないわ!」

悩んでいる暇はないと気づいたのだろう。

とにかく攻撃を続けようとして魔術を展開している。

そしてなんとか逆転の方法を探し出そうと模索しているようだ。

「攻撃が通じないわけじゃないのよ。だからまだ諦めるのは早いわ」

必死に頭の中で作戦を練りながら、
体は次の攻撃に向けて動き出す。

思考と行動。

二つの意識を並行させながら、
さらなる魔術を発動させてくる。

「グロウヴィル!!」

沙織の杖から影が伸びて一気に襲い掛かってきた。

足元から迫り来る影の動きを目で追いながら、
ソウルイーターを構えて斬り裂こうとしてみる。

だがその前に沙織がさらなる魔術を発動した。

「リフレクション!!」

杖の先端で輝く五紡星が輝いて小さな光を放った瞬間に突如として金属音が鳴り響いた。

何だ?

何かにぶつかったような音だった。

現に魔剣の刃が弾かれてしまっている。

魔剣の動きが止まると同時に、苦痛が全身を駆け抜けていった。

「ぐぅっ!?」

それはほんの一瞬の出来事だっただろう。

杖から放たれた光が魔剣をほんの一瞬だけだが受け止めていたようのだ。

もちろん沙織が放った光は魔剣に喰い破られたが、
例え一瞬だけでも魔剣を抑えることが目的だったのだろう。

魔術の効果はただそれだけの事だったのだが、
一瞬だけでも動きを止められてしまったことで動く影は容赦なく襲い掛かってきた。

影に足を取られ。

体内を侵食されていく痛み。

全身に感じる苦痛によって、
ようやく沙織の力の危険性にも気付いた。

間違いない。

魔剣だけでは戦えない相手だ。

全力を尽くす必要のある相手だと認める必要があるだろう。

そうでなくてはな。

戦う意味がない。

沙織も俺に攻撃を与えるだけの力を備えているようだ。

その事実を認めたことで、持てる全ての力を解放することにすることにした。

「ここからが本番だ」

『ホワイト・アウト』と『エンジェル・ウイング』を展開する。

二つの魔術を発動したことで霧と翼の影響を受けた影が消え去り、
体内でうごめく苦痛も消え去った。

そして影に込められていた魔力も吸収したことで、
再び魔剣を沙織に向ける余裕が生まれた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ