挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

110/4820

どちらが勝っても

《サイド:美袋翔子》

今回の試合場はCー1番みたいね。

私と総魔の試合で使った試合場は今も崩壊したままだから使えないのは当然なんだけど。

なるべくそちらには視線を向けないようにしているわ。

まあ、死にかけたからという理由もあるし、
思い出すのが怖いということもあるんだけどね。

でも今はそういう個人的な気持ちがどうこうよりも、
総魔と敵対していたっていう過去があの場所にはあるから見たくないって思ってしまったのよ。

…だけど、ね。

かつての戦場とは別の試合場になるDー4番。

少し離れた場所にある試合場も無残に崩壊しているのが見えたわ。

私がここにいた時からまだそれほど時間が過ぎていないはずなのに試合場が崩壊してるのよ?

その理由はまあ、考えるまでもないわよね。

あの場所で由香里が敗北したのはすぐに分かったわ。

私が知らない間に。

あの場所で総魔は戦っていたのよ。

私達の知らない間に由香里と戦っていたの。

そして、当然のように勝ったんだと思う。

その結果があの場所にはあるのよ。

正直に言ってすごいと思うわ。

私には真似できないことだからよ。

…はぁ。

崩壊した試合場を見つめて、一度だけため息を吐いてみる。

って、別に不満があるわけじゃないわよ。

由香里の容態は気になるけどね。

だけど生死に関わるほどの状態じゃないことは間違いないと思ってる。

もしもそこまでの大事になっていたらさすがに報告が来ていたはずだし、
命に関わるほどの問題が起きていたなら学園としても総魔の試合は認められないでしょうしね。

私もそうだけど、由香里も死んでないと思うわ。

まあ、死ななければそれでいいっていう問題でもないけどね。

ひとまず私はすでに健康そのものだけど、由香里はどうなのかしら?

総魔は治療してあげたのかな?

でも、それだとまた魔力が減っちゃうから治療はしてないのかな?

どちらが正解かはわからないけど、
由香里はたぶん無事だと思う。

だから今はまだ総魔の行為が咎められてないんじゃないかな。

今はまだ誰も総魔に危険性を感じてないみたいだし。

由香里が無事なのは間違いないと思うわ。

そう思えるから総魔の行動に不満を感じたりなんてしないわよ。

そもそもそんな理由で溜息を吐いたわけでもないしね。

そうじゃなくて、もっと別の理由があるの。

どうすれば総魔と仲直りできるのかな?っていう部分で悩んでるだけなのよ。

総魔はどう思ってるのかな?

私としては総魔と仲良くしたいし、もう二度と戦う事はないと思ってる。

お互いに競い合うための試合ならしてもいいと思うけど、
これまでのように立場の違いで対立するような戦いはもうしないって思っているのよ。

少なくとも私から総魔に戦いを挑むつもりは全くないし、
総魔に嫌われるようなことはしたくないわ。

でもそれは別に総魔が怖いとかそういうことじゃないわよ。

『憧れ』って言って良いと思う。

総魔の強さと優しさに惹かれたのかな。

なんだかんだ言っても、私の話を聞いてくれるしね。

ちゃんと私と向き合ってくれるそんな人だから、絶対に傷つけたくないって思うの。

義務とか役目とかじゃなくて、仲良くなりたいって思えたのよ。

だからもう総魔とは対立しないって心に誓ったの。

私を遥かに上回る総魔の実力は魔術師として理想的な存在でもあるしね。

勝てないと分かっていても、追いつきたいって願う自分がいるの。

そう思えるから私は私の道を選んだわ。

総魔に近づきたくて、みんなや理事長と決別する道を選んだの。

だから、今の私に負い目はないわ。

理事長と決別したことで堂々と総魔と向き合えるから。

今の私が望むことはただ一つだけ。

総魔に追いついて、私の実力を認めてもらう事。

ただそれだけなのよ。

もちろんそれは単純な恋愛感情とは違うと思うわ。

そういうことじゃなくて。

魔術師としての目標であって、一つの到達点に思えるの。

私が目指しているのは総魔だって思えたのよ。

そんなふうになりたいって思えたの。

だけど沙織は…どう思うのかな?

私の視線が総魔と沙織に集中する。

これからどんな試合が始まるのかな?

その考えだけで頭の中が一杯になってしまうけど、どちらが勝っても喜べないと思う。

沙織は親友で、総魔は命の恩人だからよ。

どちらが勝っても嬉しいけれど、
どちらが負けても悲しいから。

どちらを応援するとも言えない心境だったわ。

でも…ね。

それでももしも何かを願うとしたら。

沙織が無事に助かる結末が理想、かな?

私のように苦しむ姿だけは見たくないのよ。

勝つにしても負けるにしても、沙織には無事でいて欲しいと思う。

そんな感じで複雑な心境で見守る今回の試合だけど。

今回は前もって公表されていた私の試合とは少し状況が違うわね。

沙織との試合は会場側からすれば突発的に行われるものだから観客が少ないのよ。

係員や審判の人数はそれほど変わらないんだけどね。

だけど見物の生徒は一人もいないのよ。

今この会場には総魔と沙織と私と真哉のたった4人の生徒しかいないの。

普段ならまだ他にも何人かの生徒が会場にいる時間なんだけど、
今日は珍しく他の生徒は一人もいないみたい。

まあ、一部の生徒は総魔が戦闘不能に追い込んでいるから
来たくても来られないっていうのが実情かもしれないけどね。

他に行われる試合がないせいか。

しんと静まり返る会場で、
沙織の顔からゆっくりと笑顔が消えていく。

気持ちを切り替えてるのかな?

一変して真剣な顔つきに変わったわ。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ