挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

109/4820

同じ恐怖

《サイド:常盤沙織》

私達が知らない間に由香里が負けていました。

どういった試合内容だったのかは不明ですが、
試合が行われていた以上は彼が由香里の魔力を有している事は明白です。

その結果として。

彼が再び多くの魔力を得ている可能性が高くなりました。

それこそが私が顔を青くした理由でもあります。

もちろん試合である以上は魔力の消費もあったはずなので翔子との試合によって失われた魔力の全てを補給出来るとは思えないのですが、
その後の私との試合を想定して行動していたとすれば、
ある程度の回復は済ませているはずです。

それらの事実によって私が彼に勝てる可能性がさらに低くなったと思います。

「予想していなかったわ…。」

心の中を不安が埋め尽くしてしまいます。

さすがにここまで話が進んでいるとなると異常としか思えないからです。

翔子も試合前はこんな気持ちだったのでしょうか?

ふとした疑問を感じましたが、翔子に尋ねるわけにはいきません。

私と二人きりの状況ならともかく、
彼を目の前にして翔子が話してくれるとは思いませんので問いかけるのは諦めました。

その代わり、と言えるかどうかはわかりませんが。

今は自分の心に言い聞かせることにしました。

まだ分からない…と。

私達の知らない間に彼がさらに成長しているとしても、
負けると決まったわけではないのです。

結果は始めて見なければわかりません。

それになにより、私の目的は調査です。

彼に勝てなくても調査さえ出来ればそれでいいのです。

震える体を無理矢理抑えながら、
ひとまず試合場に向かうことにしました。

その間。

彼に視線を向ける勇気がなくて黙って試合場に向かっていたのですが、
心の中を渦巻く恐怖という感情を翔子はやっぱり知っているようでした。

他の誰にも分からなくても彼に対する恐怖は知っている、と。

そんなふうに思ってくれたんだと思います。

翔子は私の手を捕まえてから精一杯の笑顔を見せてくれました。

「大丈夫。怖がらないで」

ええ、そうね。

翔子のささやかな一言だけで、
私の中の不安が一気に消え去った気がします。

翔子が側にいてくれると思うだけで、心が穏やかになれるんです。

「ありがとう、翔子」

同じ恐怖を分かち合えることを翔子に感謝しました。

そして心からの感謝の気持ちを言葉にしました。

翔子に微笑んで歩き出す私に、もう迷いはありません。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ