挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

107/4820

願わくば

《サイド:米倉美由紀》

はあ…。

沙織と翔子は行ってしまったわね。

「あなたはどうするの?」

最後に残った北条君に問いかけてみたんだけど。

「さあ…な」

北条君はあやふやな返事だけを残して二人の後を追って歩きだしたわ。

その結果として。

室内には私だけが残されてしまったわね。

「はあ…。」

ため息が止まらないわ。

疲れを吐き出すかのような深いため息を何度も何度も繰り返してしまう。

他には誰もいない室内。

一人きりになってしまった私は椅子に腰を下ろしてから頭を抱え込んだわ。

「対策を…」

小さく呟いてみるものの。

前途が多難すぎるわね。

天城総魔と学園最上位の翔子達。

彼らに対抗する手駒を用意するとなるとどう考えても釣り合わないのよ。

彼我ひがの戦力に差がありすぎるわ。

もはや学園の総力なんて言ってる場合でもないでしょうね。

そもそも学園を二つに割るような抗争でも起きようものならその時点でこの国の未来は迷走してしまうのよ。

管理できない力存在するなんて情報が表沙汰になれば、
これまでの外交の努力が全て水泡に帰すことになるわ。

本当の本当に。

緊急事態にならないことをただただ祈るしかない状況と言えるわね。

入学式の時には気楽な態度でいたけれど、
まさかこんなことになるなんて思わなかったのよ。

だけど今となってはこの学園の運命は天城総魔の気持ちに左右されてしまうようなそんな状況にまで来てしまっているわ。

「願わくば味方であってほしいものね」

心の底から願う私の気持ちなんて関係ないまま。

時計の針が午後6時を示そうとしているわね。

第1検定試験会場において。

天城総魔と沙織の試合が、まもなく始まろうとしているのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ