挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

100/4820

私への挑戦

《サイド:常盤沙織》

「私も甘く見られたものね…。」

今からでも構わないという言葉からは余裕しか感じられません。

翔子との戦いによってかなりの魔力を消耗しているはずなのに。

なにより先ほどの治療でほとんどの魔力を翔子に分け与えているはずなのに。

それなのに彼は戦う意思を示したのです。

翔子と戦った時よりも確実に魔力が減少しているはずの彼にどれ程の余力があるのか知りませんが、
仮にも翔子を上回る番号の私を強敵とは認めていない発言に思えました。

「私を馬鹿にしているのですか?」

率直に問い掛けてみると。

「いや、そんなつもりはない。」

彼は表情を変えることもなく平然と答えます。

「お前の実力は十分に認めているつもりだ。魔力の総量は俺を遥かに上回っているからな。俺が負ける可能性はいくつも考えられるだろう。だが、疲れているからといって戦いを先伸ばしにするつもりはない。本来なら戦いに待ったなど存在しないからな」

待ったはない、ですか。

確かにそうかもしれませんね。

今回は試合だから時間の調整は出来ますが、
そうではない戦いにおいて時間の調整なんてありえません。

自分の状態がどうかに関係なく、
戦わなければならない時は幾度となく訪れるものなのですから。

だから彼の考えを否定することはできませんでした。

「…そう、ね。」

余裕はないけれど、
それでも逃げるつもりはないと宣言しているのです。

そうまで言われてしまえば、私としても逃げる事はできません。

戦う覚悟を決めるべきです。

目を伏せて、考えてみることにしました。

…と言っても、考えるべきことは一つだけですね。

ただ単純に試合の時間を決めるだけです。

日程としては今日でいいのでしょうか?

明日に引き延ばすことも可能だとは思いますが、
時間を遅らせれば遅らせるほど彼から逃げているように思われてしまう気がします。

だからと言って困ることはないのですが、
どうせ戦うのであれば逃げたと思われたくはありません。

なので、試合は今日にしたいと思います。

問題は何時に試合を行うかという部分なのですが。

どうするべきなのでしょうか?

みんなと相談しようにも頼れる仲間はここにはいません。

翔子も北条君も校舎にいるからです。

相談する事は出来ません。

一旦この場を離れる事は出来ますが、
わざわざ相談に行くというのも逃げているように思われる気がします。

それは嫌です。

どう思われてもいいなんて言えませんし、言いたくありません。

翔子は死を覚悟の上で戦うことを選んでいました。

それなのに。

翔子よりも格上である私が待ったをかけることはできません。

それでは翔子に合わせる顔がありませんよね。

これは私への挑戦なのですから。

あくまでも私の意思で決めるべきだと思います。

誰かに相談する事ではないのです。

そう考えてから、もう一度彼に視線を向けてみました。

「………。」

互いに見つめあう私達。

視線を逸らさずにまっすぐ私を見つめる彼の目に迷いは感じられません。

本気で私の判断に委ねるつもりでいるようです。

「…いいわ。あなたの挑戦を受けます」

私は試合を承諾しました。

それにより、もう後には引けなくなりました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ