挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラージアンの君とキス 作者:月宮永遠

1章:ラージアンと私

5/42

4

 シュナイゼルを含む謎の生物が部屋を出ていった後、バラバラに座っていた夏樹達の多くは、部屋の隅に集まった。

「だめだ、電波入らない……」

 ほぼ全員が試したが、どの携帯にも電波は入らなかった。輪になった一人が不安そうに「ここって、地球だよね?」と尋ねる。その問いに、はっきり答えられる者はいなかった。

「ラージアンって何?」

 この問いにも、答えられる者はいない……。

「シュナイゼルって名乗った奴の話だと、あいつらの女王が満足すれば、無事に帰れるんだろ? あいつらが知りたがってる、地球の最強生命体について考えてみようぜ」

「そんなことを聞いて、あいつら、どうするつもりなんだろう。真っ先にそれを殺して、地球を侵略するのかな……」

「侵略とか、ありえねーし。何か、大掛かりな番組の収録なんじゃないの? わけわかんねーけど……」

 輪になって冷静に意見交換しているようで、まだ皆、混乱の淵から抜け出せずにいた。
 当然だ。夏樹もこれが現実だとは、とても信じられない。

 ――実は、ヨシ兄が仕掛けたイベントの余興だったりして……?

「考えてもわかんねーし……、とりあえず、さっき聞かれたことを、考えてみようぜ」

 その言葉に反論する者はいなかった。果てしない疑問に蓋をして、それぞれ考える素振りを見せる。

「なんだろな……。ライオンとか?」

「シャチ?」

「陸か海かで、大分違うよな……」

「ウィルスは? エボラ、HIV、ノロ? 大勢死ぬよね」

 その質問に、全員がなるほど、という顔を見せた。

「でもウィルスに個体って考え方あるんですかね? あれっていっぱい増殖するから、恐いんじゃ?」

「集団で戦っていいなら、スズメバチは? オオスズメバチだっけ、最強のスズメバチ。あれって日本にしかいないんじゃないの?」

「そんなヤバいの、日本にしかいないんスか?」

「ていうか、束になって襲いかかっていいなら、やっぱ人間なんじゃないの」

「でもさっき、あの人……」

 ヨシ兄のことだ。
 顔を強張らせた夏樹を、気遣うような視線が周囲から寄せられる。

「あの人が、人間って答えたら、シュナイゼルは、試してみたい、って言ってたよな……。最強の生命体と、戦ってみたいのかな……」

「過去も含めていいなら、恐竜は? ティラノザウルス、T.rex」

 なるほど、という声が幾つか上がった。

「でも、試してみたい、って言われた時に、実存する生き物じゃないと、あいつらキレたりしないかな……」

「身体が大きいと優位だよね。像じゃない? ライオンでも倒せないんじゃない?」

「熊だと思う。熊害……、三毛別羆事件さんけべつひぐまじけんとか、もはやホラーだよ」

「何それ」

「日本の熊害事件だけど、世界中で熊害は幾つも実例があるよ」

「最大の陸生肉食獣なら、ホッキョクグマ? 大きいですよ」

「じゃあ、海はシャチで、陸はホッキョクグマ?」

「ホオジロザメは?」

「シャチの圧勝だと思う」

「陸はやっぱり像だと思う。草食だけど、もしアフリカ像とホッキョクグマが正面対決したら、体格差で像が勝つと思う」

「もし、シャチとアフリカ像が正面対決したら?」

「ありえないよ、住む世界が違うから……」

「まとめると……、地球史上ならティラノザウルス、現生生物なら海がシャチで、陸が像」

 一応、答えはまとまった。
 その後、ここは何処で彼等は何者なのか……、再び議論を始めたが、答えは見つからないまま、シュナイゼル達、謎の生物が戻ってきた。ヨシ兄も一緒にいる。

「ヨシ兄ッ!!」

 夏樹と祐樹は同時に叫んだ。ヨシ兄はシュナイゼル達を警戒しながら、夏樹達の傍へ駆け寄ってきた。

「大丈夫!?」

「平気! 夏樹達は!?」

 ヨシ兄の全身に目を走らせたが、幸いどこにも怪我はしていなようだ。駆け寄る足取りもしっかりしていた。

「先ほどの質問について、考えてくれただろうか?」

 シュナイゼルの問いかけに、中心になって話をまとめていた男の人が、一歩前に出た。

「地球史上ならティラノザウルスで、現生生物なら、海に住む生き物がシャチで、陸に住む生き物が像ということで、話がまとまりました」

「そうか。ありがとう、参考にしよう。君達は、元いた場所に帰そう」

 シュナイゼルのあっさりした返答に、全員が戸惑いを見せた。帰してもらえるのだろうか……。
 疑問を口にする暇もなく、足元が急に透けた。

「きゃあっ!?」
「うぉ」

 皆驚いて、その場で足踏みしている。
 まるで透明な硝子の板の上に立っているかのようだ。足元には、お台場の街並みが透けて見える。
 しかし、皆が床を抜けてゆっくり地上へと降下していく中、夏樹だけは、この訳の判らない部屋に取り残されたままだった。

「夏樹!?」

「祐樹!」

 降下していく祐樹が、夏樹を見上げて手を伸ばす。夏樹は拳で床を叩いたが、どうにもならなかった。

 ――何で、私だけ……!?



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ