挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラージアンの君とキス 作者:月宮永遠

4章:君にハグ&キス

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/42

君を想う ※シュナイゼル視点


 腕の中で瞳を閉じて眠る夏樹を見て、最後に一言だけ声帯を使って呟いた。

「どうか幸せに……」

 感情がたかぶっている自覚がある。
 さっきからずっと、光互換水晶クリスタルの共有レベルに限界までロックを掛けていた。
 これから、地球に夏樹を帰さなくてはいけない。
 小さな夏樹の身体を抱きしめて、頬に残る涙の筋を指でなぞり、温もりを、柔らさを、声を、笑顔を……、一番深いところに記憶した。
 誰にも消せない、触れさせない、絶対に上書きされない、パーソナルメモリーに焼きつける。

 ――夏樹。私だけの女王……。

 いつまでも、夏樹を見つめていたかったが……、司令塔であるシュナイゼルが共有を遮断し続けるわけにもいかない。
 名残惜しいが、光互換水晶のロックを解除すると、途端に数多の情報が回路に流れ込んできた。

”回路P十一、地球に到着、第五滑走場から襲撃型戦闘機〇〇一、配備完了。ゲートオープンまで三十セコンド……”

”回路P十三、第二十一、女王認可自治惑星から交信あり”

”――シュナイゼル、地球に着いた。夏樹を連れてきなさい”

”御意。ディーヴァ”

 あらゆる情報が流れる中、最優先事項――ディーヴァの命令に即時に反応した。
 夏樹は”明日”を望んだが……、最初からこうするつもりだった。
 彼女が眠っている間に、何もかも終わらせる。
 戦闘機に夏樹を乗せて、時を止めている間に夏樹の自宅まで送り届けた。彼女の私室のベッドの上に、静かに夏樹を寝かせる。目が覚めれば、設定された記憶の通りに、いつも通りの日常が始まるだろう……。
 任務遂行完了したが、なかなか傍を離れられずにいた。
 それは隣に立つディーヴァも同じようで、シュナイゼルの寂寥が移ったように表情を曇らせている。

「寂しいな……」

 ディーヴァはわざわざ声帯を使って呟いた。

「本当にこれで良かったの? 夏樹の方から、一緒にいたいって言ってくれたのに」

「夏樹の幸せを優先したい」

「これが本当に夏樹の幸せかどうかなんて、判らないんじゃない?」

「……」

「シュナイゼルが光互換水晶をロックして共有を避けたのは、夏樹への想いを他のラージアンと分かち合いたくなかったからでしょう。夏樹にも夏樹だけの秘めた想いがあるんだよ。つまり、両想いなんだから、遠慮なんてしなくていいのに」

「私の想いを押しつけても、苦しめるだけだ……」

 夏樹の想いは知っている。
 気持ちを明かしてくれた時は、かつてないほど深く満たされた。あの感情に名前をつけるとしたら、きっと「幸せ」と呼ぶのだろう……。
 それでもシュナイゼルは、ディーヴァの言うようには考えられない。
 女王気質の彼女にしてみれば「我慢」などありえないのだろうけれど、司令に生まれたシュナイゼルは、元々自分よりも女王を優先する気質が強い。その対象はもはやディーヴァではなく……。
 悟られることは覚悟の上で、葛藤にも似た想いを電磁波に乗せた。ディーヴァは責めたりせず、穏やかに微笑んだ。

「知ってるよ。シュナイゼルがパーソナルメモリーを大事にしていることは」

「ディーヴァを裏切るつもりはない……。ただ、私は……」

「判ってる。シュナイゼル、お前も私の可愛い子供だよ。私はラージアン全員の幸せをいつだって祈ってる。いいよ、シュナイゼルの言う通りにする。離れている間によく考えてごらん」

「もう、会うことはない」

「まぁまぁ……」

 ディーヴァは取り成すように呟くと、空間を越えて戦闘機に移動した。
 シュナイゼルも最後に夏樹の顔を見降ろして……、すぐにディーヴァの後に続いた。




+




 時間が経つほどに、司令塔としての固定観念は揺らいだ。
 夏樹を想い、穏やかな別れを選んだのに……。
 パーソナルメモリーにアクセスする度に、夏樹が恋しくなり、取り戻したくなる。
 これ以上は、危険かもしれない……そうは思っても、記憶の中の夏樹に会いに行くことを止められない。シュナイゼルを呼ぶ声を何度も再生してしまう。

”私も、シュナイゼルが好き”

”シュナイゼルと、一緒にいる……っ”

”嫌だ、シュナイゼルと一緒にいる! ずるいよ……っ、今更、突き放さないでよっ!!”

 甘い記憶を再生する度に、独自の回路が形成されていく。全て夏樹へと繋がる、シュナイゼルだけの不可侵なパーソナルデータだ。
 ラージアンとの共有を避けて、パーソナルデータを大事にするシュナイゼルを、ディーヴァは責めたりしなかった。むしろ、シュナイゼルがいよいよ折れるのを、心待ちにしているように感じる。
 一方で、次期女王有力候補のリリアンは、シュナイゼルに秘密が増えることを嫌った。

”シュナイゼル――共有開示なさい。貴方はいずれ私の司令塔を務めるのですよ”

”――御意”

 夏樹に繋がる全てを開示することは出来なかったが、可能な範囲でラージアンと共有した。
 シュナイゼルの心を占める、夏樹の笑顔、泣いている顔、シュナイゼルを呼ぶ声……。

”――ナツキはもう、ここにはいません”

 夏樹を思い浮かべるほどに、リリアンは面白くなさそうにシュナイゼルを責めた。

”ラージアンの為に、尽くしてください”

 ――判っている……。夏樹はもう、コロニーにいないのだ。会うことはない……。

 コロニーを守り、銀河を見据えて戦闘を指揮していても、ふとした瞬間に宇宙の果てに浮かぶ地球のことを考えてしまう。
 今頃、夏樹は何をしているのだろう……。
 幸いにも、彼女が身を置く環境はかなり安全と言えるが、それでも彼女の優しい電磁波を捉えられないと不安になる。
 コロニーの時のように、いつでも傍で守れるわけではないのだ。
 夏樹の安否が気になり、たまらなく不安に駆られることもあった。共有を切り忘れたせいで、動揺したラージアンが太陽系銀河に舵を取ろうとしたことも何度かあったほどだ。

 ――たとえ夏樹が、数百億光年の彼方にいたとしても、我々ラージアンなら、会いに行こうと思えば、いつでも行ける……。いや、だめだ。会いに行くわけには……。

 会いに行ったら、きっともう二度と離れられない……。
 そうなることが怖かった。
 夏樹の幸せよりも、己の欲望を優先してしまいそうで恐ろしい。司令の立場として許せない。誇り高いラージアンの司令塔にありながら、守るべき女王を手中に収めようとしている……。
 葛藤はしばらく続いたが、シドに言われたある言葉によって、本心に気付かされた。

”夏樹の幸せを、他の者に委ねるのか。同胞の男が夏樹を伴侶にすることもありえるが、それでいいのか”

 唖然とした。
 まったくもって、良くなかった。
 夏樹はシュナイゼルだけの女王だ。隠しようのない独占欲を自覚した瞬間、ついに司令塔としての固定観念を自ら折った。

”――ディーヴァ、次の行路は地球にしよう”

 それだけで全てを察したディーヴァは喝采を上げた。
 彼女の喜びは全ラージアンに伝播でんぱし、コロニーの同胞達は歓喜した。
 結局ディーヴァの言う通りだった。遠慮なんて、するだけ無駄だったのだ。
 いっそ誰のものにもならなければ我慢も出来たが、そうでないのなら、例え己が定めた女王でも手に入れたい。

”――シュナイゼル、ナツキを選ばないで……”

 女王候補としてではなく、リリアン個体の思念を受信して、初めて彼女の気持ちを知ったけれど、その手を取ることは出来なかった。

”――私の女王は、夏樹だ。命を賭してラージアンの繁栄を守ろう。しかし、心は夏樹に捧げたい……”

 次の瞬間、リリアンは光互換水晶にロックをかけて、ラージアンの共有を遮断した。
 例え大切な女王候補を傷つけても、自らに課した誓いを破ることになっても――夏樹を手に入れたい。

 全ての危険から、シュナイゼル自身からさえも、夏樹を守ると約束した。あの誓いに嘘はなかった。
 けれど……。
 手にすると決めたからには、例え夏樹が泣いたとしても奪ってみせる。その代わり、誰よりも大切にすると約束しよう。誓いを上書きさせて欲しい。

 ”どうか、いつまでも傍にいて――”




 かくして、母艦マザーシップは太陽系銀河を再び訪れる――。




評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 160 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 113 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 157 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
蒼黒の竜騎士

転生したら、人と竜が共存するファンタジーな異世界でした。 目指せ!前世では出来なかったおしとやかで可愛い乙女ライフ!……って、何か全然違う方向に向かってない? //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部分)
  • 103 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 00:00
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 151 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
異世界の魔女は夢を見る

 彼氏いない歴=年齢の私は、気が付くと異世界にいました。特殊な魔法も使えるようになりました。前代未聞のモテ期がくる!?……なんて一瞬でも期待した私がバカでした。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全22部分)
  • 129 user
  • 最終掲載日:2014/08/25 14:18
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 104 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 183 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 122 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 109 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
転生してヤンデレ攻略対象キャラと主従関係になった結果

七歳にして初めて魔法を使ったセシル・オールディントンはその日、前世での記憶を取り戻した。華の女子高生だったにも関わらず交通事故で亡くなった元日本人の彼女は、どう//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全43部分)
  • 141 user
  • 最終掲載日:2015/03/12 23:55
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 152 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
妹ですみません

腐女子と相反する者、それはリア充。 これは美形の義兄と暮らすことになったオタクな妹の孤軍奮闘物語である。 ※2017年8月12日 KADOKAWAビーズログ文//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全54部分)
  • 116 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 21:40
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 181 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
 ある日 異世界 

拾ってくれた(?)のは、街一番(凶悪な)傭兵ギルド。そこで少年と勘違いされました――って、ちょっオッサン、剣を持たすな、鎧も着んわ! 異世界にトリップをしてしま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全102部分)
  • 128 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 16:16
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 157 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
ドラゴンさんは友達が欲しい

アース・スターノベルにて書籍化されたドラゴンさん。「!」マークをつけてⅣ巻まで発売中! ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全151部分)
  • 123 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 20:00
神様は、少々私に手厳しい!

須山一樹は、ちょっと名前が男の子っぽいだけで花も恥らう普通の女子大学生だ。そう、普通だ。少々、十か月前に異世界に行っていただけだ。そんな一樹は、何の因果か再びそ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 131 user
  • 最終掲載日:2015/10/22 17:36
悪役令嬢の毒

初恋をこじらせて、婚約者に毒しか吐けなくなったマルティナ・オルブラントは、前世の記憶を取り戻したことで己の行いを省みる。もう毒を吐くことを止め、ゲームのシナリオ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 105 user
  • 最終掲載日:2016/02/27 19:05
隅でいいです。構わないでくださいよ

気づいたら周りは着物を着た人達ばかり。川の水を覗けば、そこには小さな子供が…え、私っ!? 流れ着いたのは綺羅びやかな町、吉原だった。あれ?でも見れば格子の中に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全106部分)
  • 109 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 00:34
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 132 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
撃ち抜いたのは

蜂蜜色の髪とミントみたいな翠の瞳の軍人と、平凡なちまい娘の物語。 悪い大人の男のイケメン無自覚らぶアタックに翻弄される初心な純朴乙女のときめき無意識らぶアタック//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全23部分)
  • 123 user
  • 最終掲載日:2012/12/04 22:06
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 120 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
さよならイエロー

幼馴染の婚約者が竜殺しの英雄になった。 よくわからんが、給料上がったら生活が楽になるねと喜んだ矢先、貴族のお嬢様との結婚が決まったってどーゆーことだ。 恐れ多く//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部分)
  • 104 user
  • 最終掲載日:2015/11/23 15:50
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全43部分)
  • 110 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 02:04
いつか空につりあう日

晴天に恵まれたガーデンパーティーにて集う異種族の男女――の為にせっせと働く控えめなチビの少女。お店自慢の庭で、パーティーから避難しているらしい人と遭遇するのだけ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全39部分)
  • 111 user
  • 最終掲載日:2016/03/05 12:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全113部分)
  • 138 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 00:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 134 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
きみをまもりたい

異世界トリップしたら飼っていた可愛い文鳥がなぜかグリフォンに似た大きくて強い怪鳥になっていた話。 (全10話+後日談の中編。※タグの恋愛は後日談)

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全11部分)
  • 109 user
  • 最終掲載日:2015/05/27 22:00
盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部分)
  • 112 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
私は言祝の神子らしい ※ただし監禁中

私は平穏を愛している。だから異世界トリップも特殊能力も神子とやらの肩書も、一切いらない。それなのに全力で面倒事に巻き込まれて、というより最初から悪党に監禁されて//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 117 user
  • 最終掲載日:2015/07/03 21:34
↑ページトップへ