挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラージアンの君とキス 作者:月宮永遠

1章:ラージアンと私

4/42

3

 夏樹はガタガタと震えながら、その場から一歩も動けずにいた。
 新しくきた奴は、ヨシ兄と祐樹を捕まえている奴よりも、全身のシルエットが細身で少しだけ小柄に見える。額のLEDライトのような明かりは菱形だ。
 祐樹達は必死の形相で「夏樹! 逃げろ!」と叫んでいるが、二人のことが気がかりで、とてもその場を離れることは出来なかった
 謎の生物達は、コミュニケーションを取ろうとしているように、互いに傍へ寄った。その動きはとても自然で、何だか人間のようにも見える。
 声は聞こえないし、口も開いていないけれど、彼等は何らかの方法で会話しているのだと思った。

「こんにちは」

「――っ!?」

 額に菱形の光を持つ謎の生物は、はっきりと口を使って、完璧な発音で日本語を喋った。
 ここにいる全員が、目を丸くした。

「初めまして。私の名前はシュナイゼル。ディーヴァの司令であり、ラージアンの司令塔を務めている」

 低いけど柔らかい、落ち着いた声を聞いて、思考は完全に停止した。目の前の生物の名前が、シュナイゼルということだけは理解できたが、それ以外のことは、一ミリも理解できない。
 何て完璧な日本語なのだろう。もしかしたら、中に人が入っているのかもしれない。

「ディーヴァは君達に、強い関心を抱いている。幾つか質問してもいいか?」

「はい……」

「この惑星の生態系における、最も強い生命体は、君達、人間という認識で合っているか?」

「え……?」

「地球上で最強の生命体は、人間なのか?」

「……生身じゃなくて、武器使っていいなら、そうなんじゃないの?」

 咄嗟に答えられない夏樹に代わって、腕を掴まれた状態のヨシ兄が答えた。

「そうか。試してみたいと、ディーヴァは望んでいる」

「え?」

 シュナイゼルじゃない方、ヨシ兄の腕を掴んでいた謎の生物は、ヨシ兄の腕を離すなり、腕一本でヨシ兄の身体を吹っ飛ばした。
 一瞬の出来事だ。
 ヨシ兄の身体は、軽い玩具みたいに、何メートルも遠くに飛ばされて、ぐしゃりと床に崩れ落ちた。それから、ぴくりとも動かない……。

「きゃあぁ――っ!?」
「ヨシ兄……ッ!!」
「うわあ!?」

 全員パニックになった。青い部屋に阿鼻叫喚が満ちる。

「武器。なるほど、外的なものか。個体では、驚くほど弱い」

 シュナイゼルの、場にそぐわない落ち着いた声が、異様に気味悪く聞こえた。
 夏樹は無我夢中で、未だ尻尾で踏みつけられたままの祐樹の元へ走ると、どうにかして尻尾をどかそうと試みた。
 このままだと、祐樹が殺されてしまう。
 こいつはやっぱりロボットなんじゃないかと思う程、固い皮膚だった。まるで鋼鉄を触っているみたいだ。

「夏樹、いいから逃げろ!」

「やだぁっ!」

 ちっとも尻尾を動かせない。どうすればいいか判らず、シュナイゼルを見上げて必死に懇願した。

「助けてください! お願いします! 殺さないで……っ!」

「殺すつもりはない」

 シュナイゼルが答えると、もう一方のフルメタルの生物は、ようやく祐樹の上から尻尾をどかした。殺すつもりはないと言いながら、殴られたヨシ兄はぴくりとも動かない。
 祐樹は身体を起こすなり、夏樹を背に隠すようにしてシュナイゼルと対峙した。油断なく睨みつけながら、少しずつ距離を取ろうとしている。

「君達を今後どうするかは、ディーヴァ次第だが……、あの人間を傷つけたことはこちらの過失だ。治療しよう」

 フォンッ……と軽い電子音に次いで、扉のない部屋の側面が、いきなり四角い口を開けた。更に五体の謎の生物が入ってくる。
 そいつらは、床に倒れたままのヨシ兄を持ち上げて、すぐに部屋を出て行った。
 室内に恐怖の息遣いが満ちる。
 全員、似たようなことを考えたはずだ。
 あいつら、何匹いるんだろう……。
 あれは、地球にやってきたエイリアンで、夏樹達を捕まえて、酷いことをしようとしているのではないか……。

「ヨシ兄を、どうするの……」

 恐る恐る尋ねると、シュナイゼルは夏樹を見て(目がどこにあるのかは不明)答えた。

「治療しよう。この惑星における、最強の生命体をディーヴァは探している。全員でもう一度考えてみて欲しい。また来る」

 そう言って、シュナイゼルも部屋を出て行こうとする。

「ディーヴァって、何?」

「我々ラージアンの頂点に君臨する女王だ。女王が満足すれば、君達も無事に帰れるだろう。ぜひ、私の言ったことを、真剣に考えてみて欲しい」

 ――真剣に考えろって……、この惑星における……最強の生命体について?



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ