挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラージアンの君とキス 作者:月宮永遠

4章:君にハグ&キス

38/42

2

 家に帰ると、通りの向こうや路地の合間から、ラージアン達がちらほらと顔を覗かせた。

「ナツキ、さようなら」

「ナツキ、ありがとう」

「サッカー、とても楽しかった」

「ナツキ、さようなら……」

 彼等まで、気の早いお別れを口にする。そんなに、さようならを連呼しないで欲しい。不安になるではないか……。

「私も、ラージアンカップ楽しかったです! どうもありがとう!」

 明るく言って手を振ると、彼等も同じように手を振り返してくれた。シュナイゼルに肩を抱かれて、玄関まで送ってもらうと、離れ難くて無理やり言葉を紡いだ。

「地球、ここからすごく遠いんでしょ。また超速移動するの?」

「ああ」

「じゃあ、コロニーも無重力になるの?」

「いや、平気だ」

「そっか……、じゃあ、家の中で待っていればいい?」

「そうだ」

「到着まで、どれくらい時間かかる?」

「……そうだな。数日はかかるだろうか」

「じゃぁ……、明日も、会えるよね?」

「――ああ」

「なんか、なんか間があった。明日も、会えるんだよね……?」

「会える」

「本当?」

「……夏樹」

 静かに名前を呼ばれて、思わず身構えた。びくびくしながら「何?」と問いかけると、シュナイゼルは跪いて夏樹の両手を取った。

「改めて言わせてほしい。夏樹……。私に夏樹を守らせてくれて、ありがとう。ラージアンの司令として、これほど満ち足りたことはない」

「シュナイゼル……、やだな、お別れみたい……」

「夏樹。幸せな日々をありがとう。離れていても、夏樹のことを決して忘れない」

 シュナイゼルの言葉は、いよいよ別れの挨拶のようで、激しく感情を揺さぶられた。

「私こそ、いっぱい助けてもらって、守ってくれて、ありがとうっ! シュナイゼルがいなかったら、私……っ……きっと、あっという間に死んでたよ……っ」

 言いながら声が潤んでしまった。俯いた瞬間、ポロポロと涙が零れた。

「夏樹……」

 ――地球に帰りたい。ヨシ兄、祐樹、父さん、母さん……。皆に会いたい……っ……でも! シュナイゼルとも離れたくない! 選べないっ!!

 次から次へと、地面を濡らす雫を見つめていると、シュナイゼルに「夏樹」と優しく名前を呼ばれた。

「君が好きだ。離れたくない……」

 息が止まるかと思った。
 勢いよく顔を上げると、大きな手が濡れた頬を包み込み、目元を拭ってくれた。額の信号は深い青色に輝き、きらきらと金色の星屑が瞬いている。膨れ上がった恋情に押されて、迷いを振り切るように叫んだ。

「私も、シュナイゼルが好き!」

 心に思い浮かぶ大切な人達の顔を、一つずつ、黒く塗りつぶすように、無理やり封じこめた。
 彼等を――シュナイゼルを選ぶとは、そういうことだ。心から血を流しながら叫んだ。

「シュナイゼルと、一緒にいる……っ」

「ありがとう、夏樹。だけど、好きだからこそ、一緒にはいられない」

 シュナイゼルは、涙に濡れた夏樹の頬を優しく拭った。想いを伝えた傍から拒絶されて、夏樹は頬に触れる手に縋りついた。

「どうして!? ディーヴァはいいって言った!」

「皆、夏樹を気に入っている。コロニーに残れば歓迎するだろう。しかし、ここにいても夏樹は幸せになれない。ここに夏樹の同胞はいない。戦いに明け暮れる我々といても、いずれ夏樹は傷つき、苦しむことになるだろう……」

 シュナイゼルがナツキを想って、言ってくれているのだということは判る……。けれど、先の話なんて誰にも判らない。

「それでもっ! 私、少なくとも今、ここにいたいって思ってる!」

「後で後悔しても、遅いのだ。これ以上傍にいれば、ディーヴァはきっと夏樹を手放せなくなる。私も阻止してしまうかもしれない。今をおいて他に、帰れる時はない。地球で幸せに暮らすんだ」

「嫌だ、シュナイゼルと一緒にいる! ずるいよ……っ、今更、突き放さないでよっ!!」

 地球に帰すというのなら、攫ってきたあの日に帰してほしかった。
 夏樹の心をこんなにも捕えた今になって、地球で幸せに……なんて勝手過ぎる。悲しくて、悔しくて、シュナイゼルの硬い胸を何度も叩いた。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ