挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラージアンの君とキス 作者:月宮永遠

3章:宇宙戦争

32/42

11

 何もやる気が起きず、ベッドにごろりと横になると目を閉じた。完全にふて寝である。

 ――シュナイゼルは、私のこと、どう思ってるのかな……。

 知りたいような、知りたくないような……、複雑な気持ちだ。
 少なくとも、嫌われていない自信はある。好かれているとすら思う。けれど、それがどんな種類のものかは判らない。

 ――ディーヴァに言われたから? 義務感だけじゃないと、思うけど……。

 友情というよりは、護衛対象に寄せる保護欲。そんなところだろうか。いずれにせよ、夏樹が想うようには、想ってくれていないことは確かだ。

 ――ラージアンも、恋をしたりするのかな。

 そう考えた瞬間に、目を見開いた。自覚しては、言葉にしてはいけないと思っていたのに、考えずにはいられない。
 瞳を閉じていても、彼の姿を想い浮かべてしまう。最近では、シュナイゼルをかっこいいとすら思ってしまう。
 姿も形も違うのに、やっぱり、シュナイゼルに寄せるこの気持ちは、どう考えても――”恋”。

「不毛だ……」

 思わず声に出た。ばったりとうつぶせになり、枕に顔を埋めた。

 ――あぁ……。自覚しちゃった。どうにもならないのに……。

 シュナイゼルに会ったら、どんな顔をすればいいのだろう。
 今日は気まずい思いをさせてしまった。全て夏樹のせいだ。心配してくれているのに、一人で空気を悪くしている。

 ――避けたりしないで、一緒にいられる時は素直に楽しんで……、出来るかな。

 悶々と悩んでいると、枕元に置いてあるサポートギアの電子音が鳴った。

『マスター、リリアンから通信が入っています』

「えっ?」

 以外な名前を聞いて、一気に目が覚めた。

『繋いでも宜しいですか?』

「うん……」

『ナツキ。予定よりも早く対象惑星で戦争が始まりました。我々も参戦します』

「えっ!?」

『間もなく当艦は超速移動を開始します。既に準備段階に入り、これからコロニーを無重力空間に戻します。移動が終わるまで、ナツキを安全なシェルターに入れるよう、ディーヴァから指示されました』

「え……」

『時間がありません。今すぐ外に出てきてください』

「シュナイゼルは?」

『すぐに来ます。重力解除まで時間がありません。急いでください』

「判った」

 飛び起きると、デニムにTシャツ、ウィンドブレーカーを羽織って、転がるように家の外へ飛び出した。外で待っていたリリアンは、夏樹を見るなり背中を向けて「こちらへ」と誘導する。
 リリアンは電話ボックスのような、硝子張りの小部屋の扉を開いた。すぐに床が割れて、深い円形の滑り台が現れる。

「入ってください」

「でも……」

 割れた床とリリアンを交互に見比べた。
 まるで奈落の底へ落ちて行くような、暗い穴だ。ここに飛び込むのはかなり勇気がいる……。

「早く。時間がありません」

「シュナイゼルは?」

「後から来ます。早く」

「……」

 本当に後から来るのだろうか。サポートギアの存在を思い出して、シュナイゼルに繋ごうとしたら、背中を押された。

「きゃぁ――っ!」

 悲鳴を上げながら、真っ黒な穴を滑り落ちた。
 ようやく落下が止まったと思ったら、無重力に浮いているような、心もとない感覚に包まれた。周囲は真っ暗で、何も見えない。

 ――ここがシェルター!?

 いくら踏切が悪いからって、何も突き落とさなくてもいいのに。本当にシュナイゼルは後から来てくれるのだろうか……。
 その後、しばらく意識を保っていたが、一向にシュナイゼルはやってこなかった。
 最悪なことに、アースが反応しない。
 五感の絶たれた空間で、夏樹は間もなく意識を手放した。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ