挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラージアンの君とキス 作者:月宮永遠

3章:宇宙戦争

29/42

8

 後日、夏樹を守る空間シールドは、やはり切れていたのだと明らかにされた。そのせいで、ラージアン同士の衝突に巻き込まれて、夏樹は大けがを負うはめになったのだ。
 原因はリリアンだった。
 彼女は暴かれる前に、自らそのことを口にした。切るつもりはなかった、間違えて切ってしまったのだと……白々しい嘘をついて。
 夏樹も立ち会った謝罪の場で、ディーヴァはリリアンの釈明を受け入れた。
 死にかけた……事実、一度死んだ夏樹としては納得しかねたが、事を荒立てたくはなかったので、大人しく引き下がった。

 ――どうせ、地球に帰るまでの辛抱だし……。

 ディーヴァも結局、ペット同然の地球人の夏樹より、同じラージアンで、しかも後継のリリアンの方が大切なのだ。
 気持ちはささくれ立ったが、諦めと共に彼女の采配を受け入れた。傷つくだけ無駄なのだ。

 ――地球に帰してさえくれれば、他はどうでもいい。それまで、彼女とは顔を合わせないようにすればいい。シュナイゼルにも……べったりしないようにしよう。

 リリアンを刺激するような真似は、少しでも控えた方がいいだろう。
 ただし、審判については話は別だ。

「もう絶対やらない」

 お見舞いにやってきたディーヴァに、絶対譲らないという姿勢で噛みつくと、苦笑を浮かべて「判った」とあっさり了承してくれた。彼女も少しは反省しているのかもしれない。

「主審はシュナイゼルにやらせて、副審は他の司令に任せるよ。夏樹は私と一緒に観戦しよ」

 ――最初からそうすれば、全て丸く収まったんじゃないの……。

 文句が喉まで出かかったが、懸命にも夏樹は口にしなかった。

「ねぇ、ディーヴァ。私の面倒、シュナイゼルに任せるって前に言ったけど……、シドに交代できないかな?」

「え? どうして?」

「私がシュナイゼルと一緒にいると、リリアンが嫌な思いをするでしょ」

「夏樹はそれでいいの?」

「いいよ」

「ふぅん……。夏樹が良くても、シュナイゼルはどうかな」

「私、もう痛い思いも、恐い思いもしたくない」

 夏樹が冷めた眼差しでディーヴァを見ると、今日はツインテールにしている美少女は、秀でた額をぺちんと叩いた。

「あちゃー。私のせいかな……。ごめんね、夏樹」

「ディーヴァから、シュナイゼルに伝えてくれる?」

 ディーヴァは困った顔をしたけれど、夏樹がじっと見つめると「判った」とため息をついて折れた。




 三日後。ついにラージアンカップは決勝戦を迎えた。
 主審はシュナイゼルが務めている。副審はシドに代わって他の司令が務めており、シドは放送室でディーヴァと共に観戦する夏樹の傍に控えている。
 先日ディーヴァに護衛変更を申し出てから、夏樹の傍に立つのはシュナイゼルからシドに変わっていた。
 寂しい気持ちはあるが、我慢しようと言い聞かせている。
 ラージアンカップのトーナメントが進むにつれて、プレーの精度は上がり、試合は白熱していった。
 決勝戦の後半三十分では、ファンペルシーも真っ青なスーパーヘディングシュートが炸裂して、夏樹も思わず席を立って歓声を上げた。

「すごーいっ!」

 見たこともないスーパープレイだった。
 シュートを決めたラージアンも、堪え切れない喜びを体現するように、フィールドを駆けまわり宙返りを決めた。それを見て、観客席も大いに盛り上がる。

「あはは!」

 夏樹も愉快な気分で、笑い声をあげた。ディーヴァもマイク越しに叫んだ。

『今のシュート良かった! 良かったよ!』

 ラージアン同士の試合だと、面白いくらいに点取り合戦になる。
 今回もロスタイムを迎えて、八対八というサッカーとは思えないような試合運びになっていた。

 ――やっぱり、決勝戦は面白いなー!

 最後は空気を裂くような、超ロングシュートが決まり、十対九で勝負はついた。手に汗を握る、大接戦だった。
 ディーヴァは大いに満足し、上位三チーム金銀銅のトロフィーを贈呈した。
 最初はどうなることかと思ったけれど……、いざ終わるとなると何だか寂しい。ラージアンに交じって審判を務めたことも、辛いばかりではなかった。
 死にかけた、死んで蘇生されたことも、今となっては、ある意味とても貴重な経験だったのかもしれない。二度はご免だが……。

「夏樹、ありがとう」

 ディーヴァは夏樹を家に送る途中、戦闘機の中でぽつりと呟いた。

「え?」

「付き合ってくれて、ありがとう……。すごく楽しかった」

「どういたしまして」

「夏樹、大好きだよ」

 ディーヴァの眩しい笑顔を見て、夏樹は微笑んだ。

「……私もだよ」

 こんな台詞が口から飛び出すことに、自分でもびっくりである。
 リリアンの件ではディーヴァに腹を立てていたけれど、この傲慢で可愛いラージアンの女王様を、心の底から憎むことなんて出来やしないのだ。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ