挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラージアンの君とキス 作者:月宮永遠

2章:生きるか死ぬか

19/42

8

 シュナイゼルもあのラージアン達のように、襲いかかることがあるのだろうか……。
 床に崩れ落ちるヨシ兄の姿が、脳裏に蘇る。暴力は見たく無い。
 頬を長い指で撫でられ、びくりと肩が跳ねた。

「――夏樹」

「あ……」

 大袈裟な反応をしてしまった。
 気まずい思いで顔を上げると、額の信号を淡い紫に染めたシュナイゼルが、じっと夏樹を見下ろしていた。間近で見上げる信号には、金色の光彩が散って煌めいている。

 ――綺麗……。

 誘われるように手を伸ばして、そろりと宝石のような信号に触れてみた。ほんのりと暖かい。ひんやりとしている身体とは違う。
 触れた途端、淡い紫は濃い青色に変色した。思わずパッと手を離すと、その手をシュナイゼルに掴まれた。

「ごめんなさい! 嫌だった?」

「いや……」

 シュナイゼルは戸惑ったように、夏樹の手を離した。
 怒らせてしまったのだろうか……。
 心配になってシュナイゼルの様子を見つめていると、夏樹の視線から逃げるように、ふいと顔を背けた。
 無理やり正面から顔を覗き込もうとすると、今度は反対側に顔を背けられた。

 ――もしかして……、照れてる……?

 信号の色は、濃い青色をしている。
 もう少し明るい色合いの青は、考え込んでいる時の色だと、昨日シュナイゼルが教えてくれた。
 濃い青色はどういう状態なのか不明だが、この状況から察するに、怒っているわけではなさそうだ。むしろ……。

「シュナイゼル」

「……」

「ありがとう。昨日から、何度も助けてくれて……」

「守ると約束した」

「うん」

「あの様子では、試合どころではないだろう。明らかに準備不足だ。夏樹に審判をさせるにしても、せめてチームと選手を決めておくよう、ディーヴァに伝えておこう」

「よろしくお願いします……」

 夏樹は横抱きにされたまま、深く頭を下げた。




 スタジアムをシュナイゼルと共に脱出した後、夏樹はそのまま家まで送ってもらった。
 シュナイゼルは再びスタジアムへと戻って行ったが、夏樹は気疲れしてしまい、ベッドに横になるなり眠りに落ちた。

『マスター、シュナイゼルから通信が入っています』

 アースの声に起こされた。

「ン……」

『繋いでも宜しいですか?』

「うん……」

『夏樹。ディーヴァが会いたいと言っている。いいだろうか?』

「判った……」

 正直、今は顔を見たくないが、仕方ない。ここにいる以上、彼女の存在を無視することは不可能なのだから。
 ため息をついて起き上がると、一階の玄関に向かった。ずらりと並ぶ顔ぶれを見て、思わず怯みそうになった。
 思ったより人が、ラージアンが多い。
 ディーヴァと、その後ろにシュナイゼルと恐らくカーツェ。更にもう一体いる。かなり体格のいいラージアンで、シュナイゼルよりも一回りは大きい。額に光る三角形の信号を見て閃いた。

 ――こいつ、ヨシ兄を殴ったやつだ……!

 後じさる夏樹を見て、ディーヴァは勘違いしたように慌てて口を開いた。

「夏樹、ごめんね! さっきは本当に、怖がらせるつもりはなかったんだ」

「ディーヴァ……」

「ちゃんとチームと、選手を決めておくから。許してくれる?」

 ――ヨシ兄を殴ったのは、ディーヴァが命令したからだ。

「ごめんね、夏樹。怒らないで」

 しかし、ヨシ兄を元に戻してくれたのもまた彼等だ。
 シュナイゼルは優しいし、ディーヴァも強引ではあるが、こうして夏樹に謝りにきてくれた。全てに納得しているわけではないが、夏樹も歩み寄りを見せるべきなのかもしれない……。
 第一、ここにいる以上、彼等と過ごすより他に道はないのだ。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ