挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラージアンの君とキス 作者:月宮永遠

2章:生きるか死ぬか

18/42

7

 ディーヴァはきょとんとした顔で、ぱちぱちと瞬いた。

「え? だめ?」

「なんで決めておかないの? それに監督は? 審判はどうするの?」

「スタジアム造って、観客集めれば、後は何とかなるかなーって……」

「先ず選手が先でしょう!」

「そ、そうかな……」

 夏樹の剣幕に、珍しくディーヴァが押され気味だ。
 しかし指摘をしながら、藪蛇やぶへびかな、という気もした。特に審判に関しては、先日夏樹にやって欲しいとディーヴァに言われたばかりだ。案の定、ディーヴァは目を輝かせている。

「それじゃ、夏樹に任せる。適当にプレーヤーを選べばいいよ。マイク入るから、観客席に呼びかけてみて」

「私が決めるの!?」

「だって、私が決めたらつまらないし」

「無理だよ、選べない。サッカーも全然判らないし……」

「難しく考えないで、とりあえず十一人ずつ選べばいいよ。はい、マイク」

 ディーヴァの強引で物怖じしない性格が恨めしい。さあさあ、とばかりにマイクを向けられて、夏樹はごくりと喉を鳴らすと、やぶれかぶれでマイクに顔を近づけた。

「あの……」

 一言発すると、拡声された声がスタジムに響き渡った。
 十万ものラージアンがいる割に、会場は水を打ったように静まりかえっている。夏樹の声がやけにはっきりと聞こえて、緊張は余計に増した。

「わー、皆、うるさい!」

 ディーヴァはいかにも人間くさい仕草で、両耳を押さえた。あっけにとられて見ていると、シュナイゼルが教えてくれた。

「夏樹の聴覚では捉えられないようだが、我々ラージアンの光互換水晶クリスタルでは、同胞による膨大な量の電磁波を受け取っている」

「そ、そうなの?」

「そうだ。彼等は今、とても興奮している」

 ――わ、判らない……。こんなに静まり返っているのに……。

 マイクに向かって喋ることは躊躇われたが、ディーヴァに急かされて恐る恐る口を開いた。

「あの、これからサッカーの試合を、します……。十一対十一で試合をします。参加したい方、えっと……、フィールドに降りてきてください」

 その直後、開いた口が塞がらないような事態が起きた。
 今まで観客席に大人しく座っていた、ラージアン達が一斉に立ち上がり、我先にフィールドへ駆け下りたのだ――。
 目を覆うような光景だった。
 仲間を押しのけ、競うようにしてフィールドの中心に立とうとしている。
 さっきまであんなに静かだったのに、ラージアン同士の壮絶な争いで、フィールドが滅茶苦茶に破壊されていく。耳を覆いたくなるような轟音が響き渡った。

「あ、あ、あ」

 夏樹は、ここへ来てから、何度目かの恐慌状態におちいった。シュナイゼルに抱き寄せられると、きつく瞳を閉じて硬い胸に顔を埋める。
 こんな状況だというのに、ディーヴァは楽しそうに無邪気に笑っている。

 ――もう無理。もう耐えられない。

 あと一秒でもあの場にいたら、心を壊していたかもしれない。
 けれど、シュナイゼルは夏樹を横抱きにして、狂乱の場から連れ出してくれた。

「夏樹」

 スタジアムから連れ出してくれたことは判ったが、瞳を開ける気にはなれなかった。
 腕の中でぐったりしていると、優しく頬を撫でられた。

「夏樹」

「こ、怖かった……」

「難しいかもしれないが……、怖がることはない。ラージアン同士では、よくある光景だ。本気で殺し合っているわけではない」

「本当に? あんなに酷かったのに、よくあることなの?」

「そうだ。我々は闘争本能が極めて特化している。ああした小競り合いは日常茶飯事だ」

「……シュナイゼルも?」

「そうだ。立場上、他の個体に比べれば冷静だが、外敵と戦う時には容赦しない」

 ――こんなに優しいのに……。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ