挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
0から始める小説の書き方徹底講座! 作者:N.M.ぺんくらぶ

おすすめ小説の紹介

41/61

優しさを透かす小さな世界

 今回紹介させて頂くのは「優しさを透かす小さな世界」です。
 読み始めた経緯は「ジャンル別ランキング」で発見したからです。

 まずは作者による「あらすじ」の引用。
【クラゲくんと透子ちゃんのおはなし】

 一万字弱で完結する短編小説(掲載は連載方式)です。
 優しく温かい物語なので、誰にでもおすすめできます。
 あざとい話しか書けなくなった私にとって、小説を書き始めた頃の、純粋な気持ちを思い出させてくれました。気になるところもあったので、以下に書かせてもらいます。

①子供の一人称にしては思考が大人びている? ※ただし三人称はおすすめしません。淡々と話を進めるよりは共感を得てこその内容ですからね。
②もう少し透子を掘り下げるべきかも? 現時点では透子がクラゲくんを気にかける動機が不足しているように感じました。

 個人的にはこの作者さんの書いた長編が読んでみたいですね。
 こういう切ない系の物語をコバルトに投稿していた頃が懐かしい。 N
cont_access.php?citi_cont_id=835018478&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ