挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
0から始める小説の書き方徹底講座! 作者:N.M.ぺんくらぶ

おすすめ小説の紹介

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/61

沢渡さんは暗号少女

 今回紹介させて頂くのは「沢渡さんは暗号少女」です。
 読み始めた経緯は「ジャンル別ランキング」で発見したからです。

 まずは作者による「あらすじ」の引用。
【『僕』は東京から真昼ヶ崎高校に転校してきた、記憶力のよさだけが取り柄の高校二年生。どういうわけか転校初日からクラス全員の総シカトを受けてハートブレイク寸前の『僕』の日常は、とある同級生の女の子(タグ:美人・変人・病人)との出会いをきっかけに良くも悪くも大きく変わっていくことになるのでした。一話完結でゆるゆるお送りする、暗号系学園コメディです】

 総合ポイントから考えて各種ランキング(特に完結時)に躍り出たと思うんですが、なろうのメイン層に受けなかったのか特出した評価は得られなかった模様。完結しているだけあって感想は多いのですが、このクオリティーでこの総合評価は個人的に残念でなりません。

 以下、序盤に登場する文の引用です。

>教室中にたちこめるこれ以上ないというほどアウェーな空気は、銃弾の飛び交う戦地になんの装備もなく丸腰で立たされているにも等しい精神的プレッシャーと化して僕の矮駆を今にも押し潰そうとしている。

 ライトノベルでは許容される文章だと思うのですが、WEB小説だと長文で読み難いとされてしまうのでしょうか? 個人的には大好物な語り口調だったこともあって、読み進めるに当たって完全に一読者になっていました。

 正直な話、いつプロ(もちろんライトノベル作家)になるんですかというレベル!
 ぜひ多くの方に読んで頂きたいですね。 N

※と紹介させて頂いていたのですが、どうやら第11回スーパーダッシュ小説新人賞で大賞を受賞されたようです。そのため現在小説は削除されています。紹介文を取り下げる方法もあるわけですが、経過報告という形で残すことにしました。
cont_access.php?citi_cont_id=835018478&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ