挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
0から始める小説の書き方徹底講座! 作者:N.M.ぺんくらぶ

プロット

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/61

アウトラインプロセッサ活用術

 長編小説(特に十万字以上)を作成する場合、大雑把な構成を決めてから本文を書くという手法が用いられます。このときアウトラインプロセッサを使えば全体の構成がツリーで表示されるため、現在の編集位置を把握しながら文章を書くことができます。

 初期状態は以下のような図としましょう。 

◆メイド・イン・バトル
 序章 仮想世界メンヘラントへようこそ
 一章 金髪ツインテールメイド降臨
 二章 キスまでの距離

 この状態から序章を一段階だけ開くと以下の図になります。  

◆メイド・イン・バトル
 序章 仮想世界メンヘラントへようこそ
  ①VRMMOの概要説明
 一章 金髪ツインテールメイド降臨
 二章 キスまでの距離

 ここから①を開くと次のような図に変化します。

◆メイド・イン・バトル
 序章 仮想世界メンヘラントへようこそ
  ①VRMMOの概要説明
   ・一兆通りある組み合わせから好みのメイドをカスタマイズできる
   ・主人マスター従事者メイドの関係性
   ・バトルシステム
 一章 金髪ツインテールメイド降臨
 二章 キスまでの距離

 次は全部開いてみましょう。

◆メイド・イン・バトル

 序章 仮想世界メンヘラントへようこそ
  ①VRMMOの概要説明
   ・一兆通りある組み合わせから好みのメイドをカスタマイズできる
   ・主人と従事者の関係性
   ・バトルシステム

一章 金髪ツインテールメイド降臨
  ①主人公が部屋でメイドをカスタマイズ
   ・本格的な英国風メイドか秋葉系の萌えメイドかで小一時間悩む
   ・好みのメイド作成に一日費やす
  ②仮想世界メンヘラントへログイン
   ・顔を合わせただけでメイドからの好感度が下がる
    αリアル過ぎるシステムに主人公轟沈
    βメイドにリュックを取り上げられる
   ・主人公がバトルシステムに愚痴る
  ③メイドの武器は巨大な銀のハサミ
   ・初の戦闘を無難に乗り切る

 二章 キスまでの距離
  ①好感度の減少と引き換えに指示を強制できるシステム発見
  ②主人公が地道に好感度を上げるか無理強いするか悩む


 こんな感じでツリーで表示(携帯からだと意味不明かも)されるわけです。膨大な本文を眺めながら編集する場合と比べて、労力を大幅に減らして伏線や全体の構成を見直すことができます。必要な項目の追加や不必要な項目の削除、また置換なども容易に行えるため、長編になるほど時間短縮効果が顕著になります。※ちなみに各項目の最下層が本文という形になっています。

 フリーソフト(無料)も多いので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。
 エディタやワープロソフトにも含まれているので活用してみましょう。パソコン購入時に付属しているWORDにもアウトラインプロセッサ機能があります。フリーのエディタだとStoryEditorが人気あるみたいですね。※ただし執筆ソフトの合う合わないには個人差があります。
 以下、執筆ソフト選びの参考になりそうなサイトのリンクです。


 アウトラインプロセッサ比較表→http://www.geocities.jp/outline2ch/
 ライトノベル作家が使用しているソフト→http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/CAX/20090727/p1


 好きな作家さんが使っているソフトは見つかりましたか?
 出先で書く機会が多い方にはポメラ(いつでもどこでもすぐ「メモる」をコンセプトに作られた商品で「ポケット・メモ・ライター」の頭文字を取ってポメラらしい)もおすすめです! N

※ポメラの特徴。
 電源ボタンを押して二秒で起動完了。
 単四電池二本で二十時間持つ。
 日本語変換にATOKを搭載している。
 USBによるパソコンとの連動。
cont_access.php?citi_cont_id=835018478&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ