挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
学校の怪談殺人事件 作者:あじろ けい

第2章 女神の死の抱擁

9/71

女神の死の抱擁(2)

新校舎の屋上から見渡せる旧校舎前のテニスコートに、今は数台のパトカーが停まっていた。赤色灯が無言で点滅し続けていて、正面玄関からは刑事らしい人間があわただしく出入りしている。
「教頭先生が呼んだんだ」
 背後からした声の主は海だった。海が授業を抜け出して屋上にくるのは珍しい。この頃では誘っても断られてばかりだった。さすがに今日は海も授業どころではないのかもしれない。
 屋上のフェンスに身を投げ出すと、海はそのままコンクリートの上に崩れ落ちるようにして腰を下ろした。
「事情を説明したら、事故だろうけど、一応警察を呼ぼうってことになった」
 メガネを外した海は目頭を強く抑えた。
「海は、死体を見たの?」
 “死体”という言葉を口にしただけで、空の動悸が強まった。
「ああ……。教頭先生と一緒に美術室に行ったから――」
 今にも降り出しそうな曇り空を見上げる海の目が興奮のせいか充血していた。
「昨日の夜七時半頃、地震があったの、覚えてるか? 教頭先生が言うには、校長先生は地震で倒れてきた石膏像に押しつぶされて亡くなったんじゃないかって……」
「海はそうは思っていないのね?」
 メガネを弄びながら海はうなずいた。
「昨日の地震は震度三程度の揺れだったんだ。揺れているかなと思うくらいの地震で石膏像が倒れるものだろうか。それに、倒れたら危険であるものだから置く場所を考えるとか管理はきちんとしていたはずだ」
「でも、校長の死体は石膏像の下にあった。石膏像も木っ端みじんに壊れていたぜ」と陸。
「事故にみせかけようとして、石膏像を叩き割ったんだとしたら?」
「殺人事件だって言いたいの?」
 唾をのみこもうとして、空は喉がカラカラに乾いていると気づいた。
「凶器はおそらく石膏像のどれかだろう。全部粉々になってしまったから特定は難しいだろうけど。凶器をわからなくするために犯人はわざとすべての石膏像を破壊したんだとしたら――」
「事件だっていうけどさー」
 陸がすかさず口を挟んだ。
「美術室の鍵は閉まっていたんだぜ」
「密室殺人ってこと?!」
 興奮した様子の空にむかって、海は冷静に
「美術室の鍵はなくなっていたんだろう? なら、犯人が持ち去ったってことだ。美術室に限らず、旧校舎の教室は出入りに鍵が必要だ。犯人は校長を殺した後、美術室の鍵を閉めて立ち去った」
「海は、誰が犯人かわかってるの?」
 空はおずおずと尋ねた。殺人事件だと言い切り、凶器がどうのというくらいだから海には犯人もわかっているような気がしていた。
 しかし、メガネをかけた海は首を横に振るだけだった。
「たぶん、校長をよく思っていなかった人間……。こういう言い方は何だけど、人格者っていう人物ではなかったし」
 校長が死んだと聞いて、悲しいというよりも驚きの感情が先だった。事故かもしれないと思った時はさすがに気の毒に思ったが、殺されたかもしれないと海が言っても、同情の気持ちが湧いてこない。むしろ、あの校長なら殺されても仕方ないかもしれないと思ったくらいだ。
「いっとくけど、陸も空も、事件を解決しようなんて考えるなよ」
 空の浮ついた気持ちを見透かしたように、海はぴしゃりと言い放った。
「これは映画でもテレビでもない、現実に起きた殺人事件なんだ。二人に犯人が捜しだせるとは思えないけど、犯人にしたら事件をさぐろうとする人間がいるのは気に入らないだろうからね。しかも、警察が殺人事件だとは疑ってもいないようなんだ。そんな状態で、事件をかぎまわろうとする人間がいたら、犯人はよくは思わないだろう」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ