挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
学校の怪談殺人事件 作者:あじろ けい

第6章 怪談の呪い

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

51/71

怪談の呪い(6)


 殺された篤史が知ったという七つ目の怪談の元ネタは二十年前の出来事にヒントがありそうだと、空はマスメディア部の資料を調べ尽くした。はたして、二十年前の秋から冬にかけてに発行された学園新聞には一連の事件について、おもしろおかしく取り上げられてあった。空はそれらの記事を時系列にまとめてみた。

一九九x年十月十四日前後 宮内先生失踪

       十六日   中等部一年笹木弘明くんの靴が八角の間で発見される

       十八日   旧校舎で異臭騒ぎ

       二十日   美術室の石膏像が動く

    十二月 二日   マリア像に血がついているのが発見される

「こうしてみると、十月に立て続けに事件が起きていたんだな。行方不明になった学園関係者が二人、しかも同時期っていうのは偶然とは思えないけどな」
 陸は空の書いた表をしげしげと眺めていた。
「内容が少し違う。宮内先生の場合はどうやら自分の意志で失踪したらしいから。笹木少年の場合は事件の可能性がなきにしもあらずけど」
 海はソファーに座ったまま、顔もあげずに言った。空が力作の表を手に御藏家を訪れたというのに、海は膝の上に広げた本に夢中だった。篤史が借りた本はいまだ図書室に返却されていなかったが、地元の図書館にならあるかもしれないと海は言い、実際、何冊かは御藏家の近所の図書館に所蔵されていた。海が食い入るようにして読んでいる本は、郷土史のコーナーにあった学園の歴史に関する本だった。
「今回の行方不明事件に似ているよな。八角の間に片方の靴だけが残されていたってところがさ。今回の事件ではメガネも残されていたわけだけど」
「まるで、八角の間で消えたっていう感じよね。二人とも、学園で目撃されたのが最後なのよね。ということは、学園内で何か事件に巻き込まれたって感じかな。八角の間には霊が徘徊しているという怪談はこの事件の前から存在していたけど、笹木君が消えたことで怪談の真実味が増したってところね」
「美術室の動く石膏像と血を流すマリア像は、この時期の事件を元ネタにしてんだろ」
「美術室に関しては、泥棒が入ったのじゃないかという話。でも盗られたものは何もなかったみたい。生徒によるいたずらかも」
「石膏像を動かすのって、楽しいか?」
「男子って、そういう訳わからないことを時々するじゃない?」
「なんだそれ」
 陸ならやりそうだと思いながら、空はくすりと笑った。
「マリア像に血がついているのが発見されたのは――」
「まだ血と決まったわけじゃない」と、海が手元はぺージをめくりながら口を挟んだ。
「そうね、まだ血だとわかったわけじゃないけど。とにかく、血、みたいなものがついているとわかったのは、十二月。学園新聞によると、大掃除の最中に発見されたらしいわ」
「なあ、見つかったのが十二月ってだけで、血がついたのは他の事件と同じ十月頃ってことはありえないのか?」
「血と決まったわけじゃない、陸。でも、血らしきものがついたのが十月ごろじゃないかという推測はおそらくあたっている」
 そういう海の背中にむかって、陸は舌を出してみせた。
「大掃除中に発見されたってことは、ふき取られちゃったわよね。血だったかどうか、もう今からでは確かめようがないよね」
「もし血だったとしたら、古いものでも試薬を用いればわかる。ただし、人間の血かどうかは別の検査をしないとわからないけど」
 海の背中は、一口に血といっても人間のものとは限らないし、人間のものだとわかったとしても、それが直接殺人事件に結びつくとも限らないと語った。
 殺人事件の発生した結果、マリア像に血がついたのではないかと秘かに推理している空と陸とは海に釘を刺された格好になり、顔がみえないのをいいことに二人して思い切り舌を出してみせた。
「それにしても、海が言った通り、怪談にはすべて元ネタがあったってことなのね。動く石膏像、血を流すマリア像は二十年前の出来事が元になっているとわかったし」
「八角の間に日本兵の幽霊が出るという話も、おそらく、戦時中、学園が軍に接収されていたことから来ているんだろう」
「そんなことがあったの?」
「この本によると、1943年、旧帝国軍が学園の土地建物を接収したとある。戦後はGHQに接収され、学園が教育機関として再開したのは1950年ごろとある」
「学園に歴史あり、ね。こうしてみると、昔から伝わっている怪談も基になった話があるのね」
「トイレの紙さまは、使用中に紙がなくなったとか、そういうネタなんだろう。考えてもみろよ、大の後にトイレットペーパーがないって気づいたら恐怖だぜ? そりゃ、紙くれーってなるよ」
 陸の冗談に爆笑したのは空だけだった。
「生物室の骨格標本は本物の人骨という話だけど、どうなのかな」
「今となっては確かめようがない。骨格標本はなくなってしまったから……」
 顔を伏せたままの海の声が震えていた。
 篤史は体を切り裂かれ、骨格標本のかわりに吊るされていた。その骨格標本は犯人が持ち去ったのか、いまだに見つかっていない。
「写真とかで確認できねーの? マスメディア部の資料写真とか、卒業アルバムでもいいんじゃね? 部活の写真が載ってんだろ? 理科部の写真でなら確認できそうだけどな」
「卒業アルバムなら図書室にあったから見てみたけど……普通の、てか普通の骨格標本がどういうものかわかんないけど、とにかく、見た目だけならいわゆる骨格標本でしかなかった」
「本物の人骨かどうか判別するのに写真じゃ無理があるか……おい、どこいくんだ?」
「うん……」
 突然、本をパタンと閉じたかと思うと、海はソファーをたち、そそくさとリビングを出ていってしまった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ