挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
学校の怪談殺人事件 作者:あじろ けい

プロローグ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/71

プロローグ

================================================================

聖パトリック学園 中等部・高等部メールマガジン 20xx年4月号

================================================================

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
在校生のみなさん、進級おめでとうございます。

今年は桜の開花が遅れたため、満開の桜に見守られての入学式となりました。
お天気にも恵まれ、胸のすく思いで新生活のスタートを切ったことでしょう。

新年度初の本メールマガジンでは、新入生のみなさんにむけてちょっと変わった学園案内をしたいと思います。

今年創立145年を迎える聖パトリック学園は、1871年、アメリカ人宣教師ローズ・マッケイによって外国人子女の教育を目的として創立されました。ティンバー様式の旧校舎が唯一、当時の面影を今に伝えています。

その後、日本人の女性たちも受け入れた教育施設へと発展、戦時中は日本軍に接収され、一時的に閉校したものの、戦後、男女教学校として再び門戸を開き、現在に至ります。

百年を超える歴史をもつ学園にはさまざまな不思議な話が伝えられています。代表的なものをいくつか紹介してきましょう。

-------------------------------------------------------------------------------------
月夜に徘徊する殺人鬼
-------------------------------------------------------------------------------------
数多くの特別教室が居並ぶ旧校舎。その一階にある生物室では生体観察や実験などが行われます。この生物室の“主”ともいえる存在が、等身大の人体骨格標本。この標本、実は本物の人骨であると言われています。死刑になった殺人犯の骨で、満月の夜になると骨となった今も次なる犠牲者を求めて学園内をさまよい歩くのだとか……。

--------------------------------------------------------------------------------------
動く石膏像
--------------------------------------------------------------------------------------
旧校舎二階には美術室。ギリシャの神々や英雄たちを模った石膏像たちはデッサンの授業で大活躍! モデルをしている間は微動だにしない彼らですが、夜になると固まった体をほぐすかのように教室内を動き回るんだとか。石膏像界一のイケメン、アグリッパ像と、愛と美の女神ヴィーナス像とは恋愛関係にあり、引き離して置いたはずがいつの間にか隣同士になんてことも。

--------------------------------------------------------------------------------------
血の涙を流すマリア像
--------------------------------------------------------------------------------------
旧校舎二階には、創立者であるローズ・マッケイの名をつけたマッケイ記念礼拝堂が。現在は礼拝堂としては使用されておらず、YMCA・YWCAの部室として用いられています。剥き出しの木組みが形作る半円の堂内は往時の荘厳な雰囲気を湛え、祭壇にはマリア像が祀られています。どこか憂いを帯びたような表情のこのマリア像、生徒がこっそりと打ち明ける苦しみに共感すると血の涙を流すと言い伝えられています。

--------------------------------------------------------------------------------------
八角の間
--------------------------------------------------------------------------------------
旧校舎中央、正面玄関を入ってすぐの広間は、その形が正八角形をしていることから生徒たちの間では「八角の間」と呼ばれています。正面玄関の真向かいには二階へと続く中央階段が、中央には廊下が走り、戦後に増築された新校舎へとつながっています。この八角の間、その形の珍しさからか、異次元へつながっているだの、例が徘徊するだのといった奇妙な噂話が後を絶ちません。

--------------------------------------------------------------------------------------
開かずの部屋
--------------------------------------------------------------------------------------
かつてセントラルヒーティングを備えていた学園。戦時中、金属供出により設備は解体されてしまいました。その後、ボイラー室は地下倉庫として用いられることに。しかしこの地下室、現在は使用されていません。それどころか、どこにあるのか誰も知らないのです。生徒が誤って閉じ込められる事故があったことから、その入り口は閉じられ、壁に埋め込まれてしまいました。にもかかわらず、閉じ込められて亡くなった生徒が助けを呼ぶ声が聞こえるのだとか……。
--------------------------------------------------------------------------------------
トイレの紙さま
--------------------------------------------------------------------------------------
学園のトイレには神様さまならぬ「紙」さまが存在すると言われています。この「紙さま」、一番奥の個室にいて、紙、つまりトイレットペーパーが欲しいとドアの隙間から手招きすることから、いつしか「紙さま」と呼ばれるようになったんだとか。無視すると隙間から腕が伸びてきてトイレの底に引きずりこまれてしまいます。しかし、トイレットペーパーを渡してやると、おとなしくトイレに引き返すそうです。学園にはいくつものトイレが存在しますが、「紙さま」はどのトイレにも出没するのだとか。一番奥の個室が閉まっている時は要注意!

--------------------------------------------------------------------------------------
七つ知ると死ぬ
--------------------------------------------------------------------------------------
学園にまつわる怪談・奇談はここまでにしておきましょう。というのも、七つ知ってしまうと死ぬという噂話があるからです。くれぐれも、七つ目の怪談が何か、知ろうとしないようにしてください。謎は謎のまま、無事に卒業したいと思うなら探ろうとしないのが一番です。

--------------------------------------------------------------------------------------

最後は脅かすような内容になってしまいましたが、学園にまつわる怪談・奇談を通しての学園案内、いかがでしたでしょうか。

新入生のみなさん、ちょっぴりゾクゾクしながらも、中等部・高等部と合計六年にわたる学園生活を思う存分に楽しんでください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ