挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
手紙 作者:Pー龍
50/53

おじさんと

 早朝(いつものランニングの時間)から1人で私たち3人分のお弁当を作り上げました。小さめのお弁当箱なので、おじさんなら2つ食べられるだろうと思います。ごはん、卵焼き、ウインナー、それにデザートのオレンジとリンゴ以外は今回冷凍食品さんに頑張ってもらいました。味に文句があったら冷凍食品を作っている会社までどうぞ。これまでのおばあちゃんのありがたさが身に染みてきます。この間、おじさんはひげを剃ったり着替えたり新聞読んだりテレビニュースで天気確認したり今日の自分の荷物をまとめたり・・・つまみ食いしたり。
 私の持って行く荷物は前の晩にもう全部用意してあります。忘れ物は無いはずです。ママの使っていたカメラマン用ベストも箪笥から見つけ出して着用しています。ママのウェディングドレス姿の写真はスマホの待ち受けに設定してあります。バッグにお弁当も入りました。おやつも救急セットも装備しています。さぁ出発だ。

「おじさん、遅いよ。」
「ふー、ごめんごめん、年取るとさぁ、やっぱり体力って無くなるもんだよね。陽夏ちゃんは若くていいなぁ。おじさん羨ましいよ。」
 こんなありきたりな言い訳をつぶやくおじさん。出発からはかれこれ1時間以上経過しています。後ろから追いかけてくるおじさんのペースは少しゆっくり気味。私が漕ぐのをやめて適当に写真を撮っていると、そのうちに追いついて来ます。

 今日の目的地は早咲きの桜の花が咲く川沿いの土手です。地元に住んでいるお爺さんが何年もかけて1人で植えたものなんだそうです。そこまでは残り1時間程度かな。

「おじさん、良さそうな自転車に乗ってるのに、ママチャリの私よりも遅いってどうなの?」
 そんな憎まれ口を叩く私。
 おじさんは申し訳なさそうな顔をします。追いついてきたおじさんを見てまた走り出す私。おじさんはその後をついてきます。実はおじさんの背負う荷物の中に水筒やペットボトルが私の分も含めて2人分入っているのは内緒です。

「陽夏ちゃんは自分のペースで走っていいからね。俺は後から追いつくから。」

 おじさんの声に振り向いてみると、後ろを走っているおじさんの顔はなんだかとても嬉しそう。私はこの時、閃きました。自転車を漕ぐおじさんの写真を撮ってやろう。

 今日の撮影モデルは決定しました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ