挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
手紙 作者:Pー龍
43/53

対話

「おじさん、今日の勉強はお休みにしようかと思います。っていうかお休みにします。」
「どうしたの、陽夏ちゃん? 受験日が近づいて来てることで気持ちが乗らないのかな?」
「気持ちは確かに乗らないんだけど、最近おじさんと私ってあんまりお話をしていない気がするんだよね。」
「そうかい?」
「うん。今朝の早朝ランニングも『いい天気だねぇ』『そうですね』『ちょっと風が吹いて来たかな』『寒いですね』こんなことしか話してないよ。」
「覚えてるもんだね。そっか、そうだね。よし。じゃ今日の勉強は無しにして、陽夏ちゃんとお話しようか。陽夏ちゃんはこのおじさんに何か聞きたいことあるかな。」
「うん。――――おじさんの仕事って私知らないんだけど。」
「あれ、言ってなかったっけ?」
「はい。聞いてませんけど。」
「そうかぁ。てっきりママに聞いて知ってるもんだとばっかり思ってた。俺も言ってなかったんだね。春先にさぁ、陽夏ちゃんが自転車でパンクした時に通りがかった男がいたよね。」
「はい。親切なおじさん、確か石井さん。」
「あの男、石井甫(いしいはじめ)と俺は同業でね、俺も映画を作ったりしています。あの男が陽夏ちゃんに譲った映画のチケットあったでしょ。あのアニメ映画作ったのが俺。」
「はぁ?」
「陽夏ちゃんがあの男に手紙を書いたよね。石井は映画の感想の記された陽夏ちゃんの手紙を俺に見せてくれたんだよ。そのおかげで俺はママが入院していることを知ったんだ。そしていまここにいたりする。だから陽夏ちゃんは俺とママのキューピッドだよね。」
「じゃ、もうすぐ続編が・・・・・・」
「うん。もうだいたい完成してる。」
「最近帰りが遅かったのも?」
「ここ数日追い込み作業が続いてたからね。」
「ママは知ってたの?」
「陽夏ちゃんがチケット持って帰ってきたときから気付いてたみたいだね。」
「何てこった。」
「そんなに落ち込むようなことかな?」
「あー、おじさんは気にしなくてもいいよ。これはママにすっかり騙されていた私の不甲斐なさを嘆いているだけなので。」
「白田さん、むかしから悪戯好きだからねぇ。」
「おじさんもママの悪戯にやられたことあるの?」
「そりゃもう・・・・・・」

 おじさんはママのおかげでこれまで散々大変な目に合ってきたんだそうです。ママの昔の話をしてくれました。おじさんの話してくれたママはすごくかわいくてキュートで、私の知ってるママとは少し違っていたけど、ママのことを話してくれるおじさんはとても幸せそうでした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ