挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
手紙 作者:Pー龍
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/53

応援

 最近、おじさんは早く帰ってくるようになりました。仕事がひまになったのかな? 引っ越してきた頃は家に帰ってくるのが夜10時を過ぎていたのに。今ではおばあちゃんと私と3人で7時過ぎには晩御飯を一緒に食べています。夜遅く帰って来ていた頃には私の素行も問題にならなかったんだけど、早く帰ってくるようになってからは私のあられもない風呂上がりの姿をおじさんに目撃されてしまうことも度々だ。おじさんはそんな時あわてて視線をずらそうとするので、それを見て私は『あー、またやっちまった』と気付くことになる。今のところまだトイレでの失敗はしてないと思う。

 今日は学校の先生が来てくれていた。先生は私の英語の勉強を見てくれる。おかげで私は英語が少し好きになりかけている。先生はおじさんとも少し話をしていた。先生は私立の高校も受けてみたらどうなのかと勧めてくれたけど、私には全然そのつもりはない。おじさんと先生の間でそのことについて話があったみたい。ちょっと先生の興奮した声が聞こえてくる。おじさんの声も聞こえてくる。私のせいでケンカするのはやめて欲しい。

 おじさんはいつも笑顔だ。私とおばあちゃんの前ではいつも笑っている。ママの前でもきっと笑っている。でも今日、おじさんが1人でいる時に険しい顔をしているのを見た。晩御飯の用意が出来たから声を掛けようとした時、おじさんは部屋でずいぶんと険しい顔をしていた。
「おじさん、ご飯の準備できたよ。食べよ。」
「あぁ、ありがとう。今日も美味しそうな匂いがしてきてたよ。」
「さっき、先生は何て言ってたの?」
「陽夏ちゃんの今の出来ならもっといい学校へ行けるから狙ってみないかって話さ。」
「私にそのつもりはないって言っといたのに。」
「俺からも陽夏ちゃんのことを説得しろってさ。」
「説得してみる?」
「ママが言ってただろ。陽夏ちゃんが思うようにすればいい。ママもおじさんも陽夏ちゃんのことを応援してる。だから自分が選んだ道を進めばいいんだ。もちろん陽夏ちゃんが私立に行きたいって思うんなら、それを応援するよ。今からだってギリギリなんとかなるだろう。」
「私立へ行くつもりないよ。」
「なら、それでいいよ。」
「おじさん、さっき顔が怖かったけど何考えてたの?」
「――――陽夏ちゃん、俺、ママにプロポーズしてもいいかな?」

 どうやらおじさんは真剣な顔をしてそんなことを考えていたようです。私のことではありませんでした。まったく、そんなことはママと2人でどうにでもしやがれ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ