挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
手紙 作者:Pー龍
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/53

居候

「陽夏ちゃん、今日からこちらにお世話になるよ。よろしくね。」

 ある日、ママの友達のおじさんが我が家にやって来た。今日からこのおじさんは私やおばあちゃんと一緒に暮らすことになっている。おかげで昨日は、おばあちゃんと私で空き部屋に詰め込まれていた10年分のガラクタを埃まみれになりながら片づけることになった。それはそれで面白かったんだけど、解せぬ。
 ママが私の家庭教師をこのおじさんに頼んだ結果がこうなったということらしいので、私にはこの件について拒否権が無いんだそうです。ママは年頃の娘をなんだと思っているのでしょう。おばあちゃんもおじさんのこと大歓迎して今日の夕食はご馳走なんだそうです。美味しいものが食べられるのは嬉しいけど、私も準備を手伝わないといけません。まったく困ったもんだ。今日からはもうお風呂の後、バスタオル姿で台所をうろうろすることが出来なくなりました。もちろん下着姿でテレビを見ながらリビングでゴロゴロすることもできません。トイレも気を使わないといけません。私にはトイレのドアを開けっ放しにする癖があるのでとても心配です。ママ曰く、このおじさんは人畜無害だからその辺心配しなくてもいいんだそうです。おじさん、もっと積極的に頑張らなきゃダメだよ。ママのことグッと押し倒しちゃってもいいからね。私が許可します。“お前らさぁ、もう早くくっついちゃえよ。”いつかきっと2人に向かって言ってやるんだ。
 おじさんは荷物を片付けると、すっかり引きこもる覚悟をしていた私の部屋にノックをして入って来ました。高校の話をしました。おじさんも私のことを応援してくれるんだそうです。明日から毎朝8時から10時までのスケジュールを押さえられてしまいました。数学だけじゃなく3教科とも見てくれることになりました。英語だけは自信が無いけど、どうにかするっておじさんは言ってました。英語は先生が来てくれるのでどうにかなると思います。早朝走り込みも付き合ってくれるんだそうです。まずい、ピンチです。これで朝サボれなくなりました。おじさんは今日は仕事をお休みにしてきたそうです。私はおじさんが何の仕事をしているのか知りませんが、ママとおじさんが話をしているのを聞く限り、いつも忙しいはずです。私の高校進学のために勉強を見てくれる時間を作るためにおじさんは生活を変えて今ここにいます。私はそのことに感謝して勉強をしないといけません。わかってはいるんです。なので勉強は明日から頑張ろうと思います。
 そんなわけで、今日は3人でママのところへお見舞いに出掛けましょう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ