挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
手紙 作者:Pー龍
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/53

再会

「白田さんが入院してるって聞いてさ、さっきお母さんにお会いしてここを教えてもらったんだ。お母さん、こっちに電話入れといてくれるって話だったんだけど。」
「電話なんてなかったわよ。きっとお母さん、タツくんの顔をいきなり見てびっくりする私の顔を想像して面白がってるんだと思うわ。あの人ってそんな人だから。」
「これ、さっき買ってきた。白田さん、確かこれ好きだったよね。」
「懐かしいわね。まだ売ってるんだ。さぁせっかくだから一緒に食べましょう。飲み物入れようか?」
「――――体調のほうはどうなんだ?」
「あまり良くは無いんだけど、どうにか薬で騙し騙しってところかしらね。気を抜くとたまに酷い目に合うのよ。でもね、今はあなたの顔を見たから元気なの。」
「そうか。もう入院生活長いんだってな。見舞いがこんなに遅くなってしまって悪かったよ。」
「タツくん、私の入院のこと、どうせ昨日あたりに知ったんでしょ。それから慌ててあちこち聞いて調べまくってここに来てくれたっていうのが簡単に想像できちゃうわ。周りの人に迷惑掛けちゃってない? 仕事投げ出してない? もう、相変わらずなんだから。」
「すごいな。俺のこと完全に読まれてるな。」
「タツ君に教えたら仕事が手につかなくなっちゃうだろうから、教えるわけにはいかないのよ。残念ながら知られちゃったんだけど。」
「昨日さ、監督仲間から陽夏ちゃんが書いた映画の感想を見せてもらったんだよね。」
「あぁ、そうゆうことでしたか。そんなところに罠が仕掛けてあったんだ。この前、陽夏があなたの映画のチケット貰ってきてたのよね。その親切なおじさんてのがあなたの友人だったってことなのかー。さすがにこれは読めないわよ。あのチケット見た時、こんな偶然もあるのかしらって驚いちゃったのよね。懐かしくて陽夏に一緒に行こうって誘われた時、病室抜け出して一緒に見に行っちゃおうかしらって思ったのよ。でも無理して映画館に行ったところであなたに会えるわけでも無いし。そのうちDVDが出たら見せてもらおうかと思ってるわ。」
「販促用のDVD持ってくるよ。」
「陽夏がね、あの映画のエンディングが気に入らないみたいなのよ。」
「それ、あの手紙の感想にも書いてあったね。本当に大好きな人とは結ばれないっていうのがこの世の常だと俺は思ってるからさ。その辺りを表現したつもりなんだけど、若い子にはやっぱり評判悪いみたいだ。」
「あなたって前もそんなこと言ってたわよね。」
「そうだったっけ。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ