挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
手紙 作者:Pー龍
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/53

おばあちゃん

 次の日の朝、私が朝ご飯を食べ終わった頃、おばあちゃんが我が家にやって来ました。

 おばあちゃんはすごく一杯の荷物を抱えていました。時間を教えてくれれば駅まで迎えに行ったのに。タクシーの運転手さんに手伝ってもらって荷物をたくさん降ろしていました。私も少し手伝います。
 おばあちゃんも私を見ていきなり抱きしめてきました。我が家にはそんな伝統があるみたいです。

「おばあちゃん、おはようございます。いらっしゃい。」
「陽夏ちゃん、おはよう。今日まで1人で大変だったでしょ。」
「ううん、そんなに大変じゃなかったよ。たった2日のことだったし楽勝でした。」
詠子(えいこ)ったら、陽夏ちゃんのこんな大事な時期に入院することになるだなんて、ほんとに間が悪いのよね。」
「しょうがないよ。ママが悪いんじゃないし。それにそんな大事な時期でもないよ。」
「これからは、おばあちゃんがここで一緒に暮らすことになるんだけど陽夏ちゃんはそれで構わないかな?」
「うん。昨日、ママがそう言ってた。私は1人でも全然平気だけど、おばあちゃんが居てくれるとうれしいです。どうかよろしくお願いします。」
「おばあちゃんのこと、受け入れてくれてありがとう。陽夏ちゃん、もう朝ご飯はたべたのかな?」
「さっき、食べました。おばあちゃんも食べますか?」
「私は、さっき駅のコンビニでパン買って、さっきのタクシーの中で頂いて来たよ。だから平気だよ。陽夏ちゃん、ありがとうね。」
「じゃ、この荷物片づける?」
「そうだねぇ、それよりもおばあちゃんは早いところ病院に行ってママの様子を見てこようって思うんだけど、そのあいだ陽夏ちゃんは学校へ行っておいで。この荷物は帰ってきてからゆっくり片付けさせてもらうよ。詠子(えいこ)の部屋にでも入れておいていいかな?」
「おばあちゃん、これからママの所に行くの? それなら私が案内するよ。それと荷物入れるんならママの部屋は2階の奥だよ。運ぼうか?」
「陽夏ちゃんが案内してくれるのはうれしいんだけど、でも学校はいいのかな?」
「平気。私にとっては学校よりもママの方がずっと大事だよ。そんなの当たり前でしょ。」
「そうね、うん。陽夏ちゃんはいい子なのね。こんなにいい子に育ってくれてありがとう。」

 おばあちゃんも泣き虫です。でもおばあちゃんに泣きながら抱きつかれるのはちょっと苦手です。

 おばあちゃんと私は、おばあちゃんの持ってきた大荷物をママの部屋に運び入れた後、タクシーを呼んで2人で病院へと出掛けました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ