挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

カラこもり

作者:仕神けいた
すいませんm(_ _)m
先に謝っておきます。
思いつきのままに、推敲もなしで書き連ねたのでストーリーになってないと思います。ご容赦ください。(推敲と書き直しは時間をみてやる予定なのですが……)
 床も壁も、ただ一つの単語で埋め尽くされていた。

殺す……殺す……殺す  殺す 殺す 殺す 殺す 殺す
 殺す 殺す 殺す 殺す  殺す 殺す 殺す 殺す  殺す 殺す 殺す 殺す  殺す……

 真っ赤に染まった壁床に、ごろんと転がる碧眼の少年。
 いつからここにいたのか、生まれたときからいたのか。
 狭く、暗く、乾いた部屋。
 一体何でできているのか。
 窓は一つもありはしない。
 なのに、床と壁は赤く見えていた。
 少年の瞳は青く輝いていた。

――憎しみの色だね

 声がする。
「名もなく、親もなく、言葉を知らない君。さあ、君の声を聞かせてごらん」
 声に応えて少年は起き上がる。
 磨り減った両手の先は、再び真っ赤な言葉を刻む。

「……殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す……」

 少年は、ただひたすら刻んでいった。
 たった一つ与えられた『殺す』という言葉を唱えながら。
 頭に響く声のままに、一つ覚えの言葉のままに。

 彼は言葉を持たずに疑問を持つ。
 それはやがて不快となり、時を経て、憎しみへと変わっていく。
 憎しみへの連鎖を覚えてく。
 憎しみだけを憶えてく。

 無心とも夢中とも違うその行為。それはまるで狂気にみえた。狂気がつくった輪廻にみえた。


「叫びも知らない、慟哭もわからない、君はただただ刻むだけ」

 声がする。頭のどこかで声がする。

「さあ、たくさんたくさん憎んでおくれ。
 僕一人だけを憎んでおくれ。
 君には僕しかいないんだ。
 僕にはここしかありはしない。
 君は僕を殺すんだ!」

 こだまするように、少年の頭に響き渡るように声は叫び、そして消えてった。

 夜も朝も昼もない。
 空も大地も海さえない。
 周りは暗く、そして赤い。

 少年の動きがぴたりと止まる。
 碧い眼は、ごろんと寝転がってゆっくり閉じた。

 声が聞こえてくることを、ずっとずっと待っていた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ