挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

愛の歌

作者:つばめ
神様への愛の歌、喜びの詩、善の光りの歌。込み上げる想いを詩集として書き綴ります。
始まり
2017/03/18 11:41
母と子
2017/03/19 20:49
子供達
2017/03/20 21:18
2017/03/21 09:33
2017/03/22 06:38
震える
2017/03/23 06:33
比べる
2017/03/23 10:42
気圧と気候
2017/03/24 07:40
お母さん
2017/03/24 14:35
幸福
2017/03/25 21:23
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

現代短歌

 五・七・五・七・七で韻を踏む。  韻律と押韻の制約のなかで、日本語はどこまで自由か。  乾いた短歌、いかがですか。

  • 詩〔その他〕
  • 連載(全23部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/21 08:00
sashikomi

連続してはいないけれど、それでもメモリの許す限り、何かを切って、貼っていく。 もしもその数が増えていったら、何か連続したものが見えるんじゃないのか。 そんな1ペ//

  • 詩〔その他〕
  • 完結済(全31部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/06/30 20:00
赤道

119番目の元素を求めて。

  • 詩〔その他〕
  • 完結済(全20部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/15 23:06
心の声詩集

その日、その日、自分の中で湧き上がる想いを綴らせて頂きます。 詩のはずですが、何故かエッセイのようになっております。 内容が幅広く拡大し始めております。お暇な時//

  • 詩〔その他〕
  • 完結済(全100部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/02/19 21:34
↑ページトップへ