挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

水底の船

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

89/100

イヴァルトへ

「今回の連合軍の呼び掛けにも、イヴァルトはあまり乗り気ではありませんでしたね……」

 刺々しさを含ませて、ライラが呟く。
 商業都市のイヴァルトには、ブラム王国の影響力も及んでいる。
 それが、彼らの動きの鈍さの原因だろう。

「ジル男爵とライラ殿には、特使としてイヴァルトに向かってもらいたいのじゃーー第一に情勢探索……そして連合軍への積極的な参加を促してもらいたい」

 僕は少し驚いた。
 パラディンに内定したとは言っても、それを知るのは王宮内の一部のはずだ。

 まだ他国では公になっていない。
 アラムデッドの件で有名になったであろう僕だけれど……。
 正直、自信はまるでにない。

「……僕にできるでしょうか……」

 気弱なつもりじゃないが、ぼんやりと感じたことが言葉に出てしまった。
 僕には華やかな外交舞台の経験も、強面に交渉をごり押しする技術もない。
 我ながら心細いのは事実だった。

「そこはそれ、私がぐわーっといきますから……ジル殿はむしろ優しく懐柔するようにしてください」

 ライラがすました顔で、心意気を語ってくれる。
 なんだかいまいちよくわからないけど……。
 アメと鞭、ということか。

「聖教会とディーンの働きかけにもあまり応じぬイヴァルトのこと……大きな成果はないやもしれぬ。しかし、スケルトンのルート解明も含めて、死霊術師に詳しく対抗できるのはそちだけじゃ」

 僕は先ほど渡された首飾りの布包みの感触を確かめる。
 つややかな肌触りが、心地いい。
 これが今の僕の切り札だった。

「飛行騎兵の使用を許可する。ライラ殿とともにイヴァルトへ急行するのじゃ」

 ナハト大公の眼からは、不安はあまりなさそうだ。
 むしろ僕のお手並みを拝見、という目付きだった。

 もちろん僕はやり抜くだけだ。
 うまくできるとは断言する経験はない、でも期待には応えたかった。
 先ほどの心細い声は、忘れよう。
 今は、一つ一つこなしていくだけなのだ。

「はい……!!」

 状況はどんどん進む。
 立ち止まってる暇は、僕にはない。

「うむ……それと今回のイヴァルトにはイライザ殿も行かせよう。死霊術師にもヴァンパイアにも詳しいからの」

「イライザもですかっ!?」

 声が大きくなってしまった。
 この前の話から、また離れるのかもーーそう思っていたけれども。
 嬉しい話だった。

 あれ、でもヴァンパイア?
 イヴァルトはヴァンパイアの国ではなく、多民族国家だったような。

「そのルートであるが……ヴァンパイアが元締めのようだの。アルマ殿は、顧客にもヴァンパイアが多いと言っておった……。その点からも、そなたが適任じゃ」

 僕の《血液操作》を知った上での発言だった。
 確かにそれならーー僕が適任なのだった。


 ◇


 出発は2日後と決まった。
 まずは僕とライラ、それに何人かがイヴァルトに先行する。
 ナハト大公はすでに3千の軍をイヴァルト周辺に置いているが、まずはそこに合流ということだ。

 グラウン大河からブラム王国の侵攻を警戒するのと、圧力をかけるのと。
 兵を置いているのはそういうことだろう。

 3千の軍を率いるのはガストン将軍ーー僕も知らない人じゃない。
 僕の父と戦場をいくつも共にした叩き上げの戦術家だ。

 父の葬式にも現れて、すまなさそうに頭を下げていた。
 ひげも髪も真っ白な、小柄だけどがっしりとした騎士だ。
 僕の方が申し訳ないくらいの態度だった。

 僕がいくぶんか気が楽なのは、イライザの存在もある。
 やはり彼女と一緒に取り組めるのは、いろんな意味でやりやすいのだ。

 あとは……ライラか。
 ナハト大公の口振りだと、僕とライラが中心で動くようだ。

 高等審問官である彼女について、会ったばかりだけどあまりいいイメージがない。
 教義にうるさく、融通がきかないーーそれが審問官に対する一般的なイメージだ。

 僕が不利益を被った出来事はないので、偏見かもしれない。
 いずれにしても、ライラともっと打合せして歩調を合わせるべきだろう。

「高等審問官のライラ殿が、来られました……!」

 部屋の外から、緊張した護衛の声が聞こえる。
 まぁ、無理もないが……。
 これが審問官に対するありがちな反応なのだ。

「……どうぞ、入ってください」

 時刻はすでに夕方、鮮やかな夕陽が僕の部屋を照らしている。
 雲は少なく、オレンジ色にあらゆるものが染まっていた。

 僕は立ち上がり、ドアまでライラを出迎えたのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ