挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

死の主

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

73/101

崩落

 エリスが揺れる丘と僕を睨みつける。
 それでもまだ猫撫で声は変わらなかったが。

「何を、何をしたのかしら……ジル?」

 しかし、エリスの声にはわずかな苛立ちが含まれていた。
 さらに一発、轟音が丘を襲う。

 僕のお願いした通りに、イライザがやってくれた証だった。

「何をしたか、察しはついてるだろう。この贖罪の祭壇を崩してるのさ……!」

 エルフは精霊術に長けており、自然環境を変えることができる。
 それが200人、もちろんアルマたちもいる。

 エリスの紫の魔力が霧を阻み、転移を防いでも丘全体を守っているわけではない。
 もうエリスは人間じゃなくなりつつある。

 そして、クラーケンの触手も現れたのだ。
 これしか、すぐにエリスをどうこうできる手段が思い浮かばなかった。

「ジル……自分が何をしたか、わかっているのかしら?」

 鳴動はいよいよ大きくなる。
 岩肌の亀裂が丘の全面にわたっていき、ぐらぐらと断続的な揺れが続いていく。

「あのクラーケンは、これ以上こっちに来られなくなる……違うのかい?」

 エリスが否定もせず押し黙った。
《神の瞳》と同じような仕組みなら、基点となるものがなくなれば力もなくなる。

 とんだ強行策だが、裏をかくことができたようだ。
 これも、エルフのみんなを連れてきたから、出来たことだった。

「それでもまだ私がいるわ……。勝てると思ってるの、ジル?」

「思ってるよ、エリス!」

 僕は飛び起きるや、エリスから距離をとる。
 エリスも反応するが、さっきとは少し状況が違う。

 揺れが続く中、僕は自分の血で身体を安定させられる。
 しかしエリスにとっては、僕の血は障害物であり敵の武器なのだ。

 僕の血が地面から槍のように4本飛び出す。
 エリスは身をよじるが、完璧な動きはもう出来ない。

 エリスは血の槍を2本避けて、両腕で2本を横薙ぎに叩き折った。
 代わりに、エリスは前によろけたのだ。

 僕はその隙を逃さなかった。

「エリス……!!」

 僕はあえてエリスへと突っ込んでいった。
 勝つとは言ったが、方法はひとつしか思い浮かばなかったのだ。

 体勢の崩したエリスの真正面に飛び込み、そのまま力任せに抱き上げる。
《血液操作》なら、精神力で無理やり動かすことができる。
 それはもちろん僕だけでなく、触れている敵も同じことだ。

 もう半端に傷つけても、効果的じゃない。
 一気に決着をつけるべく、僕は丘の端ーー大地を割って這い出したクラーケンの触手へと駆け出した。

 その間に血の刺を作っても作っても、エリスの傷口はあっという間に塞がっていく。
 再生の度に紫の魔力は少しずつ薄まるようだけれど、全ての魔力が底尽きるのはいつになるかわからない。
 やはり、単純な攻撃では駄目だ。

 エリスの血は魔力がありすぎて《血液操作》することもできない。
 やなり、この手しかない。

「付き合ってもらうよ、エリス!」

「ジル、何を……!?」

 エリスが手を振り上げて魔力を収束させた瞬間に、ついに丘が崩壊を始める。
 岩肌が砕け落下していく。

 白い石柱も傾き、ばらばらになっていく。
 贖罪の祭壇も割れ目に吸い込まれ、消えていった。

 劇的な変化はすぐに起こった。クラーケンの触手全てがぴたりと止まったのだ。
 空からの3本も地面からの1本も、まるで凍りついたかのように不自然に固まった。

 紫の魔力も祭壇の破壊と同時に、急速に乱れていく。
 エリスが手繰り寄せようとするのをあざわらうかのように、魔力は霧散していくのだ。

「あなた、死ぬつもり……?」

 単に丘の上から落ちれば死ぬしかないが、さきほどから広げた僕の血がある。
 僕の意識を受けて、それは柱や足場にもなるものだ。

 崩れゆく岩の中を、血で滑るように飛び移り走り抜けていく。
 たった一つの勝機は、エリス自身が呼び出したクラーケンにある。
 むしろ、僕の直感ではそこにしかない。

 クラーケンが現れた裂け目にーーエリスを投げ入れる。
 冥界のほとりでもエリスはまだ闇の中にいた。
 その闇の底へと、送り返すのだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ