挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

死の主

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

70/102

クラーケン

「なんだって……?」

 聞き間違えかと思った。
 エリスの声で、顔で、あり得ない。

「驚くのも無理はないけれど、私はエリスを通して覚えているわ。あなたがーー愛を捧げてくれた日々のことを」

「……お前相手にじゃない」

 かつてエリスに、好かれようとしていたことだ。
 こんなわけのわからない奴のためなんかじゃ決してない。

 エリスはしなを作り、本当にうっとりとしている。
 一度も僕には見せたことがない、緩んだ顔だ。

「ふふふ……その堅物なところ、本当に好みよ。ああ、それで私の愛は? 私のものにはならないの?」

 僕はつばを飲み込んだ。
 正気とは思えない。冥界のほとり、その闇の向こうのような掴み所のない話だ。

 しかし、僕にはやるべきことがある。
《神の瞳》を祭壇に置き、封印を戻さなければならない。

 それにも、エリスが邪魔になっている。
 僕は血の刃を構えると、一歩前へ進んだ。

 血の刃は細長く、前方へ少し伸びている。
 振り抜けば、エリスを斬れる間合いになっていた。

「まずはそこをどいてくれ。《神の瞳》を元に戻したいんだ。……全部終わったら、少しは聞くからさ」

「あら、駄目よ。せっかくこの世界を綺麗にするのに……それじゃ、お掃除もできないわ」

 エリスの瞳が妖しく光る。
 僕はとっさに、血の刃を振りかぶった。
 しかし、刃は届かない。

 猛烈な紫の魔力がエリスから放たれる。凄まじい魔力の勢いだった。
 僕は一瞬で、立つのも精一杯になる。

「うふふ、ジル……先に私の力を見せてあげるわ。そうすれば、私に愛されることの意味がわかるはずよ」

 エリスはダンスするように腕を回して振り上げ、優雅に広げた。

 普通なら魔力は指向性を持つ。特定の相手、魔術式に従って解き放たれる。
 それがエリスの魔力は、ただただ無秩序な奔流だった。

 魔術師でない僕にも、力の隔絶さが感じられる。
 魔力は紫の強風となって、岩肌を吹き付けていた。

 石つぶてが転がるだけじゃない、エリスの魔力はもっと高くーーどんどんと紫の魔力が空に向かっていく。

「信じられません、こんな魔力が……」

 イライザが呆然と呟くと、みしりと岩肌が揺れ出した。
 地震かと思ったが、違う。

 エリスの魔力を受けて、贖罪の祭壇そのものが鳴動しているのだ。
 上半身は魔力を受けて、足元は震えている。

 恐ろしい、これが神の力なのか。
 エリスは僕の様子を見て、息をふうっと吐いた。

「ジル、私があなたたちがモンスターと呼ぶ生物を生み出したって聞いたことあるかしら」

「5つの神に対抗するため……自分の兵として生み出した、と聞いてるよ」

「そう、そうよ。ここにも一つ、私の大切なしもべが眠ってるの。だから……アラムデッドの王都は冥界のほとりになってるのよ」

「ま、まさか……!?」

 エリスが頂上の祭壇に手を振れると、大地の揺れはさらに激しくなった。
 がくがくと丘が震えて、崩れるんじゃないかと思ったほどだ。

 その中にあって、エリスは微動だにせず祭壇を撫でていた。

「さぁ、甦りなさい。主が戻ったのよ。……地を割り、空を砕き、立ち上がりなさい……クラーケン!!」

 ぴしり、と大気から音がした。
 贖罪の祭壇の上空を三角に囲むように、紫の魔力走る空が、ぱらぱらとひび割れていく。
 大気がガラスのごとく砕ける情景だった。

 不気味に歪み砕けた空から、紫の触手が3本ーー巨塔のようなタコの腕が現れた。

 ゆっくりとうごめき、王都へと触手が垂れ下がっていく。
 近づくにつれ、触手の大きさがわかってくる。

 吸盤が並ぶ触手は、一本一本が塔を束ねた太さだった。
 さらに見上げる遥か上空からいまだに、終わりがないほどの長さなのだ。
 力任せに薙ぎ払うだけで、いかなる建造物も倒壊するだろう。

 信じられない、この世の終わりーーか。
 僕は神話にあるクラーケンの一説を思い出さずにはいられなかった。

 その巨体、山をも越える。
 その腕、人の作りし何物よりも大きく。
 その口、森を一晩で食い尽くす。

 エステルの第四の御使、クラーケン。
 太陽の神が灼熱の槍を放ち、彼方へと追放せん……。

 僕の肩を掴み、紫の魔力に負けじとイライザが叫んだ。

「あれが神話にあるクラーケンなら……あれだけで、国一つがなくなりかねません! でも、まだ今なら……!!」

 クラーケンは、触手を空の彼方から、伸ばしているだけだ。
 まだ、その本体らしきものは現れてはいなかった。

「手遅れになる前に……止めるしかない!」

 僕は血の刃を弓に変えた。
 躊躇する時間は、もうない。

 一刻も早く、止めなければいけない。
 もうエリスの身体を気遣っているわけにはいかない。

 目の前のエリスがあれがなんであれ、明白な敵なのだ。
 そのエリスに向けて、僕は血の矢を放つのだった。
新作を投稿しました、こちらもぜひご覧ください!

『剣聖の初恋は終わらない』
https://ncode.syosetu.com/n0018ej/

下記のリンクからも直行できます!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ