挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

死の主

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

68/100

祭壇へ

 僕はアルマとともに、贖罪の祭壇へと向かっていた。
 途中途中でアラムデッド兵を吸収しながら、アンデッドを蹴散らしながらの行軍だった。

 損害はほとんどなく、すでに一団の人数は700人くらいになっているだろう。

「さて……そろそろ目的地ですが、聞きたいことはありますかしら?」

「封印を戻すのは、私でも出来るですか?」

 若干情けないが封印がどういう仕組みか、僕は詳細を知らない。
 さっと考えて一番いいのは《神の瞳》をアルマに任せて、僕たちが囮役になることだけれど。

「戻すのに特別なことは必要ありませんわ。贖罪の祭壇は洞窟のようになっていて、その最深部の祭壇に《神の瞳》を置くだけですわ」

「……ずいぶん簡単なんですね」

「万が一封印を破られて、元に戻せないーーなんて笑い話にもなりませんからね。その辺りは気を使いましたの。あと……頂上にもう一つ祭壇があるのはご存知?」

「はい、それはアエリアから聞きました」

 贖罪の祭壇は丘をまるごと使った建造物だ。
 王都より古いともいわれ、ちょっとした茂みと大掛かりな石の扉が特徴になっている。

 ずっと立ち入り禁止だったため存命の人間で、贖罪の祭壇に入った人間はアエリア曰く皆無だ。
 レナールを除いて、だろうけれども。

 しかし丘の頂上にある祭壇は、少しは知られているらしかった。
 立ち入りできないのは同じだが、石の柱が一つと祭壇が一つあるとのことだ。

 王都の高い建物からなら、緑が包む贖罪の祭壇を見下ろすことができる。
 重々しく古い石造り、レンガ造りがひしめく王都の中で、贖罪の祭壇の茂みはよい対比になっているのだ。

 封印場所の心当たりを聞かれてアエリアがぱっと答えられたのも、そのためだった。

「あくまで真の祭壇は丘の中の方ですが、頂上の祭壇にも効力はありますわ。少なくても、封印を維持する力はあるはずですわ」

「予備の祭壇、ということですか?」

 アルマは走りながら、首肯した。

「洞窟の祭壇に戻せば、また取り出すのにかなりの手間を掛けさせられますわ。しかし予備の祭壇にそこまでの備えはありません。奪われれば、それまでですわ」

「しかし、頂上の祭壇は確か……」

 並走するイライザが、ぽつりと呟いて考え込む。
 イライザも王都の有名所は、一通り把握している。

「そう、頂上の祭壇は普通には行けませんわ。階段も何もありませんから。……空を飛ばない限りは」

 僕にもやっとアルマの言いたいことがわかった。

「ネルヴァの力を使えば、頂上の祭壇にはすんなり行けそうですね。ブラム王国兵は近寄りがたいでしょう。でも……死霊術師は……」

 僕はネルヴァのゴーストを思い出した。
 死霊術には詳しくないが、スケルトンと違ってゴーストは飛べるし障害もすり抜けてくる。

 ゴーストを大量に差し向けられたら、不意をついて頂上の祭壇に向かっても戦いは免れない。
 しかし僕には《神の瞳》がある。
 ある程度の死霊術となら、有利に戦えるはずだった。

「ブラム王国兵を任せてもいいですか?」

「ふむ、ジル男爵はあえて死霊術に立ち向かう、と」

「普通の兵相手なら、アルマ宰相の精鋭の方が適切に戦えます。さっき話した通り《神の瞳》を使えば死霊術は弱まりますし」

「良いでしょう、異論はありませんわ。ブラムの不届きものは、私が八つ裂きにしますわ。その代わり《神の瞳》を死守し、祭壇を守る抜いてくださいね?」

 真剣味が混じった笑顔で、アルマが問い掛ける。
 僕はいささかそこに奇妙なものを感じないわけにはいかなかった。

「私を、信用してくれるんですね」

 正直なところ、僕とアルマ宰相は友人でも何でもない。
 ついこの間、僕はアルマの膝元から抜け出した人間なのだ。

「長く生きていれば、どの程度信頼できるかはわかりますわ。それにディーンの方ともそれなりの付き合いですし……」

 アルマは言葉を切ると、T字路で立ち止まった。
 どうやら、ここが分かれ道らしい。

 ヴァンパイア兵の気が、昂っているのがわかる。
 そろそろ贖罪の祭壇へと辿り着くのだ。

「兵の質と量ならそれほど不利ではないはずですわ……後は、個々の戦いと退却の見極めが肝心」

「退却なんて、ありうるんですか?」

「《神の瞳》を奪われるくらいなら、逃げてくださいですわ。翼少年の力なら、その程度は出来ますでしょう」

 すこしゆったり目に、アルマが馬に乗った僕に近づいてきた。
 アルマは僕の手を取ると、すっと手の甲に口づけをした。

 ひんやりと、いささか湿った皮膚の感覚が僕に伝わってきた。

「あなたをアラムデッド王族へと選んだ私は、間違っていなかったと思いますわ。……御武運を」

 僕の手を離すと、アルマたちは駆け出していた。
 ネルヴァがひらりと降りてきて、胸を叩いた。

「任せてくれ、奴らを出し抜いてやる」

「頼んだ、ネルヴァ。君が頼りだ」

 僕は本心からそう言った。
 ネルヴァはくりっと目を輝かせると、にこりと笑ったのだった。
お気に召したら、ブクマ&評価をお願いします!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ