挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

死の主

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/100

ミザリー

 ミザリーの泊まる小屋に案内された僕は、身体を縮ませていた。
 小さな椅子に、自分を押しこめている。

「粗末なものですが、紅茶もあるであります……気を落ち着かせるために、飲むといいでありますよ」

 ミザリーは手ずから、紅茶を注いで用意しようとする。

「そ、そんなミザリーさんが……」

 慌てて僕も立ち上がるが、ミザリーは手を振って構うなと合図してくる。

「序列ならジル殿は王女の婚約者。私は王家の臣に過ぎないでありますよ、これは当然であります」

 うう、久し振りの王族扱いだった。
 ミザリーとは王都に居たときも、直接会話をしたことはない。

 眼鏡の奥の瞳は朗らかだが、油断はできない。
 世評では頭も切れるしーー確か、アルマに意見できる唯一と言っていい人間らしい。

 僕は何かの話題で、エリスがミザリーをこう形容したのを思い出していた。

『狂犬』

 エリスはアルマの腹心であるミザリーに、良い感情を持っているとは言い難かったのだ。

「ささ、まずはとりあえずの無事を祝して、ぐいっと飲むでありますよ」

 四角い小さなテーブルに、ティーカップがほつなく優雅に置かれる。
 戦場に身を置く人間はいざという時のために、身の回り全てを他人任せにはしない。

 ミザリーのこなれた手つきには机上の軍人ではない、前線に身を晒す者の雰囲気がある。

「……頂戴いたします」

 まさか、毒はないだろう。
 僕はちびりと、香り立つ紅茶を飲んだ。

「ほう……」

 口に含むとすみれ畑にいるような、穏やかな風味が広がる。

「……色々と聞きたいことは、あるのでありますが……まずはあのネルヴァとかいうのを、なんとかしなければならないのであります」

 対面の椅子に腰掛けながら、ミザリーが言う。
 てっきりエルフのこととかを聞かれると思っていた。

 台無しになったとはいえ、エルフ達がブラム王国と接触していたのは事実だ。
 ありのままに経緯を言えば、どんなことになるか想像もしたくなかった。

「アルマ様の命令は、王都の防衛強化のための召集……それが最優先であります。それが、こんなところで……」

 どうやら、任務の方が重要らしい。
 僕にとっては、色々と探られない方が好都合だった。

「ネルヴァですが……突破するために色々と試されたんですよね?」

「もちろんでありますよ……」

 そこからミザリーは、閉じこめられている間に試したことを列挙した。

 まず歩いても樹を登っても霧を突破できず、元の場所に戻される。
 魔術のはずだが、破り方がわからない。
 樹を片っ端から斬り倒しても、林に火をつけても修復され効果がない。
 直接ネルヴァを狙っても、さっきのようにいなされてしまう。

 つまり、今のところ打つ手なし……だということだ。

「……私の一隊は精鋭とはいえ30人、あと可能性があるのは地面を掘るとかでありますが……」

 ミザリーは唸りながら腕を組み、首を傾げる。
 ミザリーもわかっているが、資材もなしにそれは不可能だ。

「ネルヴァを斬れれば霧も消える……そのはずではありますが……」

 だがミザリーの剣術でも、とらえきれない。

「何かいい策は、ありそうでありますか?」

 ある。
 これが死霊術なら《神の瞳》で弱めることができる。

 問題はグランツォの時と違い、僕への攻撃を阻止する使い方ではないということだ。
 高台での戦いでは、僕を守る方面で力が発揮されていた。

 果たして山を覆う霧に、どこまで力が及ぶのか?
 ネルヴァが近づいた時に、《神の瞳》の力を使えばいいのだろうか。

 そうすればネルヴァは逃げられなくなり、攻撃が通用するか?
 しかし、死霊術嫌いのミザリーの前で《神の瞳》を使うのは……恐ろしい。

 確実に仕留められる、ミザリーの目がない時に使うのが望ましいはずだ。
 相手がこちらを殺す気がないのなら、何か隙を作って狙うのが一番だ。

「……ネルヴァのことは、どれだけ知っているのですか?」

 ぴたりとミザリーの動きが止まり、空気が冷える気がした。
 しまった、軽率だった。

「あいつのことは……知りたくもないであります。魂が汚れるでありますよ」

 うって変わって、ミザリーは吐き捨てる。

「奴と……話すこと、引き出すことは何もないと?」

「当然であります。どうせあの外見も性格も偽り……有益な情報が、得られるわけがないであります」

 僕には、どうもそう考えるのは早計に思えた。
 グランツォのように無敵に近い存在であるがゆえに、想定外の時に口を滑らせる可能性がある。

 自分に自信がありすぎるのだーー無理もないけれど。
 そこが『隙』になるかも知れない。

「明日の朝……僕に少し任せてくれませんか?」

「……まぁ、それは構わないでありますが」

 不承不承というように、ミザリーは言う。
 すでにかなり夜は更けている。

 どのみち、この山で夜営の予定は変わらない。
 明日、霧から脱出できれば遅れもない。

 あまりミザリーと話していると、僕もボロが出かねない。
 エルフは今、僕に従ってくれる一団なのだ。

 沈黙は、会話の終わりの証だ。
 そろそろ話は終わりかなと思った僕に、ミザリーは目を合わせてくる。

「なにか……?」

 今まで違い、高揚したような目だ。
 僕はこの目付きを知っていた。

 ヴァンパイアの、血を吸う者の瞳だ。

「アルマ様が自慢していたのであります……ジル殿の血は大層美味しかったと」

 ミザリーが、テーブルに手をついて立ち上がる。
 肉食獣が、獲物に近づくように。

「少しだけでいいであります……血を吸わせてほしいのであります」

 ミザリーが僕の椅子に、手をかけた。
 僕は、生唾を飲みこんだ。

 出てきた言葉は、自分でも驚くものだった。

「ミザリーさん……お断りします」
書籍化、決定しました!

お気に召したらブクマ&評価をお願いいたします!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ