挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

死の主

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

45/103

ネルヴァ

 剣はもう仕舞われていたが、はりつめた空気はいや増している。
 周りも、この問いの意味を理解していた。

 下手に答えれば、終わりだ。

 ミザリーは《神の瞳》を知っているのだろうか。
 もしーー僕が《神の瞳》を使ったと知ったら、ミザリーはどう出るのか?

 言葉は、慎重に選ばなくてはいけない。

 今もシーラの感知能力をすり抜けて、刃を向けられたのだ。
 挨拶代わりのハッタリだろうが、姿勢が透けて見えるようだった。

「一度、ディーンに戻ろうとしたのですが……途中成り行きで死霊術師を倒し、エルフを助けたのです」

 つっかえながらだが、嘘は言っていない。
 死霊術師、と聞いてミザリーの肩がぴくりと動く。

「……続けるであります」

 ここからが問題だった。
 僕が王都に戻るのは、《神の瞳》を返すためだーーそれを率直に言うかどうか。

 賭けだが、言うべきだ。
 ミザリーは、敵じゃない。

 死霊術師と戦う同士のはずだ。
《神の瞳》の力の件は、王都に戻ってから詳細を話すのでもいい。

 とりあえず、持っていることは伝えよう。
 エリスからの贈り物でもある。
 それを伝えれば、無茶はしないだろう。

 それに、すでに《神の瞳》を探し回ってる可能性もある。
 後で嘘をついたのがバレたら、そちらの方が言い訳できない。

「エリスからもらった宝石が何やら重要なようで、アラムデッド王国に返却するためーー有志のエルフと王都に戻る途中でした……」

「ふぅむ……」

 ミザリーは唸ると、腕を組んで考え始めた。
 僕とミザリー、両者にとってこの遭遇は想定外だ。

「その宝石というのは、どういうものでありますか?」

 少し手が震えながら僕は、胸元から《神の瞳》を取り出す。
 今のところは眠っており、何の変哲もないルビーだ。

 しばし、じーっとミザリーは《神の瞳》を凝視していた。

「はた目には、ただきれいなルビーでありますね。……魔術師でない私には、よくわからないのであります」

 ミザリーは何も知らないのか……?
 そうなると、《神の瞳》を知っているのは王族かアルマぐらいになりそうだった。

 しかし、僕にもミザリーに聞きたいことがある。
 ミザリーは王都を守る要のはずだ。

 それが、なぜこんなところにいるのだろう。
 《神の瞳》を懐に戻し、僕は聞いた。

「ミザリーさんは、なぜここに……?」

 ミザリーは腕組みを崩さないまま、僕をみつめた。
 素直に困ったという表情だった。

「ブラム王国と接する砦のひとつと、連絡が途絶したのであります……。そのため、王都周辺の貴族をかき集めに行く途中でありましたが……」

 そこで、ミザリーは口をつぐんだ。
 霧の中を伺うように、見回す。

「……お出ましでありますよ」

 急に不機嫌そうな声を出したミザリーが、林の一本を見上げた。
 僕も、その方向に目をやる。

 濃い霧が覆うなか、人影があった。
 林の太い枝にーー1人の少年が立っていた。
 背中に翼がある。

 珍しい有翼の獣人だ。
 年と背格好は、僕と変わらない。

 好奇心と面白さに突き動かされてそうな、お調子者っぽい顔だった。
 今もかがんでこちらを眺めながら、にやりと笑っている。

「やぁやぁ! やっぱりミザリーさんはすごいなぁ……。どうして俺の気配がそんなに早くわかるのさ?」

 ミザリーの顔見知り?
 だが、ちらと見たミザリーは怒っているようだ。

「気安く人の名前を呼ぶな、であります!」

 ミザリーは、いきなり剣を抜き放った。
 しかも二刀流、噂で聞いた本気の戦闘スタイルだ。

 少年は慌てる風でもなく、枝の上で立ち上がる。
 翼があるためか、少しも身体が揺れない。

「おっと、自己紹介くらいはさせてよね! 聞かれる前に名乗るのが、俺の流儀なんだからさ」

 甲高い声で、少年は続けた。

「俺の名前はネルヴァ! 再誕教団、五芒星大司教が1人さ! ま、一番の新参者だけどねぇ」

「なっ……!?」

「あれ、その反応……どこかで俺の教団について聞いたことある?」

 しまった、あまりのことに反応してしまった。
 いや、違う!
 あいつはーー敵だ!

「ミザリーさん、あいつは……!」

「わかってるでありますよ!」

 ミザリーは、すでに跳躍していた。
 それも、ネルヴァに向かって一直線に。

 両手の剣が、交差するように一閃する。
 剣の軌跡を目で追うだけで精一杯だった。

 霧もともに切り裂く剣撃だ。
 だが、剣が通り抜ける瞬間にネルヴァの姿が歪んで消える。

「このぉ……!!」

 樹木を蹴って、ミザリーが跳び跳ねる。
 その先を見やると、そこにいつの間にか、ネルヴァがいる!

「瞬間移動っ!?」

 僕が叫ぶと同時に、ミザリーが再び剣を振るう。
 まさに、まばたきの間に切りつけている。

 しかしまたもネルヴァの姿は霧の中に紛れて消えている。
 援護したいが、そもそも動きが早すぎてついていけない。

「う~ん、俺のはもうちょい手が込んでるよ?」

「うあっ!?」

 僕の足元に、ネルヴァが姿を現す。
 その一瞬の後、ミザリーが着地し二刀流を見舞うーーと同時にネルヴァは姿を消していた。

 空全体から、ネルヴァの声が響き渡る。
 姿形はなく霧全体から反響しているようだった。

「ミザリーさん、最初に比べると動きが鈍ってるね。今日はもう寝たら~?」

 立ち止まったミザリーが、ぎりりと歯を食いしばっている。
 しかし反論はせず、悔しそうに剣をしまった。

「俺の信条は不殺、あと2日で計画は終わるーーはずさ。それまで、おとなしくしててよ!」

「まさか……」

 僕はミザリーのさっきの言葉を思い返す。
 貴族たちに会いに行く途中で、とミザリーは言っていた。

 ミザリーは、力なく肩を落とす。

「そう……私たちの一隊は、もう2日も霧の中をさ迷っているのでありますよ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ