挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

覚醒と帰還

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/102

第一章 登場人物紹介【ネタバレあり】

第一章までの登場人物紹介
ネタバレを含みます

【ディーン王国&メイン登場人物】
ディーン王国は本編中でも最大規模の国家
実直で正義感が強く、頑固者が多い

ジル・ホワイト
男性 16歳
ディーンの男爵、悩める主人公
色々考えるが、ときおり大胆
正義や使命にこだわる
スキル:《血液増大》《血液操作》
《神の瞳》を戻すためアラムデッド王都へ向かう

イライザ
女性 18歳
ディーンの宮廷魔術師、ジルの補佐役
優しく思慮深い
でも言うべきことは言ってくれる
主に薬や暗示、結界等補助魔術に優れる

シーラ
女性 15歳
ジルをご主人様とあおぐエルフの奴隷
物静かで感情の起伏に乏しい
戦闘能力と感知能力に優れる

アエリア
女性 17歳
公爵家出身のヴァンパイアのメイド
明るく前向き、意外と重要なことに気がつく

ジルの妹
ジルが何より大切に思っている妹
本編では未登場


【アラムデッド王国】
アラムデッド王国はヴァンパイアによる中堅国家
人数は少なく、多情・快楽主義者が多い

エリス
女性 16歳
元ジルの婚約者、アラムデッド王国の王女、ヴァンパイア
気まぐれにして愛に生きる奔放な女性
《神の瞳》を、手切れ金としてジルに渡した

アルマ
女性 数百歳?
アラムデッド王国の宰相、ヴァンパイア
生粋のヴァンパイア、建国期からの政治家
多くのことを行い、そのせいで憎まれる

ミザリー
女性 20歳代?
アラムデッド王国の軍務大臣、ヴァンパイア
アルマの最側近にしてアラムデッド最強の武人

シェルム
女性 30歳代
シーラの母、エルフの村長
娘を愛し、またエルフの行く末を案じている

カシウ王
男性 50歳代
アラムデッド王国の国王、ヴァンパイア
苦労する王様
エリスにはアルマの操り人形と思われている

皇太子・妹
エリスの兄と妹。
本編ではいまだ出番なし

レナール
エリスの兄、ヴァンパイア
アルマと大喧嘩して、王都より追放された……らしい
他国では病気療養中とされている


【ブラム王国】
ブラム王国はディーン王国と並ぶ最大規模の国家
《神の瞳》目当てで、再誕教団と手を結んだ

クロム伯爵
男性 故人
エリスとの愛に暴走したブラム王国の伯爵
処刑されたが、大司教グランツォの依代として使われた
《神の瞳》を通じて、ジルに知識を与える

ロア
女性 17歳
クロム伯爵の妹、人間
精鋭のリヴァイアサン騎士団を団長として率いる
兄とは仲が良かった

ギリアム
男性 20歳代
リヴァイアサン騎士団、副団長
槍の使い手、やや苦労症の気配がある


【再誕教団】
大陸で禁忌とされている死霊術の秘密結社
ブラム王国と結託し《神の瞳》を求める

グランツォ
男性 不明
五芒星大司教が一人、誰かの肉体に宿るが剣が本体
ジルとの戦いに敗北し、消滅した

黒の魔女
女性 不明
五芒星大司教が一人、気だるげな喋り方が特徴
現在、リヴァイアサン騎士団と行動を伴にしている

教主
ブラム王国にいる……らしい
本編では未登場


【重要単語】

聖教会
大陸中に支部を置く、神々の信奉者たち
モンスター避けの聖宝球やスキル授与を行っている
また死霊術の討伐に全力を挙げている

スキル
15歳になると、貴族であれば聖教会から与えられる《神の力》
1回きりしかもらえず、何になるかはわからない
稀に2つ目のスキルを発現することがある
該当者は今のところジルのみ

《神の瞳》
複数の力を持つルビー
・持っているだけで周囲の死霊術を弱める
・王家の血により覚醒し、死者の魂を使役する

2個あるらしく、1つはジル、もう1つはアラムデッド王都にある
封印の役割を果たしており、2つが王都から離れると災いが起きる
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ