挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

覚醒と帰還

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/103

生きるものの正義の為に

 イライザは話はじめた、大陸の闇に潜む死霊術の結社のことを。

「1000年前より、教団と各国の戦いは行われていました。ーーしかし300年前の決戦を最後に、教団は歴史の表舞台から消えたのです」

 そこまでは、僕もおとぎ話として聞いている。
 悪い子どもをさらう死霊術師とか、ありふれた伝説としてだ。

「ですが宮廷魔術師と聖教会は、それ以後も断続的に死霊術師の活動らしきものを捉えていました。まさか、これほど大規模なことをするとは……思いませんでしたが」

 死を操り生死を逆転させる死霊術は、大陸中にある聖教会が禁じている。
 この掟を破るのは、大陸中を敵に回すも同じはずだ。

 婚約破棄からの流れで、ブラム王国には侵攻のメリットがないと感じていた。
 それは、思い違いだったのだ。

 彼らの目的はアラムデッド王都にある、《神の瞳》と封印だ。
 《神の瞳》それ自体も脅威だが、もし《神の瞳》が王都から離れたままだと、封印が弱まってしまう。

 ここまでは、クロム伯爵からのわずかな知識だ。

「……《神の瞳》の封印がなくなると、どうなるの?」

 僕は、その答えを半ば知っている。
 それでも、聞かずにはいられなかった。

「最悪の場合は、神々に追放された《死の神》が甦りーー大陸が滅ぶかもしれません」

「人間やヴァンパイアを産み出した5つの神、それに反逆して地底に追いやられたという《死の神》だね……。まさに神話の世界の話だ……」

 大陸の歴史が始まって、1000年は昔だ。
 それを地上に呼び戻すーーゆえに、彼らは再誕教団という名乗っているのか。
 僕でさえ実感は少ない。

 イライザと僕以外は、呆気にとられている。
 しかし、グランツォは言っていた。

 自分は5人の大司教の内の1人だと。
 あと、4人……いや、リーダーとなる教主がいるはずだ。

「僕に、出来ることはあるだろうか……」

 手が、かすかに震える。
 もしグランツォに近い力を持っていれば、再誕教団だけでも一国に匹敵する戦力になる。

 それにブラム王国も加わっているのだ。
 アラムデッド王都に、これ以上ない危機が迫っていた。

 それに《神の瞳》を使った僕には、この神の遺産も恐ろしいものに思えていた。
 クロム伯爵の魂を呼び出したのは、間違いなく《神の瞳》だ。

 そしてクロム伯爵が僕を助けてくれたのも、《神の瞳》のおかげだった。
 今なら、わかる。
 クロム伯爵は、僕を助けざるを得なかったのだ。

 《神の瞳》は死者の魂を呼び出すだけではない。
 所有者の都合のいいように、魂を使役する力が秘められている。

 だからーー彼は物分かりがよくなって、僕の嫌いな性質が薄れていた。
 妹のことは本当だとしても、無意識に僕と合うような気質を持たされたのだ。

 もしかしたら、こちらが本当の使い方なのかもしれない。
 死者の安寧を奪うだけでなく、自分のいいように魂を作り替える。

 単に命じられるまま、暴れるだけのアンデッドではない。
 本人の記憶を持ちながら操れるのだ。

 しかも、死者の魂は逆らうどころではない。
 協力してくれるのである。
 こんな冒涜的な代物は他にないだろう。

「例えば《神の瞳》を、戻せないかな? アラムデッドの都に」

 僕の中にある正義が、訴えていた。
 《死の神》がおおげさであったとしても、死霊術が溢れ出ればこの世の終わりも同然だ。

 それに死霊術をブラム王国が使えば、究極の兵器になる。
 もちろん、ディーン王国もいずれ狙われるだろう。

「でも危険じゃないですか……? 《神の瞳》を持って、アラムデッドの王都に戻るなんて」

「王都の防備と封印を破るくらいの準備は、してるはずだ……放っておいたら手遅れになるかもしれない。王都にある《神の瞳》のひとつを取られたら、終わりだ」

 死霊術師は、この世界にいてはいけないものだ。
 僕はディーンに戻るつもりだったけれど、このままでは戻れない。

 意味は、勝ち目はあるのだろうか?
 ある、これは僕にしかできない。

 《神の瞳》を一部だけど、僕も使えるのだ。
 死霊術を極めた再誕教団に対抗するのに、《神の瞳》は有用だ。

 奪い取られる危険はあるが、やつらの思惑の裏をかける。
 まさか、自分達の求める《神の瞳》が敵に渡っているとは思わない。

 それにクロム伯爵の妹、彼女を止めるのもある。
 不確定要素は大きいが、それは敵も同じはずなのだ。

「私には、封印を守る責務があります」

 イライザが、決意をあらわにしてくれる。

「ご主人様が行かれるところなら、火の中でも付いていきますです」

 シーラとエルフの方々が、頷き合う。

「……この国は、私の国です。どうあれ死霊術師の好きなようには、させたくはありません」

 不安を覗かせながらも、アエリアが応える。

 僕の心は決まっていた。
 胸にしまってある、金飾りを握りしめる。

 元はエリスの婚約破棄から始まり、逃げ帰る途中だった。
 今、僕はそれをやめる!

 ここから、逆転するんだ。
 運命の――仕組まれた陰謀を破るんだ。

「封印をーー《神の瞳》を戻しにいこう!」

 そうと決まれば、急がなければ。
 すでにエルフ達にも、魔の手が伸びていたのだ。
 王都への攻撃が始まるまで、猶予はない。

 そう思いながらテントを出た僕の前に、数百人のエルフが並んでいた。
 教団との戦いに生き残った人たちだ。

 エルフ達は僕の姿を認めるや、一斉にひざまずいた。
 その最前列には、議長がいる。
 紛れもなくエルフ達は、僕に忠誠を示していた。

「……ジル男爵様」

 厳かな声で、議長が語りかけてくる。

「アンデッドより我らをお守りくださったこと、心より感謝申し上げます」

「顔を……上げてください。アンデッドは大陸に生きる全ての敵です。当然のことを、したまでです。それよりもあなた方に犠牲が出てしまったこと……申し訳なく思います」

 議長が首を振り、顔を向ける。

「勿体無いお言葉……。元はと言えば、ブラム王国の甘言に惑わされた我らに、落ち度があります。そして……お休みの間に、イライザ様より事のあらましはお聞きいたしました!」

 振り向くと、イライザが頷いている。
 多分《神の瞳》のことは伏せているのだろう。

 エルフ達は、皆武器を携えている。
 この意味を僕は悟った。

「僕と一緒に、戦ってくれるのですか?」

「ジル男爵様と共に戦う栄誉を、お許しくださるならば! 同胞を死に追いやった死霊術師に鉄槌を下すのならば!」

「我らをお導き下さい!」

「仲間の仇を! 俺らの村を守るために!」

 胸が、高鳴った。
 僕は間違っていなかった。

 目の奥が、熱くなる。
 これほどの人たちが、僕についてきてくれる。

 ディーンに生まれた者ならーー応じるしかない!
 僕は、あらんかぎりの大声を振り絞った。
 さらに、力強く右腕を掲げる。

「……わかりました。あなた方の命、お預かりいたします! 我らの前に、たとえ死があろうとも!」

『おおおおおお!!』

 エルフ達が一斉に立ち上がり、雄叫びを上げる。
 全員がときの声を上げる。

 いつの間にか、曇り空は晴れていた。
 太陽が、僕たちを白く照らしてくれている。

 正義の為、この大陸に住まう者のために。
 再誕教団を打ち砕き、あるべき封印を守るために。

「行こう、アラムデッド王都へと!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ