挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

覚醒と帰還

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/100

甘い血とメイド

 夢の後味は悪かった。
 結局かなりの時間を眠っていたようだ。

 僕は規則正しい生活を心がけている。
 しかし当然、昨夜のことがあったので、朝に目が覚めることはなかった。

 日が高くなった昼に、僕は起きたのだ。
 ゆっくり亀のようにベッドから立ち上がる。

 ヴァンパイアの国でも、日差しは変わらない。
 肌をじんわりとと光が照らす。

 枕に、涙の跡がある。
 どうやら、夢の中で泣いていたらしい。
 本当に情けない僕だった。

 しかし、気分はかなり良くなっていた。
 きっとイライザの薬のおかげだろう。

 もぞもぞと服を着替え、ぼんやりと考える。
 エリスとの破談は、もう仕方ない。
 胸の奥がぐちゃりと気持ち悪いが、打ち負かされるわけにはいかない。

 今後のことを、考えていかなければならない。
 僕のスキル、≪血液増大≫は本当により多くの血が流せるだけだ。

 だけれどヴァンパイア族にとっては、無限の快楽と食料を意味する。
 ヴァンパイア族も、普段は人間と変わらない食事をする。

 イライザは顔を赤らめながら、吸血は性交と飲酒が混じったものだと教えてくれた。
 僕には両方わからなかったし、イライザも実体験ではないようだけど。

 着替え終わり、タンスから小さなナイフと銀の皿を取り出す。
 ナイフは今日もよく研がれており、命を奪う輝きを放っていた。

 僕は指先を銀の皿に近づけると、ナイフですっと切れ込みを入れる。
 赤い滴が、ぽたりと銀の皿に落ちていく。
 そのまましばらく、僕は動かずにいた。

 これは、日課だ。
 ああ、僕の血がエリスを繋ぎ止めるほどだったら良かったのに。
 甘く、お菓子のように……虜にできたら、どんなに良かっただろう。

 実際には一度も吸われることなく、僕たちの関係は終わったのだ。
 皿の底に少し血が貯まったところで、僕は指先を離した。

 物思いに耽っていると、タイミング良く部屋の扉が軽やかにノックされた。

「失礼しまーす!」

 入ってきたのは、黒髪のメイドだ。
 彼女の名前はアエリア、年は確か17歳。
 ヴァンパイア族の公爵に連なる名家の出だ。

 美形だらけのヴァンパイア族でも、他とは一線を画する美しさがある。
 なにせヴァンパイア族にありがちな青白い病的、神経質な雰囲気がないのだ。

 健康的で、肉感的だ。メイド服もかなり薄くて、目のやり場に困ることも多い。
 日光にも強く、アエリアは僕のお世話係であった。

「……待ってたの?」

「はい! 絞りたてが一番ですからね!」

 ヴァンパイア族の五感は鋭い。
 僕が日課を終えたのを察知して、入室してきたのだ。

 そんなに僕の血がいいものなのかぁ……?
 苦笑して、銀の皿をアエリアに手渡す。

 アエリアはご機嫌にポケットから銀のスプーンを取り出すと、皿の血に少しつけたのだ。

 血のついたスプーンを、鼻先に近づけてくんくんと匂いをかぐ。
 毎日見ても、若干気味が悪い。
 でもこれはチップ代わりなのだ。彼女とその友人たちへの賄賂でもある。

 最初はわけがわからなかったが、人間の貴族の血は大層な高級品らしい。
 アエリアにせがまれて、習慣的に渡すことになったのだ。
 イライザも、ヴァンパイア族の歓心を得るためということで賛同していた。

 昨夜のことを考えれば取り止めたかったが、アエリアには関係ないらしい。

 アエリアは、ぺろりとスプーンを舐める。僕の血ごとだ。

「……甘いですね」

「僕には、味はわからないんだけど」

「確実に、普段より甘いですよ……」

 うっとりとした表情で、アエリアは言葉を吐く。
 体をくねらせて顔を赤らめてるので、すごく色っぽい。

「甘くする何か、多分スキルを使いましたよね……?」

「僕がそんな魔術使えないの、知ってるでしょ?」

「うーん、妙ですねぇ……」

 アエリアは首を傾げながら、呟いた。
 スプーンの血を舐めて、確信をこめて言う。

「だって私のスキルによると、この血にはスキルが使われてますよ」

「……え?」

「本当に、誰も何もしていないんですか……?」

「まさに指から垂らしたてだよ、何もする間もなかったくらい」

「むむっ、なんと…………」

 眉を寄せて、アエリアは唸り始めた。
 彼女の気のせいだと思う。心当たりがないのだ。
 でも、スキルによればと言われると無下にはできない。

 自分のスキルは普通、他人には教えたりしないものだ。
 実際、僕も確かにスキルを知っているのは親や妹だけだ。

 ……昨夜の大騒動を除けば、だけど。
 僕みたいに大々的に知られている方が、例外だった。

「もしかして、新しいスキルに目覚めました?」

 はっとして、彼女は言った。
 目が輝いている。

「伝説の騎士や魔術師じゃあるまいし、そんなわけないでしょ」

 あり得ない、スキルは一人一つが大原則だ。
 15歳の時に神官から授けられるスキルで、終わりのはずだ。

 あるいは、死にかけた英雄が冥界の淵でスキルを貰えるとか。
 何にせよ不確かな伝承や噂でしかない。

「ジル様、昨日……大変でしたよね?」

 公爵家の娘だ、情報収集に抜かりはなかった。

「流石に、知ってるよね……」

「ええ、まぁ………もしかしてなんですけど!」

 アエリアが手をぶんぶん振りながら、声を出す。
 なにやら興奮しているようだ。
 豊かな胸が、きわどく揺れる。

「ショックで、新しいスキルが発現したのでは!?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ