挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

覚醒と帰還

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/102

エルフの会合へ

 イライザの協力はとりつけた。
 情けないところも見せてしまったけれど、仕方ない。

 その次は、シェルムの許可を得なければならない。
 だが、これはそんなに難しいことではないと踏んでいた。

 僕とシーラの二人で、シェルムに会いに行く。
 夜は更けていたが、シェルムは快く応対してくれた。

 この『計画』の成否は、シェルムの行動にかかっていると言っていい。
 僕の『計画』を聞くと、彼女は目を見開いて息を呑んだ。

「……効果はある、と思います。ちゃんとエルフに変装できるなら、ですが」

「参加者全てが反乱に賛成と言うわけではない、ということですね」

 少しだけ居心地を悪そうにしながら、シェルムは頷いた。

「ブラム王国の接触がない、私の村も呼ばれています。多分、反乱賛成派による説得会のようなもの……になるでしょう」

「迷っている村もかなりある、と」

「はい……ブラム王国が接触したらしいのは、特に血気盛んな村だけです。全体の割合としては、私の村も含めて3分の1くらいは乗り気ではありません」

 残りの3分の2が、不穏な気配を見せているということか。
 とはいえ、一枚岩ではないのはわかった。

「シーラは神童として、多くの村で有名でした。……娘が戻ったのを知れば、多少の迷いが出るはずです」

 厳しい環境と奴隷、それが反乱の動機だ。
 奴隷であったシーラの帰還は、エルフにとっても重要な情報になるはずだった。

「ご主人様と母上と私、その三人なら会合に入れるはずなのです……母上が認めてくれれば」

 シーラが、シェルムの手を握る。

「シーラ、私は……」

「お願いします、母上」

 シェルムは、ふっと微笑む。
 そして、シーラの髪をそっとすくいあげた。

「あなたを手放したのは……村とエルフ全体のためと、ずっと言い聞かせてきました」

 そして、シェルムは僕を見つめた。
 親としての覚悟を、僕は感じた。

「そんなあなたが、エルフのことをまだ考えていてくれるのなら……私は止めません」

 そう言うと、シェルムは僕に頭をすっと下げた。

「私の方からお願いします……ジル男爵様。どうか、お力を貸してください」

 僕の方こそ、シェルムの助けが必要だった。
 僕もしっかりと頭を下げる。

「こちらこそ、力添えをお願いします……!」


 ◇


 翌朝、イライザに変装を手伝ってもらい、僕たちは会合場所に向かった。
 村から小一時間くらい馬で行くと、高台がある。
 空はかなり曇っており、心をざわつかせる。

 直接向かうのは、シェルムとシーラとエルフに変装した僕だ。
 イライザ、アエリアと護衛は、かなり離れたところにいてもらう。

 会合場所の高台には、魔術文字が刻まれた灰色の石が立ち並んでいた。
 一つ一つが人の背丈くらいだ。

「あの石の近くでは、魔術が弱まるのです……モンスターも近寄りません」

 シーラが小声で指し示す。
 エルフは魔術が得意だ、お互いの身の安全もあるのだろう。

 すでに、多くのエルフが集まっていた。
 遠くの村から来るエルフは、前日に到着するようにしていたらしい。

 くすんだテントが張られ、緊張感が漂っている。
 シェルムの話では、40の村からおよそ70人くらいがあつまるとのことだった。

 余力のない小さい村は、人数も送れない。
 それにもとより参加しない村も、あるとのことだ。

「エルフの総勢は、大体2万人……その行方が決まるのです」

 従者を含めて、高台に集まったのは数百人程度だった。
 通り過ぎるエルフの顔に浮かんでいる表情は、様々だ。

 今にも剣を取って飛び出しそうな人、疑り深く周囲を見回す人、ばらばらとしか言いようがない。

 高台に近づくにつれ、周りがどよめく。
 どうやらシーラを見て、驚いてるようだ。

「オリーブ杖の村長シェルム、久しいな……隣にいるのは、まさかシーラか?」

 高台につくと、リーダーとおぼしい年を取ったエルフが出迎えてくれた。
 シェルムが深々と頭を下げる。

「議長……お久しぶりです。運命の巡り合わせにより、娘と再会できました」

 議長はシーラをまじまじと見て顔をほころばせる。

「まさに奇跡だな……」

 議長は、感嘆の息を漏らした。
 次に彼は、僕に目をとめる。

「そちらの若者は?」

「親戚のホワイトです。長くディーン王国との付き合いがありまして……有益な知識を提供できるのではないか、と」

 ふむ、と議長は腕組をする。
 僕は商人のように、軽い動作で挨拶した。

 僕はシェルムの親戚で、ディーン王国の内情に精通している、という設定だ。

 議長はシェルムに、ひそやかに声をかけた。
 心配するような、しっとりとした口調だ。

「……シェルム、この会合の意味するところはわかっているな?」

「議長、承知の上です。その上で連れてきました」

「なら、いいが……ブラム王国の使者も間もなく到着する」

「…………っ!」

 予想の一つにはあったが、すでにそこまでブラム王国は動いているのか。
 だが、議長の顔にあるのはむしろ困惑だった。

「我々をなんとしても、前線に立たせたいのだろうな……。我先に飛びかかるほど血の気が多いのは、一部の村だけだ」

 議長は首を振ると、皆のところに戻っていく。
 背中は曲がっており、むしろ頼りなさが浮かんでいる。

「有意義な議論になることを、期待しているよ……」

 僕は、声を抑えながら答えた。

「……もちろんです」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ