挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

覚醒と帰還

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/101

エルフ村の温泉

 塩味がきつすぎる肉、豆の薄いスープが晩餐だった。
 静かに情報を交換しながらの食事だ。
 この村は今、北に住むエルフから警戒されていると言って良かった。

「アルマ宰相から課された税は、ほとんどないのです……王都に何かを献上できるほど、豊かでもないのですし」

 シェルムは、エルフがなぜこの地に住まうのかと問われて、ゆっくりと答えた。

「定期的に、見込みのある子どもを引き渡す。それ以外には、かなり自由にできます……。他のヴァンパイアも恐れて、姿も見せません」

 聖宝球がない代わりの、苦しい自由だ。
 それでもいつか豊かになるのを夢見て、エルフ達はやってきた。

 しかし、不満は募っていく。
 終わりのない貧しさ、奪われる子ども、どちらも希望を無くしていくのに十分だった。

 食事が終わり、僕は通された宿泊部屋へと行く。
 すでに窓の外は真っ暗だ。
 鎧や荷物の点検が終われば、やれることはそれほどない。

 椅子に腰掛け、僕は少し力を抜く。
 ここ数日の旅で、体が休みを求めていた。

 でも明日は、また早くから出発するするしかない。
 エルフの反乱に巻き込まれれば、帰国どころではなくなってしまう。

 そういえば、小さいが魔力を含む温泉があるとシェルムが口にしていた。
 ささやかな水浴びで身体をきれいにするのも、限度がある。
 一度さっぱりするのも、いいかもしれない。

 僕は護衛に伝えて、建家裏の温泉へと向かう。
 ディーンにも温泉はあるが、気分転換としては最高なものの一つだ。
 しかも魔力を含むなら、相応の効力がある温泉ということだ。
 物資が少ないこの村のエルフにとっても、重要な娯楽だろう。

 向かった先は、木のついたてに囲まれた一角だった。
 大きさ的に、一度に入れるのは5人くらいだろうか。

 本当にこじんまりとしたものだ。
 ついたてを見ると、ある程度の結界は張ってあるらしい。

 かごに布がかけられて置いてある。
 もう先客がいるみたいだ。

 僕も加護の装飾品やらは外していく。
 剣とエリスから渡された金の首飾りは、念のため持っていくけれども。

「んん……この気配はっ!」

 ついたての向こうから、声が上がる。
 アエリアが入っていたのか。

「ジル様、やっぱりジル様ですねっ」

 声が、段々と近くなる。
 ついたての扉が開き、布を巻いたアエリアが飛び出してくる。

 僕は、唖然としてしまう。
 いくらなんでも、慎みというものが……。

「遠慮はいりません、一緒に入りましょうよ!」

「いや、それは……」

「かわりばんこだと、時間かかるじゃないですか。一度に入った方が、効率的ですよ?」

「どう考えても、まずいでしょ……」

 僕は、たじろぎながら抗議する。
 さすがに男女一緒に温泉に入る勇気はない。

 アエリアは、胸元を押さえながらずずいっと近づいてくる。
 布で隠されているとはいえぽよん、とした胸がまぶしい。

 そのまま、アエリアの濡れた顔が僕の顔にまで近づいてくる。
 湯がしたたり、すごい肉感的だった。

「……二人きりで、話したいことがあるんです。あまり他のエルフの方々には聞いて欲しくなくて……」

 いつもの声の高さとは真逆に、低い声だ。
 ここなら、エルフ自身の結界がある。
 部屋で結界を張るよりも、不審がられはしないだろう。

「それに、私はメイドですからね。お背中流しますよ!」

「……いや、それは本当にいい……」

 僕はふう、と息を吐く。
 アエリアなしでは、ここまで来ることは出来なかっただろう。

 アエリアの話したいことを無下にすると、ろくなことにならない気がする。

「わかった……けど、湯船には一緒に入らないからね」

「は~い……もう、堅物なんですからっ」

 アエリアは僕から離れると、ついたての方を向いた。
 あれ……湯船に戻らないの?

「逃げようとしても、わかりますからねー……」

 そんなつもりはなかったけれど、アエリアが近くにいるのでは捕まるだけだ。
 うーん、アエリアには押されっぱなしだなぁ。

 僕は手早く服を脱ぎ、布で体を隠す。
 終わると同時に、アエリアがくるっと向き直ってきた。

「さ、いきましょう!」

 手を握られ、そのままひっぱられる。
 もう夜だ、ヴァンパイアの腕力にはかなわない。

 金飾りと剣を手にして、ついたての扉を通る。
 岩の間に温泉がはられ、もうもうと湯気がたちこめている。

 ディーンと同じ、岩間の温泉だ。
 一人じゃないのがあれだけど、よさそうな感じだった。

「……ようこそ、ご主人様」

「うわっ!? シ、シーラ!?」

 湯気の中に、ひっそりとシーラが立っていた。
 シーラも布で体を隠しながらだ。
 とはいえほっそりとした体つきと、湯気にあてられてる髪が艶かしい。

「ご主人様……早く行きますです」

「ちょっ、ちょっと!?」

「あ……シーラちゃん、一緒はだめみたいですよっ!」

 空いてる片腕をシーラに取られそうになるのを避けて、僕は温泉からちょっと離れた岩に腰かけた。
 良かった、この二人だととても勝負にならない。

 僕が座ったのを見ると、アエリアが足元にくる。
 どことなく、普段とは違ってしおらしい。

「ジル様……私、謝らなくちゃいけないことがあります」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ