挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

覚醒と帰還

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/102

口づけでさよならを

 殴られたかのような衝撃だった。
 クロム伯爵はもう死んだのか。

 どうやって? いや、命じられるのは一人だけだ。
 カシウ王が処断したのだ。

 辺境伯であるクロム伯爵を殺せば、情勢は緊迫するに決まってる。
 それほどカシウ王の怒りは大きかったのだ。

 それよりも信じられなかったのは、死んだクロム伯爵にエリスが会いに行こうとしていることだった。
 エリスは本気で、クロム伯爵を愛していたのか。

 だとしたら、僕は一体なんだったんだ。
 エリスが僕の部屋に来たのは、クロム伯爵との別れのためだった。

 しかもアルマにそう言われたから、だ。
 完全に馬鹿にされていた。

 アルマのことだ、何をしてでもひきとめろと言ったのだろう。
 奴隷の館とシーラのことを考えれば、嫌でもわかる。

 エリスの黒い服は……クロム伯爵を悼むためだ。
 心が僕にない証だった。

「増血薬でスキルの代わりをしてたってアルマは言っていたけど、私にはどうでもいいことだったわ。彼の方が爵位もあって、野心もあった」

 部屋の空気が、凍りつくようだ。
 エリスの声は、不気味に柔らかい。

「ねぇ……私が嫌いになったかしら、ジル……」

 エリスが、ゆっくりと顔を近づけてくる。
 散々、僕が焦がれた顔だった。
 優しい野原の香水が、僕を包みはじめた。

 でもいまや、僕の心は千切れかけている。
 結局、愛されてなどいなかった。

 スキルという運の良さで、手に入れた婚約者の立場だ。
 もとより、没落貴族の僕には出来すぎた話だった。

 それなら、もっと早く断ってほしかった。
 晩餐会での婚約破棄なんかせず、拒絶してくれれば良かったのに。

 いい恥さらしなだけだった。

「……嫌いになりそうだよ、エリス」

 僕自身、口からでた呟きに驚いた。

 エリスの強さが、まぶしかった。
 僕には持てない奔放さも、羨ましかった。
 エリスのためなら仕えるような結婚生活でも、我慢できただろう。

 今ならはっきりわかる。
 全て神が一瞬だけ見せてくれた、夢と幻だったのだ。

 ここに、アラムデッドに来るべきじゃなかった。
 エリスに惹かれるべきじゃ、なかった。

「やっと、私を憎んでくれる?」

 僕の目の前に、エリスの銀髪がある。
 触れることさえ恐れ多かった、婚約者の髪だ。

 エリスが頬を、僕の顔につけた。
 ぞっとするほど、冷たい肌だ。

 反対に、僕の中に怒りと後悔の火がくすぶりはじめた。
 エリスに向けたことのない感情だ。

「エリス、僕には君がわからないよ」

「奪いあって愛しあうのが、私たちヴァンパイアの本質よ。クロム伯爵は、それを理解してたわ」

「……僕には、到底理解できない」

「そうでしょうね……。残念、ね」

 エリスの冬のような吐息が、僕の耳にかかる。
 言葉とは裏腹に、エリスは失望してるわけではない。

 ただ見せつけているだけなのだ。
 エリスと僕の、本当の心の距離を。

「ねえ、今ここで私を抱――」

「言うなっ!」

 エリスの耳元で、僕は声を荒げた。
 わかっている、エリスの安い挑発だということは。

 僕はエリスの両肩を掴み、引き離した。
 エリスは力を抜いてされるがままだ。

 熱が、僕の身体を焼いた。
 どこまで僕を逆撫で、馬鹿にすれば気が済むのか。

 昨夜の今で、嘘でも聞きたくなかった。
 僕がイライザを傷つけたこの部屋では、なおさらだった。

「そんなに、クロム伯爵がいいのか。死んだあの男のために、そこまで出来るのか!?」

「ええ、そうよ」

 エリスが一切の迷いなく、言い切った。
 心の火が、炎になって僕を焼き切る。

「なら……もう、終わりだよ。話すことは、ない!」

 僕は、未練を断ち切るようにベッドから立ち上がった。
 目はすでに覚めていた。

 昨日の夜、婚約破棄以前に全部終わっていた。
 追いすがってもかなわない相手だったのだ。

 後はディーン王国とアラムデッド王国で話し合うだけだ。
 当分、困らないだけの金は手に入るだろう。

 自分にも、プライドがある。
 エリスは騙されてたんじゃない。

 単に、僕が好きじゃなかったんだ。
 身分不相応に好意を寄せた、僕も愚かだった。

「ディーン王国管轄の館に無断で立ち入ったことは、不問にする。帰ってくれ」

「そうね……良かったわ」

 エリスも、ベッドに手をついて立ち上がった。
 その顔には、謝罪や反省の色はない。

 奇妙に、エリスは晴れ晴れとしていた。
 僕が持ちえないものだ。

「……あなたに好かれたままは、つらすぎるもの」

 そういうと、エリスはさっと僕にキスをした。
 反応することも出来ない、早さだった。

 冷たくもなく、人の持つ温かさだ。
 エリスの冷たさが、彼女の魔力によるものだと初めて知った。

 挨拶のような、軽いキスだった。
 別れを告げるものだ。

 そのキスの瞬間に、部屋の扉がものすごい音を響かせる。
 誰かが、蹴破るように開けたのだ。

「ジル様、ご無事ですか!?」

 なんというタイミングだ。
 イライザと護衛が血相を変えて、飛びこんできた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ