挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

覚醒と帰還

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/101

≪血液操作≫

 夕闇が部屋全体を覆っている。
 流れる雲のせいで、すでに暗さが迫ってきていた。

 ろうそくのおかげで、机の周りからは暖かい光が差している。
 僕はイライザと二人で、机に向かっていた。

 ここはイライザの部屋だ。
 もちろん二人きりではない、シーラも一緒である。

 ろうそくや油は、アラムデッドでは使い放題だ。
 なにせこれから、ヴァンパイアの夜が始まるのだ。

 普段なら僕も王宮に行き、ヴァンパイアの貴族と交流を深めるところだった。
 もちろん、今はそんな気分ではない。

 婚約破棄直後に比べれば、ましにはなっている。
 窓から飛び降りようという気はない。

 少し前にまたアルマが訪ねてきて、盗賊の件について謝罪を受けた。
 背後関係についても、しっかりと調査するらしい。
 館の警備も、明日から倍にすると請け負ってくれた。

 イライザによる、シーラの身体検査も良好だった。
 そばに置いても問題ない、と言ってもらえたのだ。

 意外なことにイライザは、シーラを自分の部屋に置きたいと申し出た。
 よほど魔術の素質があるらしく、色々と見てみたいらしい。

 そのあたりは、ありがたい申し出だ。
 二つ返事で、こちらから逆にお願いさせてもらった。

 館の晩餐までには、まだ時間がある。
《血液操作》についても、イライザは調べものを終えていた。
 机の上に並べてあるのは、イライザが用意した2枚の皿だった。

 1枚目の皿には、紅茶が注がれていた。
 そこには僕の血が一滴だけ、混じっているのだ。

 指先を冷えた紅茶の皿に入れ、僕は念じる。
 動け、動け。形を作れ。
 弓のようになれ。

 でも、全く動く気配がない。
 盗賊と戦ったときとは、まるで違った。
 イライザが本を開きながら、解説する。

「操作系は、微妙な認識が結果を左右します。このように紅茶に血を入れても、まず動かせません」

「……なるほど」

 つまり、見た目も匂いも血ではないからか。
 血の割合が少ないと、反応が悪くなるということだ。

「血が入っていれば、操作できるとは限らないのです。どのくらいで操作できるかは、ジル様次第ですが……」

 次にイライザは、自分の指をナイフの先ででちょんと傷つけた。
 空の皿に、イライザが一滴を足らす。

 手を差し出したイライザに応じて、僕はその血に爪の先で触れる。
 生暖かい、イライザの血だった。

 他人の血でも操作できるかどうか、ということだろうか。
《血液操作》は他人でも獣でも、血なら干渉できるはずだ。

 僕はまた、集中をする。
 今度は小さな剣にしてみよう。
 剣、刃、鋭く硬く……。

 しかし、またも血に反応はない。
 あれ、確かに触ってるはずだ。

 イライザがふぅ、と息をする。あまり不思議そうではない。
 イライザにとっては、予測内だったようだ。

「この血には、私が魔力をこめています……。《金属操作》を持つ友人が、ミスリルは動かしづらいと言ったのは嘘ではなかったようですね」

「……魔力がスキルに抵抗してるってこと?」

「どうやら、一部のスキルはそのようですね。私も確信はありませんでした」

 スキル目録では、そこまで詳しい話は載っていなかった。
 他の操作系スキルでも、魔力を持たない対象なら気がつきもしない。

 治療魔術も、魔力抵抗があるから効果を及ぼすのが難しいと聞いたことがある。
 自然の抵抗を超えて干渉しないといけないのだ。

《血液操作》も同じことのようだ。
 他人の血には、その人自身の魔力がある。

 う~ん、なんという落とし穴だ。
 イライザは宮廷魔術師であり、魔力は強い。

 イライザの血が動かせないのはいいとして、初対面の敵の血をどうこうするのは無理だろう。
 少なくても、あてにはできない。

 僕は、ちょっとだけため息をついた。
 目録で外れ扱いのDランクなだけはある。

「やはり今のところは、血を武器にするのが一番かと思います」

 イライザも治療魔術は使えない。
 シーラが近寄り、イライザの血がにじむ指をそっと握る。
 少しの切り傷だ、あっという間に治るはずだ。

 今のところは、血を武器にするが一番のようだ。
 矢を血でまかなえば、かなりの本数を撃てるだろう。

 問題は僕自身の《血液操作》の使いこなしだ。
 剣や弓といった、手に馴染むものはすぐに形作れた。
 しかし本に載っていた実際に見たこともない獣や花の形は、どうもうまく作れなかったのだ。

「……練習が必要だね」

 僕は確かめるように呟いた。
 もともと、死にたい気分から生まれただろう力だ。

 振られた僕への、神からの慰めなだった。
 多くを期待するのは、罰が当たる。

 スキルの確認は終わりかなと思った時、イライザが小さな紙を渡してきた。
 見やすい字で、端的に書いてある。

『近いうちに、ディーン王国へと戻りましょう』

 イライザを見ると、真剣な表情で見返してきた。
 外に漏れるのを心配しての筆談だ。

 スキルはもう、アルマには知られている。
 味を変えた程度だが、そもそも味を変えるスキル自体が多くない。

《血液操作》と判断されるのも、時間の問題だろう。
 だから、あえてスキルの話は普通に会話していたのだ。

 帰国の考えは、もっともだった。
 盗賊をけしかけられ、シーラも渡されたのだ。

 明らかに、常軌を逸した流れだ。
 ディーン王国がどう動くにしても、僕がアラムデッドにいては強行策はとれないだろう。

 だけどもし今帰国すればエリスとは、二度と会えない可能性がある。
 女々しい考えなのは、百も承知だ。

 僕は、顔を伏せた。
 イライザに、ちらとでも悟られたくなかった。

 一言でもいい、エリスと言葉を交わしたい。
 それだけで、悔いはなくなる。

 僕はそう、思っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ