挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~ 作者:りょうと かえ

覚醒と帰還

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/101

シーラの事情

 シーラは頭を床につけたまま、動かない。
ため息をつきながら、僕はベッドから立ち上がった。

 細い肩を掴み、シーラの顔を上げさせる。
 相変わらず、表情はうかがい知れない。

「僕はアルマ宰相に連れてこられただけで、君をどうこうするつもりはないよ。自由になりたいなら、そうする」

「……ありがとうございます。でも、ここで解放は出来ないはずです」

「契約魔術、か……」

「はい、誰か主人を持つように……主人の側にいるようにと、私は縛られています。自由になれ、という命令があっても契約魔術そのものが消えないと……無理です」

 逃亡防止のためとはいえ、ひどい話だ。
 単に紙を破ればいいという問題ではない。
 紙は覚書や書き換えを容易にするための付属品だ。

 契約魔術をまるごと解除するのは、簡単には出来ない。
 縛るのと同じ程度の手間がかかるはずだった。

 アラムデッド王国から逃げたい、というのは理解できる。
 婚約破棄からまだ半日だけれど、ヴァンパイアの本質の底がわかってきた。

 これまでも色目を使われ、誘惑されることはあった。
 だけどそれは、エリスの婚約者だからだと思っていた。

 婿入り状態とはいえ、王族入りの貴族だ。
 近づこうという輩が多くても無理はない。

 だけど、アルマが部屋を訪ねてきて、ここまで連れてこられて、嫌気がさしてきた。
 ヴァンパイアなりの好意、誠意なのだろう。

 それでも婚約破棄された人間に、すぐ新しい奴隷をあてがうだろうか?
 しかも明らかに、性目的だ。

 エリスと行き違いを感じていたのも、まっすぐに享楽的な点だった。
 楽しいことに貪欲で、過去を省みない。
 それと、自分の趣味に他人を巻き込むのが好きなのだ。

「契約魔術を消すのは……難しいよ。手間もお金もかかる」

「わかっています……。お金がすごくかかることは」

 シーラは、うつむいて予期していたように答えた。

「……叶うなら、お側に置いてもらえないですか?」

「奴隷としてじゃなく、だよね」

 アルマも言っていた、僕自身の執事や家臣としてということだろう。
 ディーン王国では、エルフやドワーフ、獣人といった種族への偏見はない。

 能力があるかはわからないけど、アルマ宰相から推薦された人材ではある。
 ふさわしいかどうか試してみる価値はあった。

「いいえ……奴隷のままで、いいです」

 シーラは、ゆっくりと首を振る。
 さらっとした金髪が、シーラの顔にかかる。

「そのかわり、副業を認めて欲しいのです。モンスター退治でも、鑑定でもなんでもやります。……自分でお金を稼ぎます」

「契約を解除する資金集めとして?」

 シーラはこくんと頷いた。

「もちろん、ジル様から命じられたことも、やります……どんなことでも」

 ちょっとだけ、最後に力がこもった言い方だった。
 恐らくいやらしいことを念頭に置いているらしかった。
 そのつもりは、なかったんだけども。

 自分で自由を勝ち取るため、か。
 見かけは深窓のお嬢様だ。

 でも、内に秘める意志は鮮烈だった。
 初対面の僕にも臆さず、妥協できそうな落としどころを見つけてくる。

「……ひとつだけ聞かせ欲しいんだけど、どうして奴隷に?」

 奴隷にも種類がある。
 罪人奴隷や戦争奴隷や、ずっと奴隷の血筋だとかだ。

 ディーン王国にもエルフの奴隷はいるけれど、金髪でエルフの奴隷はほとんどいない。
 プライドのある高位のエルフは、奴隷になるよりは死を選ぶだろう。
 かなりの事情がない限り、奴隷にはならない。

 契約魔術の影響下なら、嘘をつくことはできないはずだ。
 何か特別な理由があるのか、シーラの事情が知りたかった。

「私の部族は……突然アンデッドの大軍に襲われ、数十年前にアラムデッド王国に身を寄せざるを得なくなりました」

 シーラの声は、本当によく通る。
 聞きやすくて、大きい声ではないのに心にしみわたってくる。

「その時にヴァンパイアと条件をむすんだんです……定期的に部族から一人奴隷を出すこと、と」

「そういうことか……」

 部族そのものが、人質にとられているようなものだ。
 契約魔術がなくても逃げないだろうに、なおさら酷いことだった。

「お金があれば奴隷は出さなくても、済むそうです……でも生活は厳しくて、そんな余裕はありません」

「エルフなら、色んな技術があるんじゃ? それを生業にすれば……」

「そういう人たちは、ほとんどが襲われたときに死んでしまったそうです」

 抜け出せない網だ。
 稼げれば奴隷にはならないが、その稼ぐ手段がない。

 シーラは高級奴隷として、教育を受けている。
 奴隷になってはじめて、奴隷を抜け出せる能力を学べるとは皮肉だ。

 シーラが、自分の金髪をつまむ。

「私の家は、元は部族長に連なる家だそうです……。いまは、部族で最も奴隷を出している家です」

 つまり、今後もシーラの家から奴隷が出るということだ。
 僕は貴族に踏みとどまれたから良かったが、寒気がする話だった。

 一歩間違えば、シーラ達と同じ道を辿る。
 妹が奴隷になったらと思うと、耐えられない。

 生きるためとはいえ、辛いことだ。
 あるいは生きるだけでも、苦痛なのかもしれなかった。

 同情したくもなるし、応援したくもなる。
 シーラの今は、僕がかろうじて避けたものなのだ。

「いいよ、とりあえず館に連れて帰るよ」

 真剣さをこめて、僕は言った。
 もちろん本当に側に置くかは、ちゃんと調べてからだ。

「……ありがとう、です……」

 シーラが、僕に抱きついてきた。
 しっとりとして吸いつく肌が、僕の腕の中にくる。
 薄い布生地が、胸の大きさや形をくっきりと僕に伝えてきてしまう。

 僕の頭を抱き抱えるように、ぐぐっと力をこめてくる。
 尖った耳が、僕の顔をかすめていた。
 腕を背中に回したりはしないけど、彼女の安堵は痛いほどよくわかる。

「命をかけて、頑張ります…………」

 シーラは立ち上がり、強い目で僕を見た。
 僕には、その瞳が好ましかった。

 そうと決まれば、長居は無用だ。
 僕はシーラと一緒に、館をさっさと出た。

 服については、予備があったので多少ましになった。
 フリルのついた、薄目の服だ。
 まだちょっと裾やらが短いけれど、仕方ない。
 馬車で帰るのだから、人目には触れないはずだった。

 僕の護衛10人と、貴族用の黒塗りの馬車で来た森を戻っていく。

 太陽が最も高い時間のはずだけれど、とてもそうとは感じられない。

 突然、馬車がうなりをあげて急停止する。
 何事かと小窓からちらっと外を見て、僕は事態を把握した。

 道の先に粗末な馬に乗り、武器を構えた集団が待ち構えていたのだ。
 集団は20人ほどになるか。しかもぼろぼろの杭を道に置き、邪魔をしている。

「……囲まれています」

 目を閉じ長い耳を動かして、集中するシーラは言ったのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ